リノベーション前から着工、解体、補強、断熱等の施工の中身・注意点やポイント、費用を完全公開

東京都世田谷区戸建リノベーション施工事例(実例)を徹底解説&完全網羅

東京都世田谷区はこんな街

世田谷区 マップ

世田谷区は、東京都の区部西部に位置し、2020年時点では、人口と世帯数は東京23区の中で第1位です。面積は東京23区内で大田区に次ぎ2番目の大きさです。都心部へのアクセスの良さもよく、世田谷区内には複数の鉄道が東西を走っており、新宿駅へとつながる京王線、小田急線や、渋谷駅につながる東急田園都市線がありますし、東急大井町線や東急世田谷線、京王井の頭線も利用することができます。
区内から渋谷や新宿、吉祥寺といったそれぞれの主要ターミナル駅へは、10〜20分ほどでアクセスでき、たいへん便利です。

世田谷区と言えば、周りに緑があり、高級住宅が広がっているというイメージがあるのではないでしょうか。もちろん、成城や等々力といった地域は、高級住宅街の街並みが広がっていますが、世田谷区内でもエリアによって雰囲気は大きく異なります。

近年開発が進んでいる二子玉川はタワーマンションの建設や商業施設の充実により、人気を集めているエリアです。近くに多摩川が流れており、自然も豊かで落ち着いた静かな環境です。三軒茶屋は駅周辺に外食できるスポットがたくさんあり、食を楽しみたい方には大変おすすめの街です。おしゃれなカフェやバーもありながら、昔ながらの大衆居酒屋もあり、下町情緒が残っています。

世田谷区でも特に個性が強い街は下北沢です。狭い道に雑貨屋や古着屋が並んでいたり、劇場やライブハウスも集まっています。また、飲食店も多いので、いろいろな楽しみ方ができる街であると言えます。新宿や渋谷に近いという好立地にあります。

区内にはのどかな畑が広がるエリアもあり、緑も多く、散歩するのに楽しいまちです。区内には大小合わせて300以上の公園があり、代表的な公園と言えば、世田谷公園や駒沢公園、羽根木公園や砧公園などがあります。天気のいい休日になると、近くに住むファミリーやカップルなどでいつもにぎわっています。

世田谷区 住宅街
世田谷区 二子玉
世田谷区 下北沢

東京都世田谷区 S様邸

世田谷区S様邸

工事内容:戸建増改築工事

【内外部スケルトンリフォーム

                    &リノベーション】

施工地:東京都世田谷区

家族構成:大人4人 

家屋形態:木造一戸建て

築年数:築50年

リフォーム部位 :

ベタ基礎/間取変更/サッシ取替/既存外壁撤去サイディング/制震仕口ダンパー/セルロースファイバー/

 

 

【採用機器・設備 】

システムキッチン:

トクラス Bb×2セット

システムバス:

TOTO サザナ 1216サイズ×2セット

洗面化粧台:

Panasonic シーライン×2セット

トイレ:Panasonic

    アラウーノV×2セット

 

 

価格:約2900万円

リフォームで使える助成金

耐震や防災・減災、新しい日常などに対応するリフォームを行うとき、お得に使える助成金制度があります。

国や自治体で扱う助成金制度をまとめました!

東京都世田谷区の耐震リフォーム助成金情報

建物の耐震化を支援します

昭和56年(1981年)5月31日以前に着工した、木造住宅について、無料で耐震診断士派遣や補強設計・改修工事、建替え、除却工事に要する費用の一部を助成する制度です。

支援制度のご利用には、契約前に区への事前相談が必要です。

利用するには各種の条件や申込期限がありますので、ご確認の上お早目にお手続きを行いましょう。

情報は2021年5月現在のものです。

 

【対象となる建築物】

  • 昭和56年(1981年)5月31日までに着工した住宅(昭和56年6月以降増築前の延べ面積の2分の1を超える増築をしたものを除く)
  • 一戸建ての住宅・長屋・共同住宅・兼用住宅又は併用住宅(住宅として使用する部分の面積が2分の1以上のもの)
  • 地階を除く部分が木造在来軸組構法又は枠組軸組構法(ツーバイフォー工法)による住宅(平面的混構造を除く)
  • 地上階が平屋建て又は2階建て住宅(地階がある場合も対象)
  • 対象住宅に居住者がいる場合で、居住者全員の同意が得られているもの(同意書等の提出は不要)
  • 所有者全員の同意が得られているもの(同意書の提出が必要)

木造住宅耐震改修訪問相談制度(無料)

■訪問相談制度(耐震診断前)

建物の除却を検討されている方は本制度を活用してください。建築士が伺い、工事等の実施に係る相談と、外観調査及び簡易診断を行います。

■耐震診断士派遣制度(無料)

耐震診断士を派遣して一般耐震診断の実施を行います。

■訪問相談制度(耐震診断後)

上記の耐震診断士派制度を利用した住宅が対象です。区の無料耐震診断を受け、上部構造評点が1.0未満(耐震性なし)と判定された住宅の所有者で、耐震改修工事等の実施を検討されている方に相談員を派遣します。耐震改修工事等に関するご質問にお答えしたり、 簡易補強設計や概算工事費算出を行います。

 

補強設計助成

【助成金額】

  • 補強設計費の一部補助 限度額30万円

 

【対象建築物の要件】

  • 個人が所有する住宅であり、住宅のまま耐震改修工事等行うこと
  • 都市計画道路(事業中に限る)区域外の建築物であること
  • 建築基準法に著しく違反する部分がない建築物であること(不燃化建替えの場合は建替えた建築物の検査済証を取得すること)。なお、助成対象事業完了までに適合させる場合も含みます。(除却工事を除く)
  • 住民税を滞納していないこと
  • 助成は、対象建築物一棟につき1回限りです。ただし、耐震改修工事、簡易耐震改修工事、不燃化建替え又は除却工事については、補強設計助成後の助成申請が可能です
  • 増築を伴う場合には助成の対象とはなりません
  • 共有物である場合は、共有者の同意を得ていること
  • 区分所有である場合は、団体規約により定められた代表者又は過半の合意により選出された代表者であること
  • 区から勧告(耐震性なし)を受けていること

 

【注意事項】

  • 設計者・工事監理者・工事施工者は助成対象者自らが選んでください
  • 助成金の交付申請前に助成対象事業の契約を締結(不燃化建替え、除却工事の場合は建物の除却を含む)してしまうと、助成は受けられません
  • 助成金の支払いは、事業完了後になります。途中で設計や工事を取りやめた場合、助成は受けられません
  • 耐震改修工事以外のリフォームの費用等は助成の対象となりません
  • 耐震改修工事、不燃化耐震改修工事、不燃化建替え、簡易耐震改修工事では、中間検査を実施します。また、検査の結果、工事が適切に行われていない場合、助成金の交付決定を取り消す場合があります
  • その他法令等に違反した場合などは、助成は受けられません

耐震改修工事

【助成金額】

  • 耐震改修工事費の一部補助 (限度額100万円)

 

【対象建築物の要件】

  • 個人が所有する住宅であり、住宅のまま耐震改修工事等行うこと
  • 都市計画道路(事業中に限る)区域外の建築物であること
  • 建築基準法に著しく違反する部分がない建築物であること(不燃化建替えの場合は建替えた建築物の検査済証を取得すること)。なお、助成対象事業完了までに適合させる場合も含みます。(除却工事を除く)
  • 住民税を滞納していないこと
  • 助成は、対象建築物一棟につき1回限りです。ただし、耐震改修工事、簡易耐震改修工事、不燃化建替え又は除却工事については、補強設計助成後の助成申請が可能です
  • 増築を伴う場合には助成の対象とはなりません
  • 共有物である場合は、共有者の同意を得ていること
  • 区分所有である場合は、団体規約により定められた代表者又は過半の合意により選出された代表者であること
  • 区から勧告(耐震性なし)を受けていること

 

【注意事項】

  • 設計者・工事監理者・工事施工者は助成対象者自らが選んでください
  • 助成金の交付申請前に助成対象事業の契約を締結(不燃化建替え、除却工事の場合は建物の除却を含む)してしまうと、助成は受けられません
  • 助成金の支払いは、事業完了後になります。途中で設計や工事を取りやめた場合、助成は受けられません
  • 耐震改修工事以外のリフォームの費用等は助成の対象となりません
  • 耐震改修工事、不燃化耐震改修工事、不燃化建替え、簡易耐震改修工事では、中間検査を実施します。また、検査の結果、工事が適切に行われていない場合、助成金の交付決定を取り消す場合があります
  • その他法令等に違反した場合などは、助成は受けられません

 

不燃化耐震改修工事

【助成金額】

  • 不燃化改修を含めた耐震改修工事費の一部補助(限度額100万円)

 

【対象建築物の要件】

  • 個人が所有する住宅であり、住宅のまま耐震改修工事等行うこと
  • 都市計画道路(事業中に限る)区域外の建築物であること
  • 建築基準法に著しく違反する部分がない建築物であること(不燃化建替えの場合は建替えた建築物の検査済証を取得すること)。なお、助成対象事業完了までに適合させる場合も含みます。(除却工事を除く)
  • 住民税を滞納していないこと
  • 助成は、対象建築物一棟につき1回限りです。ただし、耐震改修工事、簡易耐震改修工事、不燃化建替え又は除却工事については、補強設計助成後の助成申請が可能です
  • 増築を伴う場合には助成の対象とはなりません
  • 共有物である場合は、共有者の同意を得ていること
  • 区分所有である場合は、団体規約により定められた代表者又は過半の合意により選出された代表者であること
  • 区から勧告(耐震性なし)を受けていること

 

【注意事項】

  • 設計者・工事監理者・工事施工者は助成対象者自らが選んでください
  • 助成金の交付申請前に助成対象事業の契約を締結(不燃化建替え、除却工事の場合は建物の除却を含む)してしまうと、助成は受けられません
  • 助成金の支払いは、事業完了後になります。途中で設計や工事を取りやめた場合、助成は受けられません
  • 耐震改修工事以外のリフォームの費用等は助成の対象となりません
  • 耐震改修工事、不燃化耐震改修工事、不燃化建替え、簡易耐震改修工事では、中間検査を実施します。また、検査の結果、工事が適切に行われていない場合、助成金の交付決定を取り消す場合があります
  • その他法令等に違反した場合などは、助成は受けられません
 

不燃化建替え

【助成金額】

  • 建替え工事費の一部補助(限度額100万円)

 

【対象建築物の要件】

  • 個人が所有する住宅であり、住宅のまま耐震改修工事等行うこと
  • 都市計画道路(事業中に限る)区域外の建築物であること
  • 建築基準法に著しく違反する部分がない建築物であること(不燃化建替えの場合は建替えた建築物の検査済証を取得すること)。なお、助成対象事業完了までに適合させる場合も含みます。(除却工事を除く)
  • 住民税を滞納していないこと
  • 助成は、対象建築物一棟につき1回限りです。ただし、耐震改修工事、簡易耐震改修工事、不燃化建替え又は除却工事については、補強設計助成後の助成申請が可能です
  • 増築を伴う場合には助成の対象とはなりません
  • 共有物である場合は、共有者の同意を得ていること
  • 区分所有である場合は、団体規約により定められた代表者又は過半の合意により選出された代表者であること
  • 区から勧告(耐震性なし)を受けていること

 

【注意事項】

  • 設計者・工事監理者・工事施工者は助成対象者自らが選んでください
  • 助成金の交付申請前に助成対象事業の契約を締結(不燃化建替え、除却工事の場合は建物の除却を含む)してしまうと、助成は受けられません
  • 助成金の支払いは、事業完了後になります。途中で設計や工事を取りやめた場合、助成は受けられません
  • 耐震改修工事以外のリフォームの費用等は助成の対象となりません
  • 耐震改修工事、不燃化耐震改修工事、不燃化建替え、簡易耐震改修工事では、中間検査を実施します。また、検査の結果、工事が適切に行われていない場合、助成金の交付決定を取り消す場合があります
  • その他法令等に違反した場合などは、助成は受けられません

簡易耐震改修工事

【助成金額】

  • 1階のみの耐震改修工事費の一部補助(限度額80万円)

 

【対象建築物の要件】

  • 個人が所有する住宅であり、住宅のまま耐震改修工事等行うこと
  • 都市計画道路(事業中に限る)区域外の建築物であること
  • 建築基準法に著しく違反する部分がない建築物であること(不燃化建替えの場合は建替えた建築物の検査済証を取得すること)。なお、助成対象事業完了までに適合させる場合も含みます。(除却工事を除く)
  • 住民税を滞納していないこと
  • 助成は、対象建築物一棟につき1回限りです。ただし、耐震改修工事、簡易耐震改修工事、不燃化建替え又は除却工事については、補強設計助成後の助成申請が可能です
  • 増築を伴う場合には助成の対象とはなりません
  • 共有物である場合は、共有者の同意を得ていること
  • 区分所有である場合は、団体規約により定められた代表者又は過半の合意により選出された代表者であること
  • 区から勧告(耐震性なし)を受けていること

 

【注意事項】

  • 設計者・工事監理者・工事施工者は助成対象者自らが選んでください
  • 助成金の交付申請前に助成対象事業の契約を締結(不燃化建替え、除却工事の場合は建物の除却を含む)してしまうと、助成は受けられません
  • 助成金の支払いは、事業完了後になります。途中で設計や工事を取りやめた場合、助成は受けられません
  • 耐震改修工事以外のリフォームの費用等は助成の対象となりません
  • 耐震改修工事、不燃化耐震改修工事、不燃化建替え、簡易耐震改修工事では、中間検査を実施します。また、検査の結果、工事が適切に行われていない場合、助成金の交付決定を取り消す場合があります
  • その他法令等に違反した場合などは、助成は受けられません

除却工事

【助成金額】

  • 下記のいずれか低い金額(限度額50万円)
  1. 除却工事に要する費用の2分の1の額
  2. 除却工事に係る建築物の延べ面積に1㎡当たりの単価27,000円を乗じて得た額
 

住宅等の耐震改修に対する税の優遇について

昭和56年5月以前の旧耐震基準で建築された住宅等について、耐震改修工事や建替えを行った際には、所得税・法人税や固定資産税などの優遇を受けられる場合があります。

税の優遇の内容、適用条件や申告手続き方法などについては、各税の管轄担当部署にお問い合わせください。

 

全てのお問合せは、直接世田谷区にお願いします。

◆ 耐震助成金の申請窓口・問い合わせ先 

世田谷区役所 防災街づくり担当部 防災街づくり課 耐震促進担当

電話:03-6432-7177

FAX:03-6432-7987

 

◆ 固定資産税・都市計画税に関する問い合わせ先 

世田谷都税事務所

電話:03-3413-7111

 

◆ 所得税に関する問い合わせ先 

所管の税務署にお問い合わせください。

世田谷税務署03-6758-6900

北沢税務署03-3322-3271

玉川税務署03-3700-4131

東京都世田谷区の町名

【世田谷区

赤堤 池尻 宇奈根 梅丘 大蔵 大原 岡本 奥沢 尾山台 粕谷 鎌田 上馬 上北沢 上祖師谷 上野毛 上用賀 北烏山 北沢 喜多見 砧 砧公園 給田 経堂 豪徳寺 駒沢 桜 桜丘 桜上水 桜新町 三軒茶屋 下馬 新町 成城 瀬田 世田谷 祖師谷 代沢 太子堂 代田 玉川 玉川台 玉川田園調布 玉堤 千歳台 弦巻 等々力 中町 野毛 野沢 八幡山 羽根木 東玉川 深沢 船橋 松原 三宿 南烏山 宮坂 用賀 若林

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

(例:2021年10月くらいに完成希望など)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。