リノベーション前から着工、解体、補強、断熱等の施工の中身・注意点やポイント、費用を完全公開

東京都墨田区の戸建リノベーション施工事例(実例)を徹底解説&完全網羅

東京都墨田区はこんな街

荒川区マップ

墨田区は、昭和22年(1947年)3月15日に、北部区域の向島区と南部区域の本所区が一つになって誕生しました。
そのときに、新しい区の名前として「墨田区」と名付けられました。それは、昔から広く人々に親しまれてきた隅田川堤の通称“墨堤”の呼び名の「墨」からと、“隅田川”の名の「田」からの2字を選んで名付けられたものです。

墨田区は、東京23区中17番目の広さです。地理的には、東京都の東部、江東デルタ地帯の一部を占めています。西は隅田川をはさみ中央区・台東区・荒川区に、北から東は旧綾瀬川・荒川・旧中川を境として足立区・葛飾区・江戸川区に、さらに東から南は北十間川・横十間川・竪川を境として、一部は地続きで江東区に接しています。

 

墨田区を代表するスポットは東京スカイツリー、両国国技館があります。
東京スカイツリーは東京のシンボルであり、地上160階、展望デッキ、展望回廊があります。展望台から見る景色は壮観で東京が一望でき、富士山を観ることも可能です。夜にはライトアップされ、幻想的な光が輝きます。また、東京スカイツリー周辺には大型商業施設や観光施設があり、総称して東京スカイツリータウンと呼びます。商店街、フードコート、ファッションゾーン、プラネタリウム、水族館などがあり、多くの家族連れや観光客でにぎわいます。

 

両国国技館は、大相撲の東京場所が年3回開催されるので、相撲の聖地として知られています。
両国国技館は相撲でしか使われることがないと思っている方も多いようですが、実はコンサートやプロレスで使われることもあります。正面入り口には昔の相撲取り組みを描いた絵画や優勝杯を展示してあり、あまり相撲に詳しくない方でも相撲を身近に感じることができ、歴史を垣間見ることができます。他にも売店や飲食店、相撲部屋監修のちゃんこ鍋店、博物館などがあり相撲がない日に訪れても楽しめるようになっているので、ぶらっと遊びに行くのおすすめの施設です。両国の街をあるくと力士さんに出会えることもあります。

 

墨田区の夏の風物詩として有名なのが、隅田花火大会です。
隅田花火大会は江戸時代から続く、隅田川沿いや向島の河川敷で行われる東京二大花火大会の1つです。2万から2万2千発もの花火が打ち上げられます。毎年100万人以上の観光客が、美しく見事な花火に魅了されます。また墨田区は産業の街としても知られており、ガラス、皮革、紙製品、木製品、油脂製品などさまざまな特産品があります。ガラス加工品の江戸切子は東京都の伝統工芸品として知られています。

 

墨田区は東京スカイツリーと言う現代を象徴する建物が存在するとともに、江戸からの伝統を引き継ぐ職人の技やものづくりの技術など、下町の魅力がいたるところにあふれる、様々な魅力をもつところです。

荒川区街情報 都電
荒川区街情報 再開発
荒川区街情報 伝統工芸

東京都墨田区 S様邸

新宿区S様

工事内容:戸建増改築工事

【内外部スケルトンリフォーム

                    &リノベーション】

施工地:東京都墨田区

家族構成:大人2人 子供2人

家屋形態:木造一戸建て

築年数:築60年

リフォーム部位 :

添え基礎(抱き基礎)補強/間取り変更/断熱サッシ/セルロースファイバー/耐震補強/

 

 

【採用機器・設備 】

システムキッチン:

トクラス ベリー スクエアーCI型2550サイズ

システムバス:

LIXIL アライズ 1616サイズ

洗面化粧台:

TOTO オクターブ 750サイズ

トイレ:

ハイウィル オリジナルトイレ

 

 

価格:約2500万円

東京都の他のリフォーム事例を見る

リフォームで使える助成金

耐震や防災・減災、新しい日常などに対応するリフォームを行うとき、お得に使える助成金制度があります。

国や自治体で扱う助成金制度をまとめました!

東京都墨田区の耐震リフォーム助成金情報

耐震化事業

利用するには各種の条件や申込期限がありますので、ご確認の上お早目にお手続きを行いましょう。

情報は2021年3月現在のものです。

耐震診断助成事業

地震に対する建築物の安全性の向上を図るため、建築物の耐震診断に要した費用の一部を助成しています。また、耐震改修助成及び耐震改修工事補助を利用するには、この耐震診断助成を利用していることが条件となります。

【助成対象となる経費】

  • 耐震診断に要する経費

 

【対象建築物の要件】

  • 昭和56年5月31日以前に着工された建築物であること(工業化認定住宅及び補強コンクリートブロック造の建築物を除く)

 

【申請者の要件】

  • 対象建築物の耐震診断を実施する者(大企業を除く)
  • 区分所有等に関する法律第1条に規定する建物(分譲マンション)であるときは、同法第3条に規定する団体(管理組合)

 

【評定機関】

耐震診断は、次の評定機関の評定取得が必要となります。(評定機関自ら診断した場合は除く。)

  • 一般社団法人すみだまちづくり協会
  • 東京都が耐震改修促進法第17条第3項における計画の認定を行う専門機関として指定している機関

※助成は予算の範囲内において行う。

※助成は同一の建物に対して、1回限り。

 

木造住宅耐震改修助成事業

■木造住宅耐震改修

 墨田区民間建築物耐震診断助成を利用した建物について、所有者等が行う耐震改修に要する経費の一部を助成します。

 

【助成対象となる経費】

  • 耐震改修に要した経費
     耐震改修計画作成に要した経費・耐震改修の確認に要した経費を含む)
    家具転倒防止金物の設置に要した経費を含む)

 

【対象建築物の要件】

  • 昭和56年5月31日以前に墨田区内で着工されたもの
  • 区の耐震診断助成を利用して耐震診断をおこなった木造住宅であること
  • 主要構造部(柱や梁など)の過半が木造
  • 延べ面積の過半が住宅

 

【申請者の要件】

  • 対象建築物の所有者又は所有者の承諾を得ている居住者

 

【耐震改修の種類】

  • 耐震改修工事 :総合評点が1.0未満の建築物を総合評点を1.0以上の建築物にする工事をいう。
  • 簡易改修工事 :総合評点が1.0未満の建築物について、改修工事前に比較して耐震性能が向上する工事及び、東京都が選定した「安価で信頼できる木造住宅の「耐震改修工法・装置」の耐震改修工法部門の工法により改修工事前に比較して耐震性能が向上する工事をいう。

総合評点とは、(財)日本建築防災協会が定める「木造住宅の耐震診断と補強方法」による建築物の耐震性の判定基準をいう。

 

【注意点】

※助成は予算の範囲内において行う。

※助成は 同一の建物に対して、1回限り行う。

※助成を受けるには接道など一定の条件があります。また、工事に着手してしまった後からでは受付ができませんので、事前に必ず不燃化・耐震化担当に確認してください。

 

■福祉住宅改修助成事業併用耐震改修
 手すりの取り付け等のバリアフリー改修等の福祉関連の住宅改修を行う方が、耐震改修をあわせて行う場合に対象となります。

 

【対象建築物の要件】

  • 木造住宅耐震改修助成の要件を満たすこと
  • 福祉関連の住宅改修助成事業を利用して住宅改修を行うこと

 

※福祉関連の住宅改修助成事業には、次の制度があります。

  • 高齢者自立支援住宅改修助成制度
  • 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給制度
  • 重度障害者(児)日常生活用具給付等制度(住宅設備小規模改修のみ)
  • 重度身体障害者(児)住宅設備改善費助成制度

 

■民間木造賃貸住宅改修支援事業併用耐震改修

 民間木造賃貸住宅をお持ちの方が、民間木造賃貸住宅改修支援助成制度を利用し、同時に耐震改修を行なう場合に対象となる制度です。

 

【助成対象の建築物】

  • 木造住宅耐震改修助成の要件を満たすこと
  • 民間木造賃貸住宅改修支援助成事業を利用して住宅改修を行うこ

 

 

※以下の地域は、地震による木造住宅の倒壊を防止するため、緊急に木造住宅の耐震化の促進を図る必要がある区域とされています。

本所3丁目、東駒形2丁目及び3丁目、横川2丁目、向島1丁目から5丁目、東向島1丁目から6丁目

堤通1丁目及び2丁目、墨田1丁目から5丁目、押上1丁目から3丁目、京島1丁目から3丁目

文花1丁目から3丁目、八広1丁目から6丁目、立花1丁目から6丁目、東墨田1丁目から東墨田3丁目

 

全てのお問合せは、直接墨田区にお願いします。

◆ 耐震助成金の申請窓口・問い合わせ先 

墨田区役所 防災まちづくり課 不燃化・耐震化担当

電話:03-5608-6269(耐震化)

FAX:03-5608-6409

電子メール:BOUSAIMACHI@city.sumida.lg.jp

東京都墨田区の町名

【墨田区

吾妻橋 石原 押上 亀沢 菊川 京島 錦糸 江東橋 墨田 太平 立花 立川 千歳 堤通 業平 東駒形 東墨田 東向島 文花 本所 緑 向島 八広 横網 横川 両国 両国広小路

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

(例:2021年10月くらいに完成希望など)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。