屋根を屋上にリフォーム 全面スケルトンリフォーム

屋上を作り娘家族たちとBBQを楽しみたい

お嬢様が建材商社へお勤めのO様。

業界の方からのご依頼の多い弊社でございますが、

ご依頼をいただいたのは埼玉県新座にお住まいのご両親からでした。

 

初回の面談でO様より頂いたご要望は

 

①お子様が独立されており、お二人で快適に過ごせる様

 間取り変更をしたい。

 

②現状のモルタル外壁にかなりクラックが入ってしまっているので、外壁は

 全て解体し新たに下地からやり直してほしい。

 仕上げは塗装壁ではなくサイディングにしたい。

 

③住宅設備機器も古くなっているので全て新しい物へ交換したい。

④屋上を有効活用したい。

 

目的が明確であったO様は設備機器等には特別なこだわりはなく新しくなれば良いといったお考えで、間取り変更と外壁の解体工事、屋上新設工事を最も優先度の高い工事と相談を受けました。予めの予算をお話いただいておりましたので、ご予算の範囲で必ず必要な、耐震工事、補強工事の予算取りをさせていただきご契約をさせていただいたお客様です。

屋根を屋上にリフォーム(スケルトンリフォーム)〜既存〜

着工前に撮影した既存の建物の写真です。

外壁はよく見ると無数のクラックが入っていることがわかります。

クラックを補修後塗装という処置も可能ではありましたが、ご主人の優先順位がメンテナンス頻度の高い塗装仕上げよりもメンテナンス頻度の低いサイディングを希望されましたので外壁モルタルを剥がし外部補強後のサイディング張りをご提案致しました。

屋上部に立ち上がりが出来るため、新たに塗装壁を作るよりもこれを機会にサイディングしたいというお気持ちもおありでした。

O様邸の基礎は 布基礎で、調査をさせて頂いたところ、状態が良い為、耐圧盤(ベタ基礎への変更)は優先順位を下げ既存の布基礎を使用する形をとりました。

屋根を屋上にリフォーム(スケルトンリフォーム)ご提案プラン    〜既存間取りとリフォーム後の間取り〜

O様にはすでにお子さんもおられるお嬢さまが2人おられ、よく実家に泊まりにくることも多いとのことで、新規のプランでは、1つのお部屋をあえて2部屋にし2家族が同時に泊まりに来てもO様とお嬢様家族2世帯が宿泊できるようプランさせていただきました。

基本的な間取りは大きく変更せずに屋上を設置するための階段を設けなければならないため、階段をどこにもっていくのかを検討しました。

脱衣所、浴室も既存のサイズよりも大きくしたかったため、既存脱衣場スペースに階段を配置ち既存階段スペースを脱衣所にする計画としました。この配置により、浴室サイズを0.75坪から1坪へ、おなじく脱衣所のサイズも0.75坪から1坪へのサイズアップが出来ました。階段の勾配も緩くなり、3階部ベランダへの新たな上り階段の配置が可能となりました。

 

 

■既存図面■

■新規図面■

■新規図面■

屋根を屋上にリフォーム(スケルトンリフォーム)〜屋上イメージパース〜

お孫さんが来た際は、屋上でバーベキューも

従来は、木造に屋上という発想はタブーとされておりました、大正8年に屋根工事業を創業母体としてきた弊社としましても雨漏れと戦ってきた歴史から、木造で屋上という発想は正直、否定的な考えで疑って参りましたが、防水工法の技術の進化の結晶ともいえる画期的な工法が木造での屋上空間を可能にしました。新築木造一戸建て住宅ではここ数年で屋上を提案する会社も出て参りました。しかしながら木造改築で屋上を新設する屋上工事をする会社は、弊社の知る限り2016年では群馬に1社いるのみです。防水下地を大工工事でおこないますが、屋根の解体から下地補強まで、大変ナーバスな工事となりますため木造を熟知した工事会社に相談をお勧め致します。

 

下記は弊社がO様へ提案した屋上のイメージパースです。

タイル部分と人工芝を織り交ぜデザインしています。

■屋上庭園 イメージ■

■屋上庭園 イメージ■

屋根を屋上にリフォーム(スケルトンリフォーム)〜解体工事〜

O様が最も今回のリフォームで優先度を高くご要望されたのがこの外壁の解体(剥がしたい)でした。
今回はこの屋根を解体し、屋上を設置するスケルトンリフォームとなり、屋上部には立ち上がりができるために、壁を立ち上げ新たに外壁となる部分が生まれます。立ち上がりの部分を既存のモルタルに合わせて施工も可能でしたが、既存の傷み具合を検討し、剥がすことになりました。基礎については傷みがほぼなく状態が良かったこともあり既存の布基礎を利用しての工事を提案させていただきました。
 

桁うえの屋根組(母屋組)を丁寧に棟梁が解体していきます。同時に屋上部の立ち上がりの構造躯体を組んでいきます。足場も通常の2階建てよりも高く架けていきます。

屋上部には出入り口となる塔屋ができますのでその構造躯体の木組みも行っていきます。

今回のような屋上工事のケースでは棟梁が屋根を解体するため、屋根を棟梁が施工している間に、解体職人は外壁の解体と内部の解体を進めていきます。

外部表面の外部モルタルを剥がした後は、内部の解体を進めていきます。構造変更が必要なポイントは既存の階段部分のため、構造体が見えるように慎重に解体をしていきます。

この階段を解体し、脱衣所スペースとします。奥に見えるサッシ部分がスケルトンリフォーム後の階段スペースとなります。柱を抜くところ、抜く想定であっても抜けない所などが、この段階でハッキリとみえてきます。

木造二階屋の屋上リフォーム。室内2階部から見た屋根解体前の写真、梁から上の母屋組を解体していく経過をみていきます。

屋根組を解体し2階の梁部分まで撤去していきます。天井が開口されていきます。

屋根を完全に撤去した状態です。ここから屋上リフォームのキモとなる防水工事の下地(3階床組)を組んでいく事になります。

屋上で作業できるための簡易床を作り屋上リフォームの防水工事前の下地組を開始していきます。

2階の間取り変更で必要になる構造材で補強を入れ、3階部の床組を開始します。

既存の梁の上端に根太を掛け、床組の下地を作ります。

根太の上に構造用合板で捨て貼りを行っていきます。屋上リフォームの床組でポイントになるのが、この床組で捨張り2重にするということです。写真のスケールの向きに1枚目の捨張りを行い、張り終えてから、スケールとは垂直に構造用合板を張り垂直方向への耐力をつけることとヨジレを下地で防止します。

屋上の防水層の床下地組の2重張りが終わり2階部からみたところです。各間仕切りの主要となる柱は新規で差し替えております。

2階の全面リフォーム後の間取りより新たな躯体部分の構造を決め弱いところなどは補強を入れていきます。O様のケースではほとんどの柱を新規で入れ直しております。

モルタル外壁が手壊しによって解体され、構造体があらわになり補強等がしやすくなりますので、構造補強を加え外周部全面を構造用合板で張っていきます。当然以前の建物よりも耐力が上がります。

サッシを設置する開口部以外の全外周を構造用合板を張っていきます。

開口部周りにはまぐさ、窓台を造作しておきます。外周部の主要な構造材と外部の構造用合板を張り合わせることで外周部周りの強度があがります。手壊しにより費用が上がってしまいますが外部のモルタル外壁を剥がすメリットはここにあると言っても良いと思います。

壁内に断熱材を隙間なく充填していきます。

天井にも隙間なく断熱材を充填していきます。

今回の全面リフォームではO様邸は屋上を新設するため、屋根がほとんどないのですが、一階の下屋となる屋根部分へのルーフィング工事をしていきます。

屋根を解体し、床の2重補強を終えたら、屋上リフォームでは出入りとなる塔屋を組んでいきます。2階天井裏の梁との固定を入念におこなっていきます。

屋上には立ち上がり部が必要になってきます。屋根解体後に立ち上がり部は構造躯体を組み外部と内部両面を構造用合板で張っていきます。お孫さんが遊ぶことを考慮し立ち上がりは1.2メートル以上を確保し、やや高めに設計しました。

塔屋部と屋上用防水工事の下地が完了しました。

防水下地に谷があるのがわかります。防水層の下地を千鳥に2重張り後、金属防水の水路となる谷を予め施工しておきます。ここが木造一戸建て住宅の屋上リフォームでのポイントとなります。

この溝に金属防水側での水路を加工し水を流す構造となっています。

溝の先、屋上バルコニー外周には水路から流れた水を排水に落とすための内樋を作ります。O様邸は排水を2つとり中央から勾配をとり両側に設けたドレンへ排水する排水計画としました。特殊な金属板で加工していきます。

木造で屋上ができる防水の仕組みとは
木造で屋上を可能にする防水の仕組み

 

木造で屋上?創業大正8年以来、木造を中心に改築をやってきた弊社では、木造で屋上?

というあまりにセオリーではありえない工法に当初は誰よりも疑問を抱いていました。

しかしこの工法と防水の仕組みをみて導入を決めました。

 

まずは地震について

木構造で屋上部全面にシート防水、その他塗膜防水などを施工しても、地震の際に割れて防水層に亀裂が入る恐れがあり、とても危険です。そのため地震の揺れの問題を解決できる防水ではなければなりません。

今回の金属防水の仕組みは揺れることで力を分散させ、むしろ耐震性を発揮する木造住宅にマッチした施工になっています。下地の木部を構造用合板にて2重張りにしていることも水平耐力に対抗できる要素になりますので強度もあがります。

継ぎ目をあえてつくることで“遊び=ゆとり”をつくるにより、表面亀裂が起こりうる状況を回避、雨漏れの原因となる亀裂を防いでいます。

そして、心配の雨仕舞について。

防水層に雨が侵入しても、傾斜を設けた特殊形状の金属板で排水経路を確保(溝の部分)。4層構造にて排水します。

「雨を逃す、雨水を侵入させない」ジョイントがこの防水構造のキモと言えるパーツとなっています。木造住宅が自然現象に逆らうこと無く存続するために、必要とされる構造です。

また和瓦の1/16と軽量の為、 重心も低く、荷重も小さくなるため耐震面でも有利といえる工法になっています。

また屋根の代わりとなる屋上には遮燃、遮炎、延焼を防ぐ素材である必要があります。

O様邸で採用したこの防水工法は、国の不燃認定を取得している工法になります。

国の不燃認定を取得(NM-1981)

 

1時間で240㎜の雨量でも漏水しなかったことが(財)建材試験センターの試験で確認されています

結露防止マットを敷設、スプリングキャッチャーも設置していきます。

予め設置された内樋部へ本体を加工設置していきます。

本体は工場で予め加工され、現場にて加工し設置をしていきます。

本体を敷き込みあとはカバーキャップを入れて完了となります。

屋上防水が完成、O様邸では仕上げにタイルと人工芝を設置します。サイディング工事等の施工は仕上げ材が乗ってからの施工となります。それまで養生をしておきます。

O様邸では、お嬢様家族が来られた際に、バーベキューがしたいとのご要望がありましたので給水も屋上まで引き込みしています。

立ち上がり部には防水透湿シートを張ります。

塔屋部、屋上立ち上がり部へは防水透湿シートを張ります。

屋上の大きさ、屋上部の形状によって、排水計画が変わって参ります。水をどのように逃がすのか、排水勾配を防水側で加工できる画期的な金属防水技術です。

外部周りを構造用合板にて全面張り後、防止透湿シートを全面に張っていきます。防水透湿シートを張りこんだ後の工程は、通気胴縁を打っていきます。

通気胴縁を設置することでサイディング外壁下地間での通気が可能となるため壁内結露を予防することができます。

外周部全体の胴縁設置が完了しました。あとはサイディング施工待ちの状態となりました。

室内では造作工事が進んでいます。プラスターボード張り、この段階から工事は一気に佳境に入っています。お客様もこの段階でリアルな室内空間を体感することが出来るようになります。

システムキッチン設置部は石膏ボードではなくベニヤとなります。

天井・壁のボード張りが完了、その他の造作工事も着々と進んでいきます。

構造用合板の捨て張りの上に仕上のフローリング材を張っていきます。

木製建具、窓枠等クロスを張る前に設置していきます。

クロス張りまえの下地パテ掛けをしていきます。

クロス張り工事に着手。いよいよ大詰めです。

室内はクロスを張るとあとはクリーニングのみとなります。

外部はいよいよサイディングが納品されサイディング張りがスタートします。外部もいよいよ大詰めです。

水切りを外周部に設置後、コーナーには役物部材を張り、通気胴縁に設置していきます。

サイディングを張り終えシーリングを打つのみとなりました。

基礎天端の上、土台に沿って設置された水切が見えますが、この下から空気が抜ける構造となっており雨水は逃がし、空気は採り入れる構造になっています。

ベランダには、人工芝パネルとタイルパネルが設計通りに張られました。

人工芝パネルをデザインした通りに設置していきます。

こちらは屋上のタイルパネルスペースになります。こちらもデザインした通りに組み合わせて設置していきます。

タイルと人工芝の組み合わせでバーべーキューができ、なおかつくつろげるスペースをとご提案させていただいたパネル割りです。

屋上の仕上材の設置が終わり、残すは屋上のサイディング工事のみとなりました。この翌日の工事でした。いよいよ屋上リフォームの完成です。

屋上リフォーム(全面リフォーム)完成 引き渡し

木造2階屋の屋根を解体し新たに屋上を設置

木造2階屋の屋根を解体し、屋上を設置する全面リフォーム。雨仕舞の点から今までは絶対に考えられなかった夢の屋上バルコニーが木造住宅でも楽しめる。O様邸はそんな夢を体現したような実例となりました。

いよいよ完成。2階の階段を上ると、屋上ガーデンスペースが広がります。

立ち上がりは小さなお孫様がいらっしゃるため、若干高めで作りました。ここでバーべーキューだけなくお孫さんの遊び場にもなります。

O様邸では人工芝とタイルを張り分けるご提案をしましたが、今回の金属防水工法では、本当の芝を植えることも可能です。同様に家庭菜園など土いじりも可能な防水工法となっています。

O様の屋上はタイル2色と人工芝の張り分けました。

内樋部分に玉砂利を敷き込みメリハリを付けました。

出入り口のタイルまわりにも玉砂利を敷き込みました。

O様も屋上バルコニーを見た時はとても感動され、大変喜んでいただけました。

完成後の外観。サイディングが張り終わり、今までの雰囲気とはまったく変わり落ち着いた高級感ある佇まいとなりました。

冒頭で掲載した既存の建物と比較していただくとそのイメージの代わり映えに驚きます。重要なのは、上張りでサイディングを張ったのではなく、外壁のもモルタルを剥がし、外周部全面の構造用合板張り、透湿防水シート張り、通気胴縁、サイディングと化粧だけでなく、強度と性能が大幅に上がっているという点なのです。

屋上設置の立ち上がり分外壁が高くなっています。無数に入っていたクラックも構造下地で補強されたので安心です。

玄関正面より

住宅設備機器は、ショールームにいってしまうと高級仕様になってしまい費用が上がってしまうとのことで、弊社で得値提供可能な商品をカタログよりお選びいただきました。

浴室も同様、特値提供商品をカタログで選定しました。

移動された脱衣所スペース

トイレも壁リモコンでシャワートイレがついているタイプというくくりで極力費用が上がらないようご提案いたしました。

階段は、O様のお嬢様がお勤めの建材商社より支給していただき現場で打ち合わせをしながらオーダーをかけました。

フローリング材、クローゼット扉、ドア、サッシ等、すべてお嬢様お勤めの建材商社より支給していただきました。

O様のリフォームDATA

工事内容:戸建改築工事

【内外部スケルトンリフォーム&リノベーション】

施工地:埼玉県新座市

家族構成:大人2人

家屋形態:木造1戸建

築年数:築40年

リフォーム部位 

間取変更/サッシ取替/既存外壁撤去サイディング/断熱/制震仕口ダンパー/屋根葺替

【採用機器・設備 】

システムキッチン

トクラス Bb

システムバス

TOTO サザナ

1616サイズ

トイレ:当社オリジナル

O様はお嬢様が建材商社へお勤めでサッシはビル等の施工も請け負う商社でございましたので

サッシ、玄関ドア等の鋼製建具、フローリング、室内ドアやクローゼット扉等木製建具、玄関収納、窓枠、笠木、階段といった木質建材はすべて御支給いただきました。

一般のお施主様ですと階段の割り付けなど打ち合わせができないのですが、現場でお打ち合わせが可能ということでお願いができました。

住宅設備機器につきましては弊社も卸売をしている絡みで、商社以上のコストで提案ができておりましたため採用頂く形をとりました。

 

支給品を除く総工費(弊社請負費用)で

価格約1566万円(サッシ・建材別)

※サッシ・建材は建材商社勤務のお嬢様より支給

 

となり、一般的な提供価格で1800万程度の費用感であると想定します。

 

 

ご相談お問合せフォーム

株式会社ハイウィルの一戸建てリフォーム専用ホームページにお越しいただき、誠に有難うございます。

当社は技術集団となり、他社のような営業マンがおりません。

技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。


従いまして、お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのかなど明確になった段階での
ご相談をお願いしております。

お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お問合せは以下のフォームよりお願いいたします。

 

よくある質問

 

  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
    ハイウィルさんは結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・


    どのようなお悩みのご相談でも結構です。
    あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

 

ご相談お問合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:tarou@takumi.jp)

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

 

お電話のご相談はこちら

0120-246-991

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

テキストを入力してください

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

 

創業大正8年 株式会社ハイウィル

アクセス

03-5615-2820
住所

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-35-1

JR山手線日暮里駅 徒歩7分
JR常磐線三河島駅 徒歩7分
JR山手線西日暮里駅徒歩8分
東京メトロ千代田線 西日暮里駅
徒歩7分

営業時間

9:00~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜日

詳しくはお電話ください。

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら