リノベーション前から着工、解体、補強、断熱等の施工の中身・注意点やポイント、費用を完全公開

東京都中野区戸建リノベーション施工事例(実例)を徹底解説&完全網羅

東京都中野区はこんな街

中野区 マップ

中野区は23区の西の方に位置し、東は新宿・豊島、西は杉並、南は渋谷、北は練馬の各区に接しています。中野区は、新宿駅からJR中央線で4分の中野駅を中心に、区の南には地下鉄丸ノ内線、北には西武新宿線、都営大江戸線が走り、区内には15の駅があり、区内のどの場所も、住むのにも訪れるにも便利なところです。

中野駅の北口には漫画やアニメなど、サブカルチャーの発信地として知られる「中野ブロードウェイ」があります。サブカルチャーだけでなく、中古の高級時計を扱うお店、鉄道模型のお店など、様々なマニアに支持されるお店が集まっています。地下には飲食店や、鮮魚、精肉、八百屋などのお店も入り、生活に必要なものすべてが揃うショッピングモールです。中野ブロードウェイ東側には個性的な店の多い商店街が広がっています。和食のお店や居酒屋だけでなく、中国、韓国、インド、ネパール、タイ、スペイン、イタリアなど世界中の料理のお店が集まっています。

2013年には、新しい中野の顔「四季の都市(まち)」が誕生しました。緑豊かな中野四季の森公園と、最新オフィスビルの中野セントラルパークがあり、明治大学、帝京平成大学の中野キャンパスや、早稲田大学中野国際コミュニティプラザがあります。公園の緑を眺めながらの食事やティータイムを楽しめるテラス席があるお店も並んでいます。

中野区には、東京都名勝、哲学堂公園があります。哲学堂公園は哲学者で東洋大学の創立者、故・井上円了博士が精神修養の場として作った、世界でも珍しい哲学がテーマの公園です。中にある建物には無尽蔵、宇宙館、絶対城などの名前がつけられていて、いずれにも哲学的な意味が込められています。またハンガリーの著名な彫刻家、ワグナー・ナンドール氏の作品「哲学の庭」も哲学堂公園の南側に設置されています。この哲学堂公園の近くには、1929年に完成した野方配水塔もあります。独特のフォルムの建物で、国の有形文化財に指定されています。

 
中野区 中野ブロードウェイ
中野区 四季の森公園
中野区 四季の森公園

東京都中野区 H様邸

中野区H様邸

工事内容:戸建改築工事

【内部スケルトンリフォーム

                    &リノベーション】

施工地:東京都中野区

家族構成:大人3人+子供1人

家屋形態:木造一戸建て

築年数:築30年

リフォーム部位 :

間取変更/サッシ取替/外壁塗装/断熱/床暖房/べた基礎/サイディング

 

 

【採用機器・設備 】

システムキッチン:

トクラス ベリー L型

システムバス:

LIXIL SOLEO 1620

洗面化粧台:

LIXIL ミズリア

トイレ:

ハイウィルオリジナル

Panasonic アラウーノS2

 

 

価格:約2500万円

東京都中野区 M様邸

中野区M様邸

工事内容:戸建増改築工事

【内外部スケルトンリフォーム

                    &リノベーション】

施工地:東京都中野区

家族構成:大人2人+お子様1人

家屋形態:木造(集合住宅)

築年数:築50年

リフォーム部位 :

ベタ基礎/間取変更/サッシ取替/既存外壁撤去サイディング/制震仕口ダンパー/屋上庭園/断熱

 

 

【採用機器・設備 】

システムキッチン:

クリナップ クリンレディ I型2100

システムバス:

TOTO サザナ 1316サイズ

洗面化粧台:クリナップ

トイレ:Panasonic アラウーノV

 

 

価格:約1600万円

リフォームで使える助成金

耐震や防災・減災、新しい日常などに対応するリフォームを行うとき、お得に使える助成金制度があります。

国や自治体で扱う助成金制度をまとめました!

東京都中野区の耐震リフォーム助成金情報

木造住宅の助成制度

1981年(昭和56年)5月31日以前に建築された、木造で2階建て以下(地階があるものを除く)の住宅についての助成制度です。

 
利用するには各種の条件や申込期限がありますので、ご確認の上お早目にお手続きを行いましょう。

情報は2021年5月現在のものです。

耐震診断

申込みいただくと、耐震診断士を無料でお宅に派遣します。中野区の耐震診断は二段階あり、一段階目の簡易耐震診断では診断士が家の内外を確認し、二段階目の耐震診断時には床下や小屋裏まで詳しく診断いたします。簡易耐震診断の結果により耐震診断を行うかをご検討いただけます。まずは、簡易耐震診断であなたの家の安全性を確かめてみましょう。

 

【申請者の要件】

  • 1981年(昭和56年)5月31日以前に建築されたもの (以降の増築は不可)
  • 一戸建の住宅、長屋又は共同住宅 (兼用住宅を含む)
  • 2階建て以下の木造在来工法(注)(地階があるものを除く)
  • 申請者が該当物件の所有者であること(法人は除く) 

注)在来工法とは、柱・梁・筋交い(柱と柱の間に斜めに入れる材)など、木の「軸」を組み立てて建物を支える日本の伝統的な工法です。

 

【耐震診断の内容】

  • 簡易診断

耐震性に不安のある在来木造住宅を対象とし、図面などを基に行う簡易な耐震診断です。

中野区にお申込みいただくと、区登録の「耐震診断士をお宅に派遣します。診断士が「わが家の耐震診断」を基に簡易診断表を作成します。

注)耐震診断士とは、区による耐震診断に関する講習会を受けた後、区長より耐震診断士認定書の交付を受けた建築士です。

 

  • 耐震診断

建築物の外観・内観だけでなく床下や小屋裏まで詳しく行う耐震診断です。

簡易耐震診断の総合評点が1.0未満の場合にお申込みいただけます。お申込みは簡易診断時にその場で可能です。

耐震診断士が訪問して耐震診断を行い、その後、一般耐震診断報告書・耐震補強工事概算書の作成を行い、内容説明に再度ご訪問いたします。

耐震補強助成

耐震性の不十分な古い木造住宅の耐震補強工事を行う場合の助成制度です。

※助成決定の前に助成対象工事に係る施工契約をしてしまうと助成対象外となりますので、必ず建築課耐震化促進係にて事前相談をしてください。

 

【助成対象経費】

下記の(1)と(2)を比較して少ないほうの額です。(助成金の額ではありませんのでご注意ください。)

(1)耐震補強工事に要する費用

(2)延べ床面積1平方メートル当たり34,100円耐震性の不十分な古い木造住宅の耐震補強工事を行う場合の助成制度です。

※助成決定の前に助成対象工事に係る施工契約をしてしまうと助成対象外となりますので、必ず建築課耐震化促進係にて事前相談をしてください。

 

【助成金額】

  • 助成対象経費の2分の1(上限150万円)

注)1,000円未満の端数が生じた場合は、切り捨てます。

 

【対象建築物の要件】

対象となる住宅は以下のすべての項目を満たす住宅です。

  • 昭和56年(1981年)5月31日以前に建築または増築された木造在来工法2階建て以下の住宅を耐震補強するもの。
  • 中野区の助成制度を利用して行った簡易耐震診断及び耐震診断の上部構造評点が1.0未満であること。

(簡易耐震診断と耐震診断の助成制度については「木造住宅の耐震診断を支援します」をご覧ください)

  • 当該住宅の外壁及び軒裏を地域に応じた防火性能を有する構造に改修すること。
  • 延焼のおそれのある範囲に存在する外壁の開口部は金属製サッシに網入りガラスを入れる等の仕様とすること。
  • 現況において建築基準法における重大な違反があるものについては、耐震補強工事にあわせて違反部分の是正工事を行うこと。
  • 助成交付決定後に耐震補強工事の契約を締結すること
  • 原則として中野区に登録している耐震診断士が工事監理を行い、かつ、区登録の耐震改修施工者が施工すること。

 

【申請者の要件】

対象となる方は、以下の条件をすべて満たす方です。

  • 建物所有者(法人所有の場合は助成対象外となります)
  • 特別区民税及び対象となる住宅の固定資産税を滞納していない方

 

建替え・除却助成

震災時に火災などが発生する危険性が高い地域で、耐震性の不十分な木造住宅を建替え・除却する場合の助成制度です

 

※助成決定の前に助成対象工事に係る施工契約をしてしまうと助成対象外となりますので、必ず建築課耐震化促進係にて事前相談をしてください。建替え助成の場合は助成決定後に解体及び新築工事の契約、除却助成の場合は助成決定後に解体工事の契約をする必要があります。

 

【助成対象経費】

助成対象経費は下記の(1)と(2)を比較して、少ないほうの額です。(助成金の額ではありませんのでご注意ください。)

注)除却の場合は(1)から(3)を比較

 

(1)耐震補強工事に要する費用(耐震診断報告書に添付されている見積書から算出したもの)

(2)延べ面積1平方メートル当たり34,100円

(3)除却に要する費用(本体工事の除却に必要な部分が対象で、ブロック塀等の付属建築物は助成対象外)

 

注)建替えに係る限度額の算定における延べ面積については、既存建物または新築建物のどちらか小さいほうを採用します。

注)除却に要する費用には、消費税は含まれません。

 

【助成金額】

  • 助成対象経費 の3分の2(防火地域以外の場合)(上限250万円)
  • 助成対象経費 の6分の5(防火地域内の場合)(上限400万円)

注)1,000円未満の端数が生じた場合は、切り捨てます。

 

 

【対象建築物の要件】

対象となる住宅は、以下の条件をすべて満たす住宅です

  • 1981年(昭和56年)5月31日以前に建築された木造在来工法2階建て以下の住宅を建替え・除却するもの

注)1981年(昭和56年)6月1日以降に増築をした住宅は対象外です。

  • 中野区の助成制度を利用して行った簡易耐震診断の結果が1.0未満でかつ、耐震診断の結果が上部構造評点1.0未満であること

注)簡易耐震診断と耐震診断の助成制度については、「木造住宅の耐震診断を支援します」をご覧ください

  • 建替え後の住宅が建築基準法に規定する耐火建築物または準耐火建築物であること
  • 道路に面して塀を設置する場合は、生垣または当該塀の高さが40センチメートル以上の部分をフェンスとすること
  • 中野区みどりの保護と育成に関する条例に該当しない敷地は、次式により算出した面積以上の部分を緑化するもの

  敷地面積×(1-建ぺい率)×0.1

注)敷地の全てが防火地域内にある場合を除きます。ただし、敷地が防火地域とその他の地域にまたがる場合は、緑化面積はその他の地域の敷地面積が対象となります。

 

【申請者の要件】

対象となる方は、以下の条件をすべて満たす方です

  • 既存住宅の建物所有者(法人所有の場合は助成対象外となります)
  • 特別区民税及び対象となる住宅の固定資産税を滞納していないこと

 

【対象地域】

整備地域等または防火地域内(注)既存建物(塀及び付属建築物を除く)が防火地域内にかかる場合のみ助成対象となります。

南台一丁目・二丁目・三丁目・四丁目・五丁目1番~23番

弥生町一丁目1番~5番、8番~24番、28番~54番・二丁目1番~4番、15番~19番、31番~40番 44番~52番・三丁目・四丁目

本町二丁目・六丁目

中央 四丁目

中野 一丁目・五丁目

上高田

一丁目・二丁目・三丁目・四丁目47番の一部、48番の一部・五丁目43番の一部(一部の詳細地域についてはお問い合わせください。)

新井 一丁目・二丁目・三丁目・四丁目・五丁目

沼袋 一丁目1番~14番・三丁目・四丁目

野方 一丁目・二丁目・三丁目

大和町 一丁目・二丁目・三丁目・四丁目

若宮 一丁目・二丁目・三丁目

白鷺 一丁目1番~8番・三丁目

鷺宮 一丁目・四丁目

注)整備地域等は、変更される場合があります。詳しくは、建築課耐震化促進係にお問い合わせください。

 

全てのお問合せは、直接中野区にお願いします。

◆ 耐震助成金の申請窓口・問い合わせ先 

中野区役所 都市基盤部 建築課 耐震化促進係

電話:03-3228-5576

 

東京都中野区の町名

【中野区

新井 江古田 江原町 上鷺宮 上高田 鷺宮 白鷺 中央 中野 中野 沼袋 野方 東中野 本町 松が丘 丸山 南台 大和町 弥生町 若宮

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

営業マンはおりませんので、しつこい営業等も一切ございません。

設計会社(建築家様)・同業の建築会社様のご相談につきましては、プランと共にご指定のIw値及びUa値等の性能値の目安もお願い申し上げます。

※現在大変込み合っております。ご提案までに大変お時間がかかっております。ご了承のほどお願い申し上げます。※2021年内、本年度内の着工枠はすでに一杯となりました。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

(例:2021年10月くらいに完成希望など)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

図面や写真等を送信いただく場合、また入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、下記メールアドレスまでご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)

★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。