戸建フルリフォームなら「増改築.com」TOP費用・料金について>一戸建てフルリフォーム全5パターンの費用価格値段を徹底解説 

あなたはどのパターン?

一戸建て(一軒家)フルリフォーム(全面リフォーム)全5パターンを網羅!
施工事例(施工実例)で費用値段.価格相場を徹底解説

「増改築.com」を運営しております創業大正8年のハイウィルでは、最も工事のご依頼が多いカテゴリに一戸建てのフルリフォーム(全面リフォーム)があります。フルリフォームとは、家一軒をまるごとリフォームする大掛かりな工事を言いますが、100年以上続く長い歴史の中で、数えきれないほど、この家一軒まるごとリフォームをするフルリフォーム(全面リフォーム経験をして参りました。

 

現在のようにインターネットのない時代は、近所のお宅の戸建てフルリフォーム全面リフォームを中心に、既存のお客様と紹介、また、子世帯、親世帯の戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)と施工させていただいてきましたが、10数年前から、インターネットの影響もあって、さまざまなエリアからのお問い合わせ、ご用命をいただいております。


一戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)を検討されるお客様には、当然さまざまな動機があります。そのひとつが、ライフスタイルの変化に伴う間取り変更を含めた一戸建てのフルリフォーム全面リフォームというケース。お子様が独立されて、夫婦2人になったので、間取り変更も含めた一戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)がしたい。というケースや、その逆で、子世帯が親との2世帯住宅を希望されておられて、現在のお住まいを2世帯住宅仕様で一戸建てフルリフォーム全面リフォーム)を検討される方、また、子世帯が現在の住居を売却し、親の住まいの一戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)して同居するケースなども非常に多くなっています。

 

最近増えてきたケースでは、中古戸建てを購入され、その入居に伴い戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)を検討されるケースがあります。不動産業者が物件を購入し戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)をご依頼いただくケースもあります。中には、再建築不可<建て替えができない>の物件での戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)でのご相談をいただくこともあります。


一戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)を検討段階のみなさんの最も高い関心が、自分の要望を叶えるためには、いくらの価格・費用がかかるのかということです。ネットサーフィンをしていると実にさまざまな情報が書いてあって混乱してしまいますが、一戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)の費用と価格を検証する前に、一番大切なのは、まず、した生活を明確にしておくということです。

 

当たり前のことなのですが、したい生活の優先順位を明確にしておくことで、工事の内容が大幅に変わってきますので、基本になります、家族会議を開き明確にしておきたいところです。

 

一戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)を検討する際の価格費用について注意するのは、当然予算をどこまでみているのかということになります。どのようなフルリフォーム(全面リフォーム)を想定しているのか?フルリフォーム(全面リフォーム)を大きな括りで大別すると2つにわかれます。

 

それは、あなたのしたい生活を叶えるた必要な工事が、フルリフォーム(全面リフォーム)はフルリフォーム(全面リフォーム)であってもそのリフォームが表装を主体とした改装的なリフォームなのか?それとも間取り変更を含む大規模なリフォームなのか?ということです。同じ家一棟まるごとリフォームする戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)と一言で言っても、改装と構にかかわる大規模リフォームではまったく工事の中身が違います。仕上がってしまった見た目は、かわりませんが工事の流れがまったく変わってくるのです。

フルリフォーム(全面リフォーム)という言葉は、改装でも使いますし、構造補強を含む大規模リフォームという意味で使用されることもございます。改装はリフォームを表面の化粧直しととらえればわかりやすいかもしれません。

 

一戸建てのフルリフォーム(全面リフォーム)の費用価格を検証する際に、この2つの指標をもって調査するのと、まったく持たないで調査するのでは、まったく費用価が変わってきてしまいますので、ここは押さえて欲しいと思います。フルリフォーム(全面リフォーム)を検討する際に、スタート段階での2つの指標として、まず明らかにしておきたいのは、そのフルリフォーム(全面リフォーム)は

 

■表面の改装を主体としたフルリフォーム(全面リフォーム)なのか

■大幅な間取り変更を伴う柱を抜くような大規模なリフォーム工事での

フルリフォーム(全面リフォーになるのか

 

ということです。改装に若干の間取り変更が必要なケースなどもありますが、フルリフォーム(全面リフォーム)であっても、表面的なリフォームは一般的に改装とし、主要構造部に変更を伴うような大規模な間取り変更を行う工事については、大規模なリフォームとなりま。

 

「増改築.com」では、後者の構造補強を含むフルリフォームのご相談が大半となりますが、この大規模フルリフォームをご希望される方の中でも、さまざまなパターンが存在します。この大規模なフルリフォーム(全面リフォーム)の中にもパターンにより、まったく費用感や相場感が変わってまいります。

 

こちらもご予算とご要望、現在のお悩みから優先順位を整理し、戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)の方針を決定していくことになりますが、改築を含む大規模なフルリフォームを専門に行っている「増改築com」運営会社のハイウィル木造事業部において、お客様のご要望をパターン化すると4種類の戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)に大別が出来ることがわかります。

その4つのフルリフォームプランを紹介したいと思います。

 

 

■建物の内部のみの解体(内部躯体残し)戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)のパターン『内部全面フルスケルトンリフォーム』

 

内部スケルトン

 

 

■外部の外壁やその下地まで落とすような完全な躯体残しの戸建てフルリフォーム(全面フォーム)のパターン『内外部全面フルスケルトンリフォーム』

フルスケルトン

■外部(外壁)を解体し、内部は一部改築といった外壁補強工事に重点を置いた戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)のパターン『外部外壁全面フルスケルトンリフォーム』

 

外部スケルトン

 

 

■内部の戸建てフルスケルトンリフォームに加え、外部と絡みのあるサッシのみは取り換える戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)のパターン『内部全面フルスケルトンリフォーム+サッシ交換』

サッシ取替 外壁そのまま

 

 

という上記4つのパターンの中に改築でいうフルリフォーム(全面リフォーム)をされる大半のお客様がおさまることになります。

 

ここに化粧直し工事の改装も加えるとフルリフォームは大きく分けて5つに分けて考える事ができるわけです。当然すべて費用感が変わってまいりますが、現在検討している戸建てフルリフォーム(全面リフォーム)が、どこまでの工事が必要なのか、を判断することなります、言葉だけをみていてもイメージが湧きずらいものです。

 

この5つの工事がどのような流れでどのような工事を行うのか?そして費用はどれくらいかかるのか?実際の施工例をみつつ要望を整理していただく判断材料として下記にそれぞれのパターン別のフルリフォームを解説しています。

 

こちらを参考にしていただくことで、戸建てフルリフォームの中身と費用の考え方がわかりやすくなると思います。以下のコンテンツを

→①改装でのフルリフォーム

→②内部スケルトンリフォーム

→③内部スケルトンリフォーム+サッシ交換

→④外部(外壁)スケルトンリフォーム

→⑤内外部全面スケルトンリフォーム(躯体残し)

の順番にクリックしてみてください。フルリフォーム(全面リフォーム)のパターンを網羅していますので、実際の施工事例(実例)をみながら整理ができるかと思います。

一戸建て(一軒家)の家一棟まるごとフルリフォームの5つのパターンと
工事費(費用・値段)と価格相場は?

一戸建て(一軒家)の家一棟まるごとフルリフォーム(全面リフォーム)を大きく区分すると5つのパターンにわけることができます。

 

①改装でのフルリフォーム

②内部をすべて解体するフルリフォーム(間取りが大幅にかわる)

③内外部全面フルリフォーム(外壁まで解体)

④基本は内部スケルトンでのフルリフォームだが、

 窓(マド)サッシは変更したい(外部工事が必要なケース)

⑤外部のみ解体、室内は改装でのフルリフォーム

⑤はレアなケースですが、実際にございました。

 

これらの5パターンで工事のやり方が大きくかわってきます。もちろんですが費用・値段も変わってきます。ご自身のご要望にあわせてどのケースに当てはまるのかをご覧いただくことで、どのくらいの費用感になるのか?などを検討してみることをお勧め致します。実際の事例とともに解説しております。

 

 

一戸建て(一軒家)の家一棟まるごとフルリフォーム
の費用値段価格(改装)

一戸建て(一軒家)の家一棟まるごとリフォームの中でも間取り変更がなく既存の間取りをいかし、すべての水回り設備も位置の変更や新設のない、いわゆる素取り換え交換、内装は表面の改装を全体的に行うのが改装でのフルリフォームになります。まだキレイな状態の中古住宅、築浅10年以内程度の中古住宅物件を購入された方や不動産会社からのご依頼の多い工事です。大手リフォーム会社でのパッケージ商品と同等のリフレッシュ的な工事になりますので、費用値段価格も最も安く収めることが可能です。

2階建て建築面積30坪の場合の工事費(価格相場)※過去事例平均 600万

一戸建て(一軒家)の家一棟まるごとフルリフォーム
(内部全面スケルトンリフォーム)の費用値段価格

築年数が30年以上、旧耐震に建てられた家建物をなどにお勧め、耐震補強を現行水準以上にしたい。でも外壁や外装をすべて解体するほどの予算費用をかける必要性がない(痛みが軽度)というお施主からの採用の多い、一戸建て(一軒家)の家一棟まるごと内部をスケルトン状態にするフルリフォーム(全面リフォーム)。スケルトンのため、階段位置変更が可能なため、間取りの自由度が高く耐震補強も施工。費用は当然改装よりもかかってまいります。外部工事が発生するサッシの変更はないケース。

2階建て建築面積30坪の場合の工事費(価格相場)※過去事例平均 1000万

一戸建て(一軒家)の家一棟まるごとフルリフォーム(内外部全面スケルトンリフォーム)の費用値段価格

内部を新しい間取りへ変更するが、外壁の傷みが激しい、または、建て替えを希望しているが新築で建ててしまうとセットバックの問題で、希望の間取りが実現しないケース。あるいは再建築不可の建物。というような問題を抱えておられるお客様が建て替えでの新築のレベルの工事内容を家一棟まるごとフルリフォームすることで実現できるリフォームです。外壁までを解体し、一戸建て(一軒家)躯体残しの状態にするようなフルリフォーム(全面リフォーム)がこちらのリフォーム。主要構造部のみ残すフルリフォーム(全面リフォーム)になります。地盤工事を除く基礎補強工事や耐震補強は構造部からの補強が可能で、外壁面は壁倍率の高い合板で全面張りを行います。弊社で最もご依頼数の多い工事になります。

 

2階建て建築面積
30坪の場合の工事
費目安
(価格相場)
1500万〜1800万

一戸建て(一軒家)家一棟まるごとフルリフォーム(内部全面スケルトンリフォーム)+窓(マド)サッシ交換の費用価格

築年数は30年以上は経過し、旧耐震以前に建てられた家建物。大幅な間取り変更も希望している。しかし外壁の状態は、メンテナンスをしていたため、そこまで痛んではいない。しかし、せっかくの家一棟まるごとフルリフォーム(全面リフォーム)。希望の間取りや室内は新築同様のデザインになるのに、窓(マド)サッシがかわらないのは希望しない。できれば断熱性能の高い窓(マド)サッシへ変更したい。というお客様が採用されるのが一戸建て(一軒家)の家一棟まるごと内部スケルトンリフォームをベースに窓(マド)サッシ交換をするケースです。ご希望されるサッシ性能により金額は変動してきます。

2階建て建築面積30坪の倍の工事費目安
(価格相場)
※過去事例平均
1200万
              フルリフォームの費用価格について(改装編)
詳細はこちら
 スケルトンフルリフォーム(内部)の費用価格について
詳細はこちら
スケルトンフルリフォーム(内外部)の費用価格について
詳細はこちら
 内部スケルトンフルリフォーム+サッシ交換という選択
詳細はこちら
関連コンテンツ

このページを読んだ方は下記のコンテンツも読んでいます。

耐震等級3 鎧ガード

フルリフォーム(全面リフォーム)で最も大切なのは「断熱」と「耐震」です。性能向上を第一に考え、長期間安心して住める快適な住まいを目指しましょう。

一戸建てリフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・ハイウィルさんは費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:sample@takumi.jp)

必須

(例:0120-246-991)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。(築年数・工事範囲の面積・ご要望・ご予算など)

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。