事例で見る浴室(お風呂)リフォームの注意点

一戸建てでの浴室(お風呂)リフォームをされる際に、注意が必要な視点を解説します。現在、ホームセンター、家電量販店、家具量販店、百貨店、チェーンストアなどどこでもお風呂、浴室リフォームをやる時代になってきました。ほぼすべてが下請けに丸投げという状態で激安格安価格を謳い、広告合戦を行っている市場になりますが、実際に末端の現場で浴室お風呂リフォームはどのように施工されているのか?

どこを見なくてはならないのか?

その大切な視点を解説致します。

事例で見る浴室(お風呂)リフォームの注意点

この10年間でリフォーム市場は一気に拡大をしました。

とりわけ、外壁塗装と水周りリフォームは、あらゆる業種からの新規参入が

相次ぎ現在は価格競争時代に入った感があります。

 

10数年前に外構をメインとしていたホームセンターで室内リフォームを請け負う

モデルがスタートしました。

大きく変わってきたのが、2008年くらいより家電量販店がリフォームに本格参入を

はたし、パック売りといわれる工事費込みで●万円といった材工コミコミ価格での

商品が出始めました。その後、ニトリやIKEAといった家具量販店でもリフォームが

本格化し、ここ数年では、グリーといったゲームアプリ会社、

イオンといったチェーンストアでもリフォームがスタートしました。

ここ最近では大手百貨店でもリフォームができる!(笑)時代になりました。

便利な世の中になったものです。

このままいくと、

いずれはコンビニでもリフォームをやる時代がくるのではないかとさえ

思ってしまいます。

さまざまな会社がリフォーム業界に参入を果たしたものの、共通するのは一つ。

それは基本下請けへの丸投げの工事になっているという構造です。

 

ここでは、大変人気の高いリフォームとして、浴室お風呂リフォームを例題に

お話をさせて頂きたいと思います。

 

我々も下請でお手伝いすることはありますが、

職人と話していても、「うちは●●電機と●●ホームセンターの下請だよ。」

といった具合で、実際に現場で作業をしているのは末端の我々のような工事会社

となっております。

 

下請けをやるとわかるのですが、まず営業担当者がまったく現場のことがわからない

スタッフが多いため、安さ優先で契約をまいてくるケースが多く、

こちらが請け負う段階で、すでに予算がない状態であることが多いのが

問題になります。

弊社ではそのようなケースでは請負をしない方針でいますので、

しっかりとした工事をさせていただくのですが、一人でやっているような職人では

しぶしぶその予算で工事をしてしまう職人もおります。

 

そのような場合、解体した時点で致命的な問題をはらんでいることが分かっているのに

もかかわらず、予算がないためそのまま塞いでしまう、要は隠ぺいをしてしまう事になりかねません。

 

このような問題が起きるのは、浴室お風呂リフォームをするというリフォームが、

パッケージになってしまったことで、商品を販売するかの如く定価制で販売され

ているために、参入障壁が下がっていることがあげられます。

 

本来であれば技術者が当初より相談にのり、正確な積算をするのが流れなのですが、

技術や経験のない販売員が、価格を決めてしまうため、

積算の精度が低い、現場調査の精度が下がっている問題があるのではと

数多くの下請けをやってきて感じています。

 

AホームセンターもB家電量販店も、C家具量販点も同様に積算精度が低い中での

価格競争を行っている状況ですから、現場を請け負う方はたまったもんじゃないと

いうわけです。「他店より1円でも安い場合はお値引きします!」なんて

広告を現場の人間が見ると、

技術力がないことを宣言しているようにしかみえないからです(笑)

うちは「どこよりも悪い安い職人を使い、安かろう悪かろうであなたの大切な住まいに

手を加えます!」といっているようなものなのだからです。

 

チラシであれ、ネットであれ、パッケージ売りが主流となる浴室お風呂リフォームに

なりますが、この打ち出し費用価格だけを鵜呑みにしてリフォームをするのは

大変危険です。

 

浴室お風呂リフォームをされる際には、このような点(背景)を知った上で

会社選びを判断されることをおススメいたします。

 

創業大正8年創業、弊社ハイウィルでは、一戸建ての改築工事が多い会社となりますが

浴室お風呂リフォームをご依頼されるお客様も当然たくさんおられます。

 

一戸建ての場合、浴室お風呂リフォームをされるお客様は、

現状がユニットバスであることはまだ少なく、タイル張りの在来浴室であることが

多いのが現状です。

 

あと数10年もすれば、ユニットバスからユニットバスへの浴室お風呂リフォーム、

も増えてくるのではないかと考えております。

 

もし皆さんが浴室お風呂リフォームをされたいと検討されていて、

ご自宅がタイル張りの浴室お風呂であれば、在来浴室ということになります。

 

在来浴室から最新型のシステムバス(ユニットバス)へのリフォームをされる際

の注意点を事例をみながら説明していきましょう。

既に在来浴室から、システムバス(ユニットバス)へリフォームをされておられる方

は、これから紹介していく木造特有の問題はなかったのかどうか?

問題があった場合、しっかりと工事をして現在のシステムバスやユニットバスが

設置されているかをご確認いただければと思います。

 

 

下記のようなお風呂が在来浴室です。

 

9月8日 鶴見区H様 着工前 (35).JPG

 

 

 

9月26日 江戸川区K様 現調写真 (6).JPG

一戸建ての浴室お風呂リフォームをする際、流れととしては、

在来浴室お風呂を解体し、システムバスの脚を立てるための土間を打ち、

既存の配管を切り回し(浴室リフォームのみの場合)、配管をシステムバス(ユニットバス)が指定する位置に立ち上げ、システムバスを組み立て設置するする流れになります。

もちろん、照明等の電気配線の結線も必要になります。

あらたに浴室暖房乾燥機などを設置する場合は、電力が足りるのか等を見て

必要によっては、分電盤より新たに専用回路を引き直す工事が必要な場合もございます。

 

このような流れで浴室お風呂リフォームは行われることになりますが、

一戸建ての在来浴室お風呂は、築年数の度合いやメンテナンスをどれだけしてきたか

ということにもよりますが、床タイルや壁タイルのヒビ、浴槽とタイルの目地から

下地である土台などに水が侵食しているケースがかなり多いのが現状です。

脱衣所と浴室間の間仕切り部分の土台などは顕著になってきますが、

腐っていることが多く、入れ替えることが多いです。

脱衣所の床がプカプカしていたりするお住まいなどは、このような

状態になっている可能性が高いです。

 

この時に注意しなければならないのが、その腐食の程度がどこまでのものなのか

をしっかりとみることです。

土台だけ交換して、間仕切りの土台部分は新規に差し替え完了となっていても、

脱衣所側の土台以外までもが腐食しているケースもたくさんあるからです。

 

ましてや、浴室は北側に位置していることが多いこと、

設計上も外周部、特に建物の角に設置されているケースが多いため、

外周部の構造躯体が腐食していないかをしっかりとみなくてはなりません。

 

下記の実際に弊社で浴室をリフォームした現場での写真です。

 

在来浴室を解体していくと土台と基礎までが腐食。

腐食部が壁にまでわたっています。

この様なケースでは土台を入れ替えるだけでなく、壁まで復旧が必要に

なります。

 

9月18日 鶴見区H様 解体作業 (10).JPG

 

    指を入れると指がズボッと奥まで入ってしまうほど

    水を吸って腐食している状態です。

 

9月30日 鶴見区H様 基礎工事 (18).JPG

 

     外壁の塗装面を押さえるザラ板も腐食している状態↓

 

9月18日 鶴見区H様 解体作業 (14).JPG

 

 

現場調査をした際に、浴室の裏側の外壁に大きなクラックがありました。

内部を解体して在来浴室の下地が腐食していたのが原因と判明しました。

このようなケースでは外壁は解体し落として、

新規で下地からやり直しをさせていただくお話をさせていただきました。

通し柱まで腐っていなかったため大きな問題にならなかったのが幸いです。

 

9月18日 鶴見区H様 解体作業 (17).JPG

 

 

別の現場になりますが、改築のお客様の例になりますが、

そもそものご相談があったのが2階部が傾いているので補正してほしい。

そういった案件でわかった浴室の問題例です。

在来浴室を解体をすることでその原因もはっきりと表れてきました。

2階に傾きがあった一番の原因は、在来浴室があった柱が腐食していました。

柱が水を吸い完全に腐食してしまっていたのです。

柱としての強度を保つことなく沈下してしまっている危険な状態でした。

 

7月27日 北区M様 解体中 (6) 既存浴室箇所腐り.jpg

 

上記は、建物をジャッキで引上げ補正する工事をさせていただきましたが、

ここまで、放置されてからでは、余計に費用がかかる場合もございます。

 

下記は木造の社員寮のシャワーブースをリフォームした際に

1階のシャワーブースがあった箇所です。

土台も柱も下地はスカスカになっており、ほぼ構造体としての

機能を果たしていない状況です。

これらは、当然木工事の段階でやり直しとなります。

 

品川区H様 解体後 ゴミ出し後 (4).JPG

 

かなり危ない状態であることがわかります。

品川区H様6月12日 ベタ基礎 (14).JPG

 

シャワーブースの前も水周りであったことがわかります。

シャワーブースを設置した際に、下地をしっかりとやり直して

やるべきなのですが、そのままの状態でユニットを設置されてしまっているのが

わかります。

品川区H様 解体後 ゴミ出し後 (5).JPG

 

 

 

T様邸で、1箇所主要構造部で腐食していた箇所がありました。

1階通し柱の箇所です。ここは通し柱なので簡単に抜いて入れ替えるわけには

行きません。補強をしながらの工事を提案させていただきました。

サイディングの納め方に問題がありました。このように解体をすると

その建物の施工が甘い箇所が露呈していきます。

 

11月10日 港北区T様 解体工事 (4).JPG

 

 

 

施工中02.jpg

 

土台の差し替えを提案させていただき

柱は既存柱に添え木をして金物で緊結処置をいたしました。

 

施工中03.jpg

 

施工中04.jpg

筋交いと桁にも金物で緊結をします。

施工中05.jpg

 

2階を背負っている通し柱では上記のような方法はとれませんので

柱の一部差し替えを行います。

 

施工中07.jpg

隅柱で通し柱となっている部分は耐力壁としても

最も重要な壁になりますので、土台と柱の差し替えを行います。

このような工事は改装工事ではできませんので、

一戸建て(一軒家)リフォームでのみ全体的な構造部の手直し補強が

可能になります。

施工中08.jpg

 

 

しかも基礎が割れたことで沈下し、土台との間に隙間も。。

ここは本格的に補強が必要なところになります。

IMG_3291.JPG

 

こちらの現場は、二階の荷重がかかる柱が浴室部の間仕切り部に緩衝していたため、

基礎補強となった事例です。無筋の布基礎は一度解体し、ホールアンカー工法にて

配筋を入れて既存の布基礎に緊結しました。

 

1月8日 基礎工事 (11).JPG

 

浴室設置面には、浴室の荷重を支える土間打ちがありますが、

浴室の荷重を支える土間になるため、既存の布に、配筋を打ち込みしっかりと緊結

します。 浴室お風呂リフォームでもここまで考えなければいけないのです。

品川区H様6月9日 配筋 (2).JPG

 

その後、コンクリートを打設し、周囲の布基礎と底面のコンクリートを緊結させ

荷重を面で対抗できるベタ基礎レベルでの土間へと変更していきます。

 

フォールアンカー工法により配筋を布基礎に緊結します。

IMG_0066.JPG

IMG_0073.JPG

 

沢山の現場をみてきましたが、布基礎自体がなく土台のしたに

束石(ピンコロ)で土台を支えるという状態の建物も少なくありません。

このような局面で、どのような対処をするのか?

工事の方針を責任を持って量販店が決められるのか?

まず無理と言えます。

では、予算をみていたのか?

答えはNO。

量販店のスタッフに、

お客さんに追加費用は言えないので、土台だけは交換しておいてください。

的な話をされたこともあります。

これはお客様のためになっているのでしょうか?

 

大変危険なことだと我々は考えます。

 

ここまでは、浴室お風呂リフォームにおいて、

土台や柱、基礎について、致命的な問題をはらむケースについて実際の事例を

通じ、その対処法と共にご紹介してきました。

 

次は、柱や土台ではなく、別の要因で浴室部の壁が腐っているケースについてです。

浴室に窓があるお住まいは大変多く、実際に換気をするという考えでは理にかなっていることだと思います。

しかし、建物を建てた際のサッシの納め方に問題があるケースも、

築年数が経っている建物では大変多いです。

窓のシールが甘く、隙間より薄いが侵入していて、外壁(モルタル)を押さえている

ザラ板が腐食してしまっているというケースです。

 

このような注意点は、浴室お風呂リフォームを専門に行っているような、

水周り専門のリフォーム会社でも見落とす視点になってきますので、

是非、知っておいていただきた視点となります。

 

下記も弊社で実際にあった事例となりますが、

ここまで腐食していると外壁塗装面を固定する意味をなさなくなり内側から指で押すだけで穴が開いてしまうような段階でした。

ザラ板腐食10.JPG

 

このようなケースでは、既存の構造材はそのまま使用できる状態であると

確認できる場合、すべてザラ板を剥がすには外部をすべて落とすことになり

費用が嵩んできます。

しかし、問題を後回しはできません。

このまま浴室が設置されてしまうと、このザラ板はいつか完全に朽ちてしまい

外壁に穴があいてしまう可能性があるからです。

外壁に穴が開いてしまうと、問題はザラ板だけではなく、主要構造部に腐食にまで

問題は発展しかねないからです。

この様な場合、

どのような施工をするかというと内部と外部両方で対策が必要になります。

まず、直接水が入る箇所を特定(雨の日に行って調査をし、原因となる部位を特定)して室内からは発泡ウレタンを充填します。

IMG_0341.JPG

 

次に、部分補修となる強度を失い痛んだザラ板部位に補強を加えます。

垂木に合板で補強をしていきます。

 

IMG_0629.JPG

 

 

ここで中からの対策は終了します。

ここで終わりではありません。

次は外部対策です。

 

外壁からは、クラックが直接の原因のため、

クラックが入っている外壁面の補修をします。

この時に注意するのは、クラックに、普通のコーキング(防水材)を塗っても薄付になってしまうため、防水効果があまり得られないということです。

Vカット補修が必要になります。

まずクラックにサンダーをあてV字型の溝を作ります。

Vカットするのは、コーキングの打ちシロが多くなるため、

防水効果が高くなるからです。

 

IMG_0640.JPG

IMG_0639.JPG

クラックに対してV型の歯を取り付けたサンダーで削っていきます。

IMG_0648.JPG

IMG_0643.JPG

 

IMG_0644.JPG

削った後の写真です。奥にクラックがみえます。

IMG_0649.JPG

IMG_0657.JPG

Vカット後プライマーを塗布し、ウレタンコーキングをします。
IMG_0650.JPG

 

IMG_0654.JPG

 

IMG_0652.JPG

シールの特性上、一段へこんだ状態になります。

IMG_0653.JPG

 

 

このように、浴室お風呂リフォームという営繕工事ではあっても、

これだけ住まいの構造と密接に絡み合う問題点をはらんでいるということを

実際に浴室お風呂リフォームをされるお施主様に是非しっていただきたいと思います。

 

今の事例では、

浴室の中からの処置、そして浴室外部からの処置がともに必要になりました。

内部の費用については、当然追加費用という形になってしまいます。

しかしながら、追加をいわず、

このような処理も見逃してしまうリフォーム会社もかなり多いため、

注意が必要であると言わざるをえないのが正直な感想です。

 

浴室を組み立ててしまえば、このような壁も何も隠れてしまいます。

現在のシステムバス(ユニットバス)は性能も良い為、水漏れの恐れはありません。

 

今まで浴室での水漏れ等が問題となっていた浴室では問題は進行なくなるでしょう。

しかし、すでに重大な症状があった場合は、浴室が納品される前に、

的確な処置をできるかが大切になってきます。

特に、一戸建ての浴室お風呂リフォームをする際は、木造の構造自体を熟知している改築実績が多い会社に相談をすることをお勧めしているのはこのような点からもいえます。

とても小さな事かもしれませんが、このような小さなことから欠陥につながっていくのです。

 

新聞折り込みやテレビCM、インターネットなどで、

我が家も浴室お風呂リフォームをそろそろしようか!

とお考えの皆様に、是非知っていただきたい浴室お風呂リフォームの現場での

実際に我々施工会社が見ている注意点を事例とともにお話させていただきました。

実際、家電量販店のスタッフや家具量販店で昨日まで家具を売っていたスタッフ

でこのような問題までを把握しているスタッフを私は見たことがありません。

是非、浴室お風呂リフォームをされる方、ご本人が

是非このような注意点も予め知っておく方が良いと思います。

 

このようなケースではどうなるの?

こうなった場合は?

このような質問に即座に返答できるスタッフであれば安心です。

 

 

下記ネットワークは、創業大正8年ハイウィルが運営する水周りリフォーム専門の

全国組織です。今回お話したような知識を持ち合わせている会社を日本全国組織化

したネットワークです。

メーカー交渉万全で激安卸売価格が実現!

5年間の商品延長保証サービスと
5年間の24時間365日緊急出動サービス!
水まわりリフォームが得意な優良会社110社で
全国対応する水周りリフォーム館!!


水周りリフォームを安心価格で良質施工なら

水周りリフォーム 費用が明確な水周りリフォーム館

 

ご相談お問合せフォーム

株式会社ハイウィルの一戸建てリフォーム専用ホームページにお越しいただき、誠に有難うございます。

当社は技術集団となり、他社のような営業マンがおりません。

技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。


従いまして、お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのかなど明確になった段階での
ご相談をお願いしております。

お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お問合せは以下のフォームよりお願いいたします。

 

よくある質問

 

  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・         ハイウィルさんは結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

ご相談お問合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:tarou@takumi.jp)

必須
必須

(例:東京都荒川区)※都道府県及び市区町村まで 

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

 

お電話のご相談はこちら

0120-246-991

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

テキストを入力してください

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

創業大正8年 株式会社ハイウィル

アクセス

03-5615-2820
住所

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-35-1

JR山手線日暮里駅 徒歩7分
JR常磐線三河島駅 徒歩7分
JR山手線西日暮里駅徒歩8分
東京メトロ千代田線 西日暮里駅
徒歩7分

営業時間

9:00~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜日

詳しくはお電話ください。

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら