今回は

一戸建て(一軒家)リフォームの耐震補強を考えるポイント②は梁です。

ポイント②は在来軸組工法での間取り変更などで必ずと言って良いほど

関連してくる梁の架け替えについてです。

そもそも築30年以上の木造の建物を一戸建て(一軒家)リフォームされる場合

30年前の住まいと今の住まいでは暮らし方が全く違います。

その最たる空間がリビングダイニングキッチンでしょう。

30年以上前の建物ではリビングはリビング(居間)、ダイニングはダイニング(食事室)、

キッチンはキッチン(台所)といった具合ですべてが分離されていました。

これらの建物を一戸建て(一軒家)リフォームされることになるわけですから、

当然大空間のLDKにしたいと考えるのが皆さん共通するところです。

となると、

居間と食事室と台所をつなげる、もしくは既存の居室をLDKにする

一戸建て(一軒家)リフォームが必要になるわけですが、

木造のためそれぞれの部屋に柱が等間隔で配置されております。

この柱を全体の構造を見ながら抜けるところを抜いていくわけですが、

当然抜けない柱もあるわけです。

抜ける柱も抜いて終わりというわけではありません。

 

弊社では、大正8年の創業以来木造一戸建て(一軒家)リフォームには

特に力を入れてきましたので、木造の構造を熟知する職人、

元宮大工が現場監督をし知恵を絞りお客様の理想の住まいづくりを

お手伝いしておりますが、柱を抜く場合、二階の柱を背負っているケース

などもあるため梁で2階の柱を背負うように強度をみて提案をします。

飛ばすスパンによっては、木の梁ではなく、鉄梁を使用し

補強することも非常に多いです。

鉄梁もただいれれば良いという訳ではなく、

現況の状態により鉄梁の柱でしっかりフレームで

固定しなければならない状況もあります。

木の梁を入れたほうが良いケースもあります。

下記で設置例をお伝えします。

 

↓既存の状況です。一戸建て(一軒家)リフォーム後リビングルームになるこの部屋は

どうしてもこの柱を抜きたいわけです。

CIMG0268.JPG

 

 

 

このように、尺梁を新規柱もしくは既存の柱に抱かせる形で梁をいれていきます。

この際金物の補強も必須になります。

CIMG4395.JPG

 

一戸建て(一軒家)リフォームでは、金物補強の仕方にも応用が要求されます。

梁の金物補強.JPG

 

 

以下、構造耐力上重要な耐力壁と緩衝する箇所や柱を抜くスパンが

広い場合の柱を抜くケース

ここでは2本の柱を抜くケースです。

 

CIMG0274.JPG

 

CIMG4435.JPG

奥に鉄柱を基礎に緊結して立てて、既存柱、新規木の柱で鉄梁を支えています。

 

鉄梁を多用すればよいという話ではありません。

例えばこのような現場もあります。

既存住宅を解体していたところ鉄骨梁があらわれてきました。

解体後04 江戸川区S様.jpg

 

このような大スパンで開口を取るための梁設置ケースでは、

鉄骨で最初からフレームを作るか、

鉄梁ではなく、せいの高い(木製)梁を入れたほうがよかったといえます。

(微妙に中央部が凹でいるのがわかります。)

一階部が車庫になっており2階3階の住居の荷重を2本の鉄梁のみで

支えるという構造になっていました。

解体中.JPG

 

大スパンでは

既存梁に新たな尺梁を抱かせ大スパンの空間を作ります。

CIMG4450.JPG

 

仕上がると軸組工法ならではの自由度で補強を駆使し、あらたな空間を作ります。

_P4B0090.jpg

現況によりこのような鉄梁を支える鉄柱を立てるケースもございます。

一戸建て(一軒家)リフォームは、

マンションスケルトンリフォームいわゆるマンションリノベーション工事

とは違います。弊社ではこの両方をやらせていただきますが、

双方数百件をやらせていただいて思うのは、

マンションスケルトンリフォーム(マンションリノベーション)は

決められた箱のなかで造作する工事工事ですので、築年数により

配管や空調の等の制約を受けながら行う工事となりますが、

一戸建て(一軒家)リフォーム(改築)は構造が密接に絡み

避けては通れないお題目となるため、現場に入る職人、特に大工は

熟練工を必要とします。

いわゆる内装畑の大工ではなく棟梁と呼ばれる大工です。

一戸建て(一軒家)リフォームでは、内装経験豊富な大工であっても

木軸構造を熟知した大工でなければ、今回お伝えした梁の架け替えや

正確な補強はできません。

ぜひともこれから改築、一戸建て(一軒家)リフォームをされる方は、

正確な知識とノウハウを持った工務店での施工をおすすめ致します。

 

こちらのコンテンツで使用した写真の現場は以下の現場になります。工事全体の流れがわかりやすく解説しておりますので一戸建て(一軒家)リフォームされる際の参考にしていただければと思います。

◆中古住宅仲介+戸建リノベーション事例(築60年東京都S様)

 

 土台と柱の補強について
詳細はこちら
 梁を使った補強について
詳細はこちら
 基礎補強について
詳細はこちら
 制震ダンパーによる地震対策
詳細はこちら

ハウスメーカーで高い見積もりをもらった...良質安価で一戸建てリフォームしたい方 創業大正8年ハイウィルがお悩みを解消します!

一戸建てリフォームに関するお問合せはこちら

株式会社ハイウィルの一戸建てリフォーム専用ホームページにお越しいただき、誠に有難うございます。当社は技術集団となり、他社のような営業マンがおりません。技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。従いまして、お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?ご予算がどの程度絞る必要があるのかなど明確になった段階でのご相談をお願いしております。お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

木造一戸建ての専属スタッフが担当致します。一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・ハイウィルさんは結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:tarou@takumi.jp)

必須

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

自社リフォームサービス関連サイト

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

 

創業大正8年 株式会社ハイウィル

アクセス

03-5615-2820
住所

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-35-1

JR山手線日暮里駅 徒歩7分
JR常磐線三河島駅 徒歩7分
JR山手線西日暮里駅徒歩8分
東京メトロ千代田線 西日暮里駅
徒歩7分

営業時間

9:00~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜日

詳しくはお電話ください。

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら