新築の費用が建築費用+諸費用(確認申請や登記費用など)で収まるのに対して、

改築の費用はどうでしょうか? 確認申請などを通す場合も稀にありますが、

改築の場合、セットバックの問題などがあって新築できないケースが大半のケースとなってきます。

そうなると新築と改築の費用はどう違うのでしょうか?

よくチラシなどで、新築の半分!や新築の3分の1!で新築同様になる!

なんていう触れ込みがありますが、あれは改装だからです。

ようは化粧直しの工事を想定しておりますので、上から新しい建材を被せてしまう

ような工事ですので見た目は確かに新築ですが、建物の根本的な強度を上げたり、

この先30年、50年と住めるように構造部を補正し補強するの様な工事は含まれて

おりません。

チラシで惑わされてしまいますが、新築と改装と書いてあればたしかに3分の1で

できるだろうと判断できますが、さもスケルトン状態にしてやり直すような表現が

使われております。

改築にも工事の手法として、大きく分けて2つあります。

ひとつが、内部のみの天井や床、壁などの下地までをすべて取り除き、

スケルトン状態にする改築工事と外壁までを取りのぞき、完全なる躯体状態に

するスケルトンリフォームがあります。

両者に言えることですが、

新築に比べて、改築は何が違うのかというと、

解体工事なのです。

新築にする場合、古屋がある場合は解体撤去し、更地にします。

この場合、機材を入れて一気に解体することになります。

一方、改築はどうでしょうか?

改築は、既存の軸組から改築後の軸組を計算し、既存の柱や土台、梁といった構造材を

残すべきところは残し、解体する箇所は解体するといった形となります。

この時、当然機材を入れて解体はできず、職人による手壊しとなります。

外部まで解体するような躯体残しのスケルトンリフォームになると外装材までを手壊し

で解体することになり、機材を入れて一気に解体撤去する以上に費用が掛かってきます。

その為、規模にもよりますが、本格的な改築現場になると新築以上に費用がかかる

ケースもあります。

このように、新築以上の費用をかけてまで改築をするには理由があります。

それは、購入した戸建住宅が再建築不可であったり、建築確認をとるには、セットバッ

クをしなければならなくなっており、大幅に狭くなってしまう建物などがあげられま

す。都心の住宅密集地ではこのような問題をかかえる建物が実にたくさんあります。

新築の費用と改築の費用は建物の状況によって、また改築される工事の内容にも

よりますが、外壁をすべて落とすようなスケルトンリフォームになる場合は

費用もそれなりにかかってくるということも考えておいて間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

一戸建て(一軒家)のフルリフォームの費用価格について

増改築、一戸建て(一軒家)のフルリフォームといってもさまざまです。どのような方法があり、費用価格がどのように変わるのか?これからフルリフォームを検討しているが、どのようなフルリフォームが最も合っているのか?などを確認していただくコンテンツです。創業大正8年ハイウィルの事例とともに解説しております。

一戸建て(一軒家)のフルリフォームの費用価格(改装)

一戸建て(一軒家)フルリフォームの中でも間取り変更がなく既存の間取りをいかし、すべての水まわりも素取り換え交換、内装は表面の改装を全体的に行うのがフルリフォームの改装です。築浅の中古住宅物件を購入された方に多い工事です。

一戸建て(一軒家)のフルリフォーム(内部)スケルトンリフォーム)の費用価格

築年数が30年以上を経過しており構造は見直したい。しかし外部外装をすべて解体するほどの予算をかける必要性がない方が採用されるケースが多い一戸建て(一軒家)の内部スケルトンリフォーム。間取り変更、階段位置変更が可能で自由度が高く構造補強も可能。

一戸建て(一軒家)のフルリフォーム(内外部)スケルトンリフォーム)の費用価格

家をすべて解体して、新築を建ててしまうとセットバックの問題で、現在よりも建築面積が狭くなってしまうため、希望の間取りが実現できない。かえって狭くなり不便になってしまう。新築できるなら新築したい。しかし再建築不可の建物。というような問題を抱えておられるお客様が新築のレベルの工事内容を希望し外部までの一戸建て(一軒家)スケルトンリフォームをされます。

一戸建て(一軒家)のフルリフォーム(内部)スケルトンリフォーム)+サッシ交換の費用価格

築年数も古く、大幅な間取り変更も必要。でも外壁すべてを解体して費用かける予算は。。。でも古いサッシは新築同様の見た目になるのにちょっと目立つので取り換えたいというお客様が大変多いので、一戸建て(一軒家)内部スケルトンリフォームをベースにサッシ交換をするケースを考えます。

ハウスメーカーで高い見積もりをもらった...良質安価で一戸建てリフォームしたい方 創業大正8年ハイウィルがお悩みを解消します!

ご相談お問合せフォーム

株式会社ハイウィルの一戸建てリフォーム専用ホームページにお越しいただき、誠に有難うございます。

当社は技術集団となり、他社のような営業マンがおりません。

技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。


従いまして、お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのかなど明確になった段階での
ご相談をお願いしております。

お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お問合せは以下のフォームよりお願いいたします。

 

よくある質問

 

  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・         ハイウィルさんは結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

ご相談お問合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:tarou@takumi.jp)

必須
必須

(例:東京都荒川区)※都道府県及び市区町村まで 

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

 

お電話のご相談はこちら

0120-246-991

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

テキストを入力してください

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

創業大正8年 株式会社ハイウィル

アクセス

03-5615-2820
住所

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-35-1

JR山手線日暮里駅 徒歩7分
JR常磐線三河島駅 徒歩7分
JR山手線西日暮里駅徒歩8分
東京メトロ千代田線 西日暮里駅
徒歩7分

営業時間

9:00~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜日

詳しくはお電話ください。

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら