サッシ(窓)の入れ替えがないフルリフォームならインナーサッシ(二重窓)

一戸建てリフォーム、

とりわけ一戸建てのスケルトンリフォーム

をされるお客様において、

心配されるケースが断熱についてです。

 

内部の天井・床・壁をすべて解体し、

躯体残しにする内部スケルトンリフォームをされる

お客様におススメしているのが

このインナーサッシ(2重窓)です。

 

外部スケルトンリフォームの

お客様になりますと

外部の壁もすべて解体する完全な躯体残しの

内外部スケルトンリフォームになるため、

必然的に窓(サッシ)は新規ですべて入れ替えになります。

 

内部スケルトンリフォームのお客様においては、

ご予算の都合などで、

すべての窓(サッシ)を取替えできないお客様もいらっしゃいます。

 

壁内の断熱工事は

内部スケルトンでも施工致しますが、

お客様でもなかなか知らないのが、

実は窓は住まいの断熱にかなりの影響を及ぼすという事実です。

 

リフォームされる前の既存の建物は、

築年数が30年以上の方が多いのが

スケルトンリフォームですので、

当時の窓(サッシ)は

単板ガラス(シングルガラス)であることがほとんどです。

 

この単板ガラスが家中にあるわけですが、

実はこの単板ガラス(シングルガラス)

トタン1枚の断熱効果しかないことがわかっています。

 

断熱材や外壁材などは

どんどん断熱仕様が進んでおります。

塗装仕上げであっても

断熱塗料など機能性塗料の開発がすすんでおりますので、

スケルトンリフォームともなれば、

このような提案もご予算に応じてさせていただきます。

 

しかし、単板ガラス(シングルガラス)は

トタン1枚程度の断熱効果しかないにもかかわらず、

対策を後回しに考えておられるお客様が多いです。

 

実は、夏の外から入り込む暑い熱の71%は

窓(サッシ)やドアから入るといわれています。

窓際が熱気で暑いのでイメージはしやすいと思います。

 

冬は逆に室内の熱を逃がさない対策が

必要なわけですが、

建物から暖かい熱の48%が

この窓(サッシ)とドアからだといわれています。

 

外からの見た目の問題で、

サッシを表の通り沿いだけは変更したいという

ご要望は大変多いのですが、

この断熱を重視して考えるならば、

断然2重窓(インナーサッシ)を設置する方法が効果をのぞめます。

 

スケルトンリフォームでは、

サッシを変える際に、

現在は最低でもシングルではなく

ペアガラス(複層ガラス)になっています。

この複層ガラスに変更するだけであれば、

2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)の方が

断熱効果さらには防音効果も高いといえます。

 

中には、スケルトンリフォームにおいて

ペアガラス(複層ガラス)に変更したうえで、

さらに2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)を

設置されるお客様もおられます。

 

せっかくのスケルトンリフォームですので、

見た目にもこだわりたい。

これは当然のこと。

 

サッシの入れ替えの費用と

2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)

の費用を照らし合わせ

どのような方法をとるのかを検討するのが良いと思います。

 

内部スケルトンリフォームをし、

窓は既存を利用しましたが、

2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)を

設置した弊社の事例を流れととともにご紹介します。

 

梱包をあけるところから。

 

 

入っている中身を確認。必要な部材をすべて確認します

 

 

実際に取り付ける場所の清掃をし汚れを徹底的に除去します。

特に窓周りは砂埃が多い場所でもあります。

 

 

設置に当たり、事前に採寸はしていますが、

再度取り付け位置のシミレーションをします。

 

 

 

各部材を所定の位置に仮止めしていきます。

 

 

続いて縦の枠も仮に設置していきます。

 

 

決まりがついた段階で、4方の枠をビスで固定していきます。

 

 

枠の固定が完了した段階で、サッシをいよいよ設置します。

 

 

 

梱包をとき、設置していきます。

 

 

2枚設置します。

 

 

最後に微調整を行いこれで1枚分の作業が完成します。

こちらのお客様のお住まいでは、このインナーサッシが10枚以上設置されました。

 

 

こちらも既存の窓を利用し2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)を設置したパターンです。

↓既存のサッシ

 

 

2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)を設置するためには、枠の厚みが必要ですが、

この現場では、和室→洋室へリフォームした際に、壁にセルロースファイバーによる

断熱工事をしており、壁の厚さが50ミリふけています。

そのふけた壁厚を利用し、2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)の枠を取付ました。

 

 

既存のサッシ枠が反っていたりすると2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)の開閉に支障がでてくるケースもございますので、やはり専門家に任せるのが一番だと思います。

 

 

見た目も非常にすっきりしていて良いですね。

 

 

 

こちらのお客様は、2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)が防音という威力を発揮してくれています。

目の前の高架線を電車が走る建物ですので、その効果はセルロースファイバーによる吸音効果に加え2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)による防音効果をダブルで提案しております

 

とかく、断熱材や外壁材などに目が行きがちな断熱でございますが、

このような2重窓(インナーサッシ・2重サッシ)というアイテムも検討の一つとしていただければと考えております。

ハウスメーカーで高い見積もりをもらった...良質安価で一戸建てリフォームしたい方 創業大正8年ハイウィルがお悩みを解消します!

一戸建てリフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。


増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。


従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、

お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階での
ご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は
以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

木造一戸建ての専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・ハイウィルさんは結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:tarou@takumi.jp)

必須

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

 

創業大正8年 株式会社ハイウィル

アクセス

03-5615-2820
住所

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-35-1

JR山手線日暮里駅 徒歩7分
JR常磐線三河島駅 徒歩7分
JR山手線西日暮里駅徒歩8分
東京メトロ千代田線 西日暮里駅
徒歩7分

営業時間

9:00~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜日

詳しくはお電話ください。

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら