リノベーション前から着工、解体、補強、断熱等の施工の中身・注意点やポイント、費用を完全公開

東京都葛飾区戸建リノベーション施工事例(実例)を徹底解説&完全網羅

東京都葛飾区はこんな街

葛飾区マップ

葛飾区は、東京の北東部に位置し、荒川、江戸川、中川など河川に囲まれた自然豊かな下町情緒あふれるまちです。

葛飾区は古く、江戸と地方を結ぶ交通の要衝として発展してきました。水戸佐倉街道が通り、その宿場町として栄え、江戸川河川敷には関所が設けられていました。東京の中では下町と呼ばれるエリアが広がり、古い街並みが残っているのが特徴です。

柴又は映画「男はつらいよ」の舞台となり、都内では初の国の重要文化的景観に選定された場所でもあります。亀有は人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台としても有名であり、亀有駅には主人公の銅像も飾られています。

その他にも世界的に有名なサッカー漫画「キャプテン翼」ゆかりの地である立石・四つ木、6月に区の花・花菖蒲が咲き誇る堀切菖蒲園や広大な水郷景観のある水元公園などがあり、国内外から多くの観光客が訪れます。
スカイツリーなどの施設にもアクセスがいいため、人気の高まっている街です。

葛飾区は、東京区内で農業が行われている数少ないエリアでもあります。区内農業者世帯数は170世帯程度、区内にある農地は約37haと東京ドーム球場の約8倍の面積があります。現在では水元や奥戸、高砂地区を中心に農業が続けられています。近年では、小松菜の栽培が主力となっており、その収穫量は都内でもトップクラスです。他にも、エダマメやホウレンソウ、ネギ、キャベツなどが栽培されており、新鮮な野菜が手に入りやすいことも魅力のひとつといえるでしょう。

葛飾区 菖蒲園
葛飾区 帝釈天
葛飾区 亀有

東京都葛飾区 K様邸

葛飾区K様邸

工事内容:戸建改築工事

【内外部スケルトンリフォーム                   
        &リノベーション】

施工地:東京都葛飾区

家族構成:大人2人+賃貸(大人1人~2人想定)

家屋形態:木造

築年数:築60年

リフォーム部位 :戸建スケルトンリフォーム

 

【採用機器・設備 】

システムバス:
TOTOサザナHSシリーズSタイプ 1612 

洗面化粧台:
LIXIL ピアラ 間口600

トイレ:ハイウィル オリジナル 

 

価格:非公開

東京都葛飾区 K様邸

葛飾区K様邸

工事内容:戸建改築工事

【内外部スケルトンリフォーム                   

        &リノベーション】

施工地:東京都葛飾区

家族構成:大人2人

家屋形態:木造

築年数:築59年

リフォーム部位 :減築/間取り変更/断熱サッシ取替/裏打ち工法/グラスウール/水まわり一式/屋根葺き替え

 

【採用機器・設備 】

システムバス:
LIXIL アライズ 1216サイズ 

キッチン:
LIXIL シエラI型 1650サイズ

トイレ:ハイウィル オリジナル 

 

価格:1,530万円

東京都葛飾区 H様邸

葛飾区H様邸

工事内容:戸建改築工事

【内外部スケルトンリフォーム                   

        &リノベーション】

施工地:東京都葛飾区

家族構成:大人3人 子供1人

家屋形態:木造

築年数:築40年

リフォーム部位 :ベタ基礎/間取変更/断熱サッシ取替/外壁サイディング/断熱工事/耐震等級3/外構

 

【採用機器・設備 】

システムバス:
LIXIL アライズ 1620サイズ 

キッチン:
タカラ リフィット

洗面:
タカラ オンディーヌ

トイレ:
ハイウィル オリジナル 

 

価格:3,950万円

リフォームで使える助成金

耐震や防災・減災、新しい日常などに対応するリフォームを行うとき、お得に使える助成金制度があります。

国や自治体で扱う助成金制度をまとめました!

東京都葛飾区の耐震リフォーム助成金情報

木造住宅の耐震促進事業

葛飾区では、地震による住宅の被害を軽減し、震災時の活動拠点や避難路を確保するため、無料で耐震診断士を派遣し、改修設計・耐震改修・建替え・除却(解体)にかかる費用の一部を助成します。


利用するには各種の条件や申込期限がありますので、ご確認の上お早目にお手続きを行いましょう。

情報は2021年4月現在のものです。

木造住宅耐震診断(区からの無料派遣)

 耐震診断とは、住宅や建物が大規模の地震(震度6強程度)によって、人命に危害を及ぼす被害を生じる可能性の有無や程度を確認するものです。

【対象建築物の要件】

以下のすべてを満たす建築物

  • 葛飾区内にあること
  • 木造2階建て以下であること(助成対象は、在来軸組工法のみとなります)
  • 主要用途が住宅、長屋及び共同住宅であること 店舗等併用住宅の場合は、住宅部分の面積が3分の1以上あること
  • 過去に同じ要綱上の助成金を受けていないこと

 

木造住宅耐震改修設計助成

 耐震診断の結果、「耐震性が不足している(構造評点が1.0未満)」と判定された建築物を、「一応倒壊しない(構造評点1.0以上)」に改善するためには、どこを補強したらよいか設計するものです。

注)耐震改修を行う場合のみ、耐震改修設計助成が受けられます。

 

【助成金額】

  • 耐震改修設計にかかる費用の3分の2(助成限度額20万円) 

 

【対象建築物の要件】

以下の全てを満たす建築物

  • 葛飾区内にあること
  • 木造2階建て以下であること(助成対象は、在来軸組工法のみとなります)
  • 主要用途が住宅、長屋及び共同住宅であること 店舗等併用住宅の場合は、住宅部分の面積が3分の1以上あること
  • 過去に同じ要綱上の助成金を受けていないこと
  • 昭和56年(1981年)5月31日以前に建築されたものであること
  • 耐震診断の結果、構造評点1.0未満であること
  • 建築物から敷地(道路)境界線までの距離について、4m(平屋建て2m)より狭い部分があること
  • 敷地が建築基準法の道路等に2m以上接していること
  • 道路整備・区画整理・密集事業など都市計画事業による補償を受けていないこと(切取り補償の場合、助成対象となる場合があります)

木造住宅耐震改修工事助成

 上記の耐震改修設計の内容に沿って改修する工事です。

 

【助成金額】

  • 耐震改修工事にかかる費用の3分の2(助成限度額160万円)

 

【対象建築物の要件】

以下の全てを満たす建築物

  • 葛飾区内にあること
  • 木造2階建て以下であること(助成対象は、在来軸組工法のみとなります)
  • 主要用途が住宅、長屋及び共同住宅であること 店舗等併用住宅の場合は、住宅部分の面積が3分の1以上あること
  • 過去に同じ要綱上の助成金を受けていないこと
  • 昭和56年(1981年)5月31日以前に建築されたものであること
  • 耐震診断の結果、構造評点1.0未満であること
  • 建築物から敷地(道路)境界線までの距離について、4m(平屋建て2m)より狭い部分があること
  • 敷地が建築基準法の道路等に2m以上接していること
  • 道路整備・区画整理・密集事業など都市計画事業による補償を受けていないこと(切取り補償の場合、助成対象となる場合があります)

 

■ 木造住宅耐震改修工事助成(建替え

 耐震診断の結果、「耐震性が不足している(構造評点が1.0未満)」と判定された建築物を除却するとともに、当該建物の敷地等に建物を新たに耐火建築物等又は準耐火建築物等に建替える工事です。

注)除去工事助成との併用はできません

 

【助成金額】

  • 耐震改修概算見積額(耐震診断時に算定)、建て替え工事にかかる費用いずれか低い金額の3分の2(助成限度額160万円 不燃化特区内※200万円)

 

【対象建築物の要件】

以下のすべてを満たす建築物

  • 葛飾区内にあること
  • 木造2階建て以下であること(助成対象は、在来軸組工法のみとなります)
  • 主要用途が住宅、長屋及び共同住宅であること 店舗等併用住宅の場合は、住宅部分の面積が3分の1以上あること
  • 過去に同じ要綱上の助成金を受けていないこと
  • 昭和56年(1981年)5月31日以前に建築されたものであること
  • 耐震診断の結果、構造評点1.0未満であること
  • 建築物から敷地(道路)境界線までの距離について、4m(平屋建て2m)より狭い部分があること
  • 敷地が建築基準法の道路等に2m以上接していること
  • 道路整備・区画整理・密集事業など都市計画事業による補償を受けていないこと(切取り補償の場合、助成対象となる場合があります)

 

■ 木造住宅耐震改修工事助成 除却(解体)

 耐震診断の結果、「耐震性が不足している(構造評点が1.0未満)」と判定された建築物を取り壊す(更地にするものに限る)工事です。

注)建替え工事との併用はできません。

 

【助成金額】

  • 耐震改修概算見積額(耐震診断時に算定)、建替え工事にかかる費用いずれか低い金額の2分の1(助成限度額50万円 
    不燃化特区内※100万円)

 ※不燃化特区内とは、四つ木1・2丁目、東四つ木3・4丁目、東立石4丁目、堀切1~4丁目の一部が該当します。

 

【対象建築物の要件】

以下のすべてを満たす建築物

  • 葛飾区内にあること
  • 木造2階建て以下であること(助成対象は、在来軸組工法のみとなります)
  • 主要用途が住宅、長屋及び共同住宅であること 店舗等併用住宅の場合は、住宅部分の面積が3分の1以上あること
  • 過去に同じ要綱上の助成金を受けていないこと
  • 昭和56年(1981年)5月31日以前に建築されたものであること
  • 耐震診断の結果、構造評点1.0未満であること
  • 建築物から敷地(道路)境界線までの距離について、4m(平屋建て2m)より狭い部分があること
  • 道路整備・区画整理・密集事業など都市計画事業による補償を受けていないこと(切取り補償の場合、助成対象となる場合があります)

 

耐震シェルター等設置

  耐震改修ができない場合に、家屋が倒壊しても一定の空間を確保することで命を守る装置として「耐震シェルター」や「耐震ベッド」があります。
このうち、東京都が選定したものについて、家屋の1階に設置する費用の一部を助成しています。 

注)区の承認前に契約を行うと助成対象となりませんのでご注意ください。

 

【助成対象者】

  • 助成対象者が65歳以上の方、又は同居する方
  • 助成対象者が身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)第5号の1級から4級の方、又は同居する方

 


全てのお問合せは、直接葛飾区にお願いします。

◆ 耐震助成金の申請窓口・問い合わせ先 

葛飾区役所 建築課 建築安全係

電話:03-5654-8552

FAX:03-3697-1660

 

東京都葛飾区の町名

【葛飾区

青戸 奥戸 お花茶屋 金町 金町浄水場 鎌倉 亀有 小菅 柴又 白鳥 新小岩 高砂 宝町 立石 新宿 西亀有 西新小岩 西水元 東金町 東新小岩 東立石 東堀切 東水元 東四つ木 細田 堀切 水元 水元公園 南水元 四つ木

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

営業マンはおりませんので、しつこい営業等も一切ございません。

設計会社(建築家様)・同業の建築会社様のご相談につきましては、プランと共にご指定のIw値及びUa値等の性能値の目安もお願い申し上げます。

※現在大変込み合っております。ご提案までに大変お時間がかかっております。ご了承のほどお願い申し上げます。※2021年内、本年度内の着工枠はすでに一杯となりました。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

(例:2021年10月くらいに完成希望など)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

図面や写真等を送信いただく場合、また入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、下記メールアドレスまでご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)

★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。