戸建フルリフォームなら「増改築.com®」TOP>>お役立ち情報>フルリフォームの相場は?築年数別の費用を大公開!

更新日:2024.2.15

増改築.com®リフォームお役立ち情報

フルリフォームの相場は?築年数別の費用を大公開 !

一軒家のリフォームの費用相場、予算内に収めるポイント、メリット、注意点を徹底解説!

家をまるごと生まれ変わらせるフルリフォームは、多くの家庭にとって一大プロジェクトです。しかし、その費用は築年数やリフォームの内容によって大きく異なります。一般的に、1000万円から2500万円以上に及ぶこともあり、場合によっては4000万円を超えるケースも存在します。この記事では、フルリフォームの種類とそれぞれの費用について、専門家の立場から詳しくご説明いたします。

フルリフォームには5つのタイプがあり、それぞれの特徴を理解することで、ご自身のニーズに合ったリフォーム計画を立てることが可能になります。どのタイプを選ぶかによって、費用も大きく変わってくるため、本ページを参考に、理想の家づくりに一歩近づいていただければ幸いです。

1. フルリフォームの相場とは

フルリフォームの相場を知ることは、リフォーム計画を立てる上で非常に重要です。相場は様々な要因によって変動します。例えば、使用する材料の種類や価格、工事の規模と内容、そして地域による価格の違いが挙げられます。

さらに、築年数によってもフルリフォームの相場は異なります。20年未満の建物、20年以上の建物、40年以上の物件など、それぞれの状態によって必要な工事内容や費用が異なることがあります。

フルリフォームの費用を抑えるためには、効率的なプランニングが重要です。複数の見積もりを取ることも大切です。また、リフォーム前にはリフォームの目的を明確にし、専門家と相談すること、そしてリフォーム許可や法的制約を確認することも忘れてはいけません。

フルリフォームの流れやスケジュールも把握しておくことで、計画的に進めることができます。プロジェクト計画の立案から見積もりと契約、工事の実施と完成までのプロセスをしっかりと把握しましょう。

最後に、フルリフォームに関するよくある質問や回答も知っておくことで、不安や疑問を解消することができます。フルリフォームの相場を知ることは、賢いリフォーム計画を立てる上で大きな価値があります。計画的に進めて、理想のリフォームを実珵しましょう。

 

フルリフォームの相場を理解する重要性

戸建てのフルリフォームを検討する際、その相場を理解することは非常に重要です。フルリフォームには、簡易的な改修から、家全体の構造や設備を根本から変える大規模なものまで、幅広いタイプが存在します。こうしたリフォームの種類によって、費用も大きく異なり、500万円から2500万円以上、場合によっては4000万円を超えることもあります。このため、リフォームを成功させるためには、事前の情報収集と専門家との相談が欠かせません。

フルリフォームのタイプには、大きく分けて5つのカテゴリーがあります。それぞれのタイプによって、リフォームにかかる費用も変わってきます。ここでは、それぞれのタイプごとに、どのような特徴があり、どれくらいの費用が想定されるのかについて解説します。

 

  1.  簡易リフォーム
    これは、壁紙の張り替えやフローリングの修繕など、比較的小規模な改修に焦点を当てたリフォームです。費用は500万円未満から始まりますが、これはリフォームの範囲に大きく依存します。
  2. 機能更新リフォーム
    キッチンやバスルームなど、特定の機能を更新するためのリフォームです。このタイプでは、既存の設備を最新のものに交換し、快適性や利便性を高めます。室内の改装フルリフォームです。費用は500万円から1000万円程度が目安となります。
  3. 改装フルリフォーム
    家全体のデザインを一新するためのリフォームで、内装だけでなく外装の改修も含まれます。このタイプでは、住まいの見た目を根本から変えることができます。費用は1000万円から2000万円程度が一般的です。
  4. 構造改修リフォーム
    構造や間取りを変更する大規模なリフォームです。耐震性の向上や利用空間の最適化を目的としています。このタイプのリフォームは、特に費用が高くなりがちで、2000万円から3000万円以上が目安です。
  5. フルスケルトンリフォーム
    家全体を根本から見直し、全面的にリフォームする最も大規模なタイプです。構造改修に加え、設備の更新やデザインの一新など、あらゆる改修が含まれます。費用は2500万円以上が一般的で、最も高価なものでは4000万円を超えることもあります。

 

リフォームを進めるにあたっては、自身のニーズと予算を明確にし、専門家と十分なコミュニケーションを取ることが重要です。また、複数の業者から見積もりを取り、内容を比較検討することで、最適なリフォームプランを立てることができます。

 

フルリフォームでの相場が変動する主な要因

戸建てフルリフォームを検討する際、多くの方が気になるのがその相場です。フルリフォームの費用は、家全体をどこまでリフォームするかによって大きく変わってきます。ここでは、フルリフォームの種類やタイプに応じた相場について、プロフェッショナルな視点から解説いたします。

フルリフォームには、大きく分けて5つのタイプが存在します。これらはすべて家全体のリフォームを意味しますが、具体的にどのような作業を行うかによって、必要な費用が異なります。例えば、内装のみのリニューアルから、構造的な改修を伴う大掛かりなものまで、フルリフォームの範囲は広いです。それに伴い、費用も500万円から2500万円以上と幅広く、場合によっては4000万円を超えることもあります。

相場がこれほどまでに変動する主な要因として、使用する材料の種類と価格が挙げられます。高品質な材料を選ぶほど、その分費用は高くなります。また、工事の規模や内容によっても費用は大きく変わります。複雑で手間のかかる工事ほど、それに比例して高額になる傾向があります。

さらに、地域差も相場に影響を与える要素の一つです。都心部と郊外では、施工業者の人件費や物流コストが異なり、これが価格差に繋がります。最近の事例としては、コロナウイルス感染症の流行やウクライナとロシアの戦争が供給側の物流に影響を与え、材料の高騰を招いたケースがあります。

このように、フルリフォームの相場は多岐にわたる要因によって変動します。そのため、自分が希望するフルリフォームがどのタイプに該当するのかを理解し、それぞれの特性を踏まえた上で、適切な予算計画を立てることが重要です。プロフェッショナルとしてのアドバイスとしては、複数の施工業者から見積もりを取り、それぞれの提案内容を比較検討することをお勧めします。また、予期せぬ追加費用に備えて、予算には余裕を持たせておくことも大切です。フルリフォームは、家の快適性や価値を大きく向上させる投資です。そのためにも、正確な相場理解と慎重な計画が不可欠となります。

2. 築年数別のフルリフォーム相場

戸建て住宅のフルリフォームにおける相場は、その築年数やリフォームの範囲によって大きく変動します。本稿では、築年数別のフルリフォーム相場と、その要因について詳細に解説いたします。

 

  1. 築10年未満
    築10年未満の場合、基本的な設備や内装の更新が主なリフォーム内容となります。築浅の建物ではありますが、最新の設備やデザインへの更新を求める声が多く、これが相場を高める一因となっています。構造的な問題は比較的少ないものの、新しい技術やトレンドを取り入れたリフォームが求められるため、相場は高めに設定されます。本格的な断熱改修を想定する場合は高額な費用がかかります。
  2. 築20年以上
    築20年を超えると、物件の劣化が顕著になり始め、特に水回りや外壁などのリフォームが必要となります。劣化の進行により、リフォームの必要性が高まるため、相場も上昇します。築年数が進むにつれて、設備の更新だけでなく、構造的な改修も必要になることがあり、これが相場を押し上げる要因となります。
  3. 築30年以上
    築30年以上の物件では、新耐震基準への対応や金物のルール化がされていない時代の建物も多く、耐震性の向上を目的としたリフォームが必要となります。これには、N値算定を含む詳細な計画が必要となり、相場を高める大きな要因となります。
  4. 築40年以上
    40年以上経過した建物に関しては、旧耐震基準に基づいて建築された物件が多く、耐震補強が不可欠です。特に、無筋基礎の建物は、基礎補強を含む大規模なリフォームが必要となり、これが相場を大きく左右します。

 

フルリフォームの相場を理解するには、リフォームを行う物件の築年数や、リフォームの範囲を把握することが重要です。築年数が浅い物件では設備の更新が中心となりますが、築年数が進むにつれて、構造的な改修や耐震補強が必要となる場合があります。これらの要因が相場に大きく影響を与えるため、フルリフォームを検討する際は、専門家と相談しながら、計画を立てることが望ましいでしょう。

 

築20年未満の建物を対象としたフルリフォームの相場ガイド

戸建てフルリフォームを検討される際、費用の相場を知ることは非常に重要です。フルリフォームと一言で申し上げますと、家全体を根本から見直し、新しい生活空間を作り出すことを指します。しかし、その範囲と内容は多岐にわたり、それに伴い費用も大きく変動いたします。

築20年未満の建物におけるフルリフォームでは、内装の刷新から構造的な改修に至るまで、幅広い工事が考えられます。特に、断熱性能の向上を図る場合、費用は500万円から始まり、2500万円を超えることも少なくありません。これは、築浅の建物であっても、元々の断熱性が低いため、本格的な改善を求めると高額になることが原因です。

フルリフォームの種類としては、キッチンやバスルームのリノベーションから、家全体の構造を変える大規模な改修まで、様々なプロジェクトが存在します。例えば、キッチンやバスルームのみのリフォームであれば、費用は比較的抑えられますが、家全体の構造変更を伴う場合は、費用が大幅に上昇します。

このように、フルリフォームの内容によって費用が大きく変わるため、事前にしっかりと計画を立て、どのようなリフォームを望むのかを明確にすることが重要です。また、専門家と相談し、自宅の現状や家族のニーズに合わせた最適なプランを選ぶことが、満足のいくリフォームを実現するための鍵となります。

戸建てフルリフォームを成功させるためには、費用の相場だけでなく、自分たちのライフスタイルに合ったリフォーム内容を選択することが大切です。専門家との相談を通じて、理想の住まいづくりを実現しましょう。

 

築20年以上の建物を対象としたフルリフォームの相場ガイド

戸建て住宅のフルリフォームを成功させるためには、多くの要素を考慮する必要があります。その中でも、特に重要なのが建物の耐震性を確認し、必要に応じて強化することです。築年数が20年から30年の建物は、新耐震基準に基づいて建設されているものの、現在の基準と比較すると、耐震性に関して改善すべき点が存在します。

現行の耐震基準では、基礎の構造形式、壁の配置バランス、使用する金物の具体的指定など、耐震性を高めるための詳細な規定が設けられています。しかし、築20年以上の建物の多くは、これらの規定がない時代に建てられたため、耐震性に不安を抱えている場合が少なくありません。特に、壁の配置や金物の使用に不備があると、構造体の接合部が不安定になり、地震時の安全性が低下する恐れがあります。

耐震補強は、フルリフォームの際に特に注意を要する領域です。現代の技術を駆使し、ホールダウン金物を用いて基礎と柱をしっかりと固定すること、耐力壁の配置を最適化することなどが求められます。これにより、建物全体の耐震性を向上させることができます。

フルリフォームの相場に関しては、耐震補強を含む全面的なリフォームの場合、500万円から2500万円以上と大きな幅があります。リフォームの内容や規模によっては、4000万円を超えるケースもあり得ます。フルリフォームにはさまざまなタイプが存在し、それぞれのニーズに合わせたリフォームが可能です。耐震補強を含むフルリフォームを検討する際には、専門家との十分な打ち合わせを通じて、安全性を最優先に考慮しつつ、理想とする住まいを実現させることが大切です。

フルリフォームを行うにあたり、耐震性の確認と強化は避けて通れない課題です。安全で安心して暮らせる住まいを目指し、専門家の知識と経験を活かしたリフォーム計画を立てることが肝心です。

 

築40年以上の建物を対象としたフルリフォームの相場ガイド

 戸建て住宅のフルリフォームは、家全体をまるごとリニューアルする大規模な工事です。特に築年数が40年から50年の建物では、耐震性の向上が重要なポイントとなります。1981年(昭和56年)に大改正された新耐震基準の導入以前に建てられた建物は、現在の基準に比べて耐力壁が不足しているケースがほとんどです。このような建物をリノベーションやフルリフォームする際には、耐震性の確保が欠かせません。

フルリフォームの相場は、その内容によって大きく異なります。単に内装を新しくするだけの場合と、耐震補強を含む大規模な改修を行う場合では、必要な費用は天と地ほどの差があると言えるでしょう。具体的には、500万円から2500万円以上が相場とされていますが、耐震補強を含む場合には4000万円を超えることも少なくありません。

フルリフォームには、様々なタイプが存在します。例えば、内装のみを新しくするタイプ、設備を一新するタイプ、または耐震補強を含む全面的なリフォームなどがあります。それぞれのタイプによって、工事に必要な費用は異なります。耐震補強を行う場合には、耐力壁の増加や基礎の補強など、専門的な知識が必要となる作業が多くなります。これらの作業は、安全性を高めるために非常に重要であり、その分コストも高くなる傾向にあります。

築年数が40年から50年の建物のフルリフォームを考える際には、耐震診断を行うことが推奨されます。耐震診断を通じて、建物の現状を正確に把握し、必要な補強方法を検討することが大切です。東京都が公表したデータによると、旧耐震基準の建物では大地震が発生した場合、大きな被害が発生する可能性が高いことが示されています。そのため、フルリフォームを行う際には、耐震性の向上を最優先に考慮することが求められます。

 

フルリフォームを成功させるためには、専門的な知識を持つプロフェッショナルの意見を参考にすることが重要です。耐震性の向上だけでなく、住みやすさや機能性の向上も目指しながら、総合的な視点でリフォーム計画を立てることが望ましいでしょう。

3. フルリフォームの費用を抑えるコツ

戸建てのフルリフォームを検討されている方にとって、費用は最も気になるポイントの一つでしょう。フルリフォームの相場は、プロジェクトの規模や選択するリフォームのタイプによって大きく異なります。本記事では、フルリフォームの費用を抑えるための効果的なプランニングに焦点を当て、そのコツを解説していきます。

まず、フルリフォームと一言で言っても、その範囲は非常に広く、内装のみの更新から、スケルトンリフォーム、さらには構造自体の変更に至るまで様々です。スケルトンリフォームでは、基本的に建物の骨組みだけを残し、内部の間取りや機能を一新することが可能です。この際、間取りを自由に設計できるため、住まいの使い勝手を大きく向上させることができます。

しかし、スケルトンリフォームを選択する場合、外壁の解体や窓の移動など、解体範囲によって費用が大きく変動する点に注意が必要です。これらの作業は、フルリフォームの中でも特に高額な部分になり得るため、計画段階でしっかりと検討することが重要です。

フルリフォームの相場については、500万円から2500万円以上と非常に幅が広いですが、プロジェクトの内容によっては4000万円を超えることもあります。このように幅広い相場が存在するため、自分たちが何を求めているのか、どの程度のリフォームを希望しているのかを明確にすることが、費用を抑える上での第一歩となります。

具体的には、リフォーム前に専門家としっかりと相談を行い、必要な工事とそうでない工事を見極めることが大切です。また、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することも、コストを抑える上で有効な手段の一つです。

フルリフォームを成功させるためには、効果的なプランニングが不可欠です。自分たちの理想とする住まいを実現するためにも、専門家の意見を参考にしながら、賢く計画を立てていきましょう。

 

効率的なプランニングの重要性

戸建てフルリフォームにおける相場を把握することは、家を新しくする上で非常に重要な点です。多くの方が、リフォームにかかる費用についての正確な情報を求めています。フルリフォームの相場は、リフォームを行う家の状態や、どの程度のリフォームを行うかによって大きく異なります。ここでは、フルリフォームの相場について、その種類やタイプごとの費用を詳しく解説していきます。

フルリフォームには、大きく分けて5つのタイプが存在します。これらはすべて家全体のリフォームを指し、それぞれの特徴と相場について見ていきましょう。

 

  1. 基本的なフルリフォーム
    最も一般的なタイプで、壁紙の張り替えや床材の交換、キッチンやバスルームなどの水回りのリフォームを含みます。このタイプのフルリフォームは、おおよそ500万円から1000万円の範囲で行われることが多いです。
  2. 機能的リフォーム
     耐震補強や断熱材の追加、設備の最新化など、住み心地の向上と省エネルギーを目的としたリフォームです。費用は1000万円から1500万円程度が相場となります。
  3. デザインリフォーム
    内装だけでなく、外観も含めた大規模なデザイン変更を伴うリフォーム。高級素材の使用やオーダーメイドの家具などを取り入れることもあります。相場は1500万円から2500万円程度です。
  4. 内部スケルトンリフォーム
    建物の基本構造を残し、内部を完全に作り変えるリフォーム。間取りの変更や新たな機能の追加も可能です。このタイプのリフォームは、2000万円から3000万円の費用がかかることが一般的です。
  5. フルスケルトンリフォーム
    建物自体の大規模な改修を含む、最も広範囲なリフォーム。耐震補強や外壁の全面改修、屋根の葺き替えなども行います。このタイプのリフォームは、2500万円以上、場合によっては4000万円を超えることもあります。

 

リフォームの相場を把握するには、まずリフォームの目的を明確にし、どの範囲まで手を加えるかを決めることが重要です。また、複数の業者から見積もりを取り、内容を比較検討することも、費用を抑えるための一つの方法となります。フルリフォームは、家全体を見直し、より快適な住空間を実現する大きなチャンスです。計画的に、そして賢くリフォームを進めていきましょう。

 

フルリフォームの相場を把握するために、大手業者から見積もりを取る重要性

戸建てのフルリフォームを検討されている方々にとって、その相場を把握することは計画を立てる上で非常に重要な要素となります。フルリフォームにはさまざまな種類があり、それぞれに必要な費用も大きく異なるため、事前にしっかりと情報を集めることが求められます。

フルリフォームの相場を知る最良の方法の一つとして、大手リフォーム会社から見積もりを取ることが挙げられます。大手業者は豊富な経験と実績を持ち、多様なニーズに応えることが可能です。そのため、彼らが提案するプランや見積もりは、フルリフォームの相場を把握する上で貴重な情報源となり得ます。

見積もりを取る際、重要なのは、提案される工事の範囲や内容を詳細に確認することです。フルリフォームには、外壁や屋根の修繕から、内装の全面改装、さらには設備の更新まで、家全体にわたる幅広い工事が含まれます。それぞれの工事内容によって費用は大きく変動し、結果として全体の相場にも影響を与えるため、自分たちが望むリフォームの範囲が見積もりに含まれているかを確認することが欠かせません。

また、フルリフォームの費用は、500万円から2500万円以上と非常に幅広く、さらには4000万円を超えるケースもあります。これは、リフォームの規模や選択する材料、設備のグレードによって大きく変わってくるためです。フルリフォームには5つのタイプが存在し、それぞれで求められる工事内容と費用が異なります。そのため、自分たちがどのタイプのフルリフォームを希望しているのかを明確にし、それに適した見積もりを業者に依頼することが重要となります。

大手リフォーム会社から見積もりを取ることで、フルリフォームの相場感を掴むことができるだけでなく、提案されるプランを比較検討することで、自分たちにとって最適なリフォームプランを見つけ出すことが可能となります。フルリフォームを成功させるためには、事前の準備が非常に重要です。適切な情報収集と慎重な計画立てにより、理想の家づくりを実現しましょう。

 

4. フルリフォームの相場に影響する要素

戸建てフルリフォームを検討する際、その相場を理解することは計画を進める上で非常に重要です。

フルリフォームと一言で言っても、実際にはその範囲や内容によって費用は大きく異なります。本稿では、フルリフォームの相場に影響を与える要素について、専門家の視点から解説を行います。

 

【材料の種類と価格】

フルリフォームにおける最も基本的な要素の一つが、使用する材料です。例えば、床材に天然木を使用するか、合成材料を選択するかによっても費用は大きく変わります。高品質な材料ほど価格は上昇し、それが全体のコストに直結します。

 

【工事の規模と内容】

リフォームの範囲が広ければ広いほど、また、工事の内容が複雑であればあるほど、必要とされる予算は増加します。キッチンやバスルームのような水回りのリフォームは、リビングや寝室のリフォームに比べて高額になる傾向があります。

 

【地域性】

フルリフォームの相場は、地域によっても変動します。都市部では人件費や材料費が高く、地方に比べて全体的なリフォーム費用が上昇することが一般的です。また、地域によっては特有の建築基準があり、それに適応するための追加費用が発生する場合もあります。

 

【フルリフォームのタイプ】

フルリフォームには、大きく分けて5つのタイプが存在します。これらは、家全体のリフォームを指しますが、その内容によって費用は大きく異なります。

  1. 基本的なフルリフォーム:既存の構造を活かしつつ、内装や設備の更新を行います。
  2. 機能的フルリフォーム:耐震性の向上やエネルギー効率の改善など、機能面を重視したリフォームです。
  3. 改装フルリフォーム:外観や内装のデザインを一新し、住まいの雰囲気を大きく変えるタイプです。
  4. 増築リフォーム:家族構成の変化に伴い、部屋を増やしたり、リビングを広げたりするリフォームです。
  5. フルスケルトンリフォーム:建物の基礎から見直し、ほぼ新築に近い状態にするリフォームです。

これらのタイプによって、費用は500万円から2500万円以上と大きく変わり、場合によっては4000万円を超えることもあります。したがって、フルリフォームを検討する際には、どのタイプのリフォームを希望しているのかを明確にし、それに見合った予算を考慮することが必要です。

 

フルリフォームの計画を立てる際には、これらの要素を総合的に考慮し、専門家と相談しながら、最適なプランを選択することが大切です。適切な計画と予算の管理により、理想の住まいへと導くフルリフォームを実現できるでしょう。

 

工事の規模と内容

戸建てフルリフォームを検討する際、多くの家庭が最初に直面するのが「費用」の問題です。フルリフォームの相場は、工事の規模や内容、使用する素材や設備、さらには地域によっても大きく異なります。本記事では、フルリフォームにおける様々なタイプとそれぞれの相場について、専門家の視点から詳しく解説いたします。

フルリフォームには大きく分けて5つのタイプが存在します。それぞれのタイプによって、工事の内容や必要となる予算が変わってきます。具体的には、以下のようなタイプがあります。

 

  1. 基本的なリフォーム
    キッチンやバスルームの更新、壁紙の張り替えなど、最も一般的なリフォーム作業を含みます。このタイプの相場は、500万円から1000万円程度が目安となります。
  2. 間取り変更を伴うリフォーム
    家族構成の変化に合わせて間取りを変更する場合、構造的な変更も伴うため、費用が上昇します。相場は1000万円から1500万円程度です。
  3. エコリフォーム
    断熱材の追加や太陽光パネルの設置など、エネルギー効率の向上を目指したリフォームです。1500万円から2000万円程度の予算が必要です。
  4. 機能性リフォーム
    高級素材の使用や最先端の設備導入を伴うリフォームで、2500万円以上の予算が考えられます。
  5. フルスケルトンリフォーム
    家全体を根本から見直し、大幅な改修を行う最も包括的なリフォーム。このタイプでは、4000万円を超える費用がかかることもあります。

 

以上のように、フルリフォームの相場は、リフォームの規模や内容、使用する素材や設備によって大きく変動します。また、都心部や人気エリアでは、同じ工事内容でも地域によって費用が高くなる傾向にあります。

リフォームを成功させるためには、事前にしっかりと計画を立て、専門家と相談しながら、自分の予算に合った最適なリフォームプランを選択することが重要です。フルリフォームを検討している方は、この記事を参考に、納得のいくリフォーム計画を立ててください。

 

建て替えのほうが安上がりという可能性も

大がかりなリフォームが必要な場合に、耐震性能を高めておく必要があり、費用が高額になってしまうことがあります。

旧家屋の間取りを現代風の間取りに変更するような場合、建物の構造によっては耐震補強しなければならないような可能性もあります。

そのため、リフォーム前には家屋の調査が行われるのですが、実際に解体しない事には分からないこともあるのです

大がかりな工事において、耐震補強が必要になる可能性があるのであれば、建て替えも視野に入れて、リフォーム会社と打ち合わせを行うといいでしょう。

 

工事規模によっては一時的に転居する必要も

大がかりな工事が必要となるリフォームであれば、一時的に転居が必要になることもあります。

場合によっては3か月から6か月程度の工事期間が必要となることもあり、その間、移り住む住宅を見つけなければなりません。

当然ながら、転居のための費用が必要になりますし、工事期間中の家賃の負担も考えておかねばならないのです。

 

5. フルリフォームによくある質問と回答

フルリフォームの相場についてよくある質問と回答をまとめました。

フルリフォームの相場はどれくらいですか?

フルリフォームの相場は500万円から2500万円以上と幅広いです。時には4000万円を超えることもあります。

フルリフォームにかかる時間は?

フルリフォームにかかる時間は、工事の規模や内容によって異なりますが、通常は数ヶ月から半年程度が一般的です。

 リフォーム中の生活はどうなる?

リフォーム中は一時的に生活の場所が制限されることがありますが、事前の計画や工事の段取りがしっかりしていれば、快適に過ごすことができます。

リフォーム後のメンテナンスについて

リフォーム後のメンテナンスは定期的な清掃や点検が重要です。また、専門家に定期的な点検を依頼することで、長く快適に住み続けることができます。

工事途中で追加費用が必要になることはありますか?

入念な事前調査のうえ工事に入りますが、場合によっては追加工事が発生することもあります

リフォーム工事は、十分な事前調査を行ってうえで工事に入ります。

ただ、確認できない部分などの状況においては、実際に解体してみてはじめて確認できる箇所もあります。そのため、施工内容をはじめとして、工事費用、工期など、変更が生じてしまうこともあります。

もちろん事前の現場調査では、できる限り追加費用が発生しないように入念な調査を行うようにし、追加費用が発生する可能性がある場合にはその内容についても工事前にご相談させていただいております。

住みながらのリフォーム工事は可能ですか?

簡易的な工事であれば可能です

住みながらでも簡易的な工事であれば、リフォーム工事を行うことは可能です。

ただ大幅な工事になる場合には、どうしても音やホコリなどがストレスになってしまうこともあります。そのような場合においては、一時的な転居をおすすめすることもあります。

一時的な転居によって工事に集中することができますので、コストを抑えることや工期を短縮することができることもあります。

築100年を超えるような家ですがリフォーム出来ますか?

ご提案できます

わが国にはまだまだ築100年を超える一軒家はたくさん存在します。そのため築100年を超えるような旧家における快適なくらしづくりのご提案も手がけています。

代々受け継いできた大切な箇所を十分に活かしながら、機能を高め快適な暮らしを実現できるような提案に努めています。

 

リフォームの相談には費用は必要ですか?

無料です

無料でお受けしています。

リフォームの担当者がお客様のご要望やご予算をうかがい、お住いの状況を踏まえて最適なご提案を行っています。

またイベントやショールームなどへのご案内もいたしております。

 

リフォームでできないことはありますか?

耐震性の問題やお住まいの地域の法規制によってはできないこともあります

一軒家住宅では、間取りの変更や増築など、かなり大幅な工事も可能となっていますが、耐震性の問題やお住まいの地域の法規制によってはできないこともあります。

いずれにおいても、当社のスタッフが調査を行ったうえでお客様の最適なプランをご提案させていただいております。

気になることやご要望などがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

手抜き工事が心配です…

弊社のリフォーム工事は事前のご説明だけでなく、着工中の進捗も確認しながら進めます

弊社のリフォーム工事は、まず入念な現場調査を行ったうえで、詳細なお見積りを行い、お客様に対して丁寧にご説明させていただいております。

また、工事開始後も、定期的に進捗状況を詳しくご説明し、気になる点についてはお客様に確認しながら工事を進めております。

 

リフォーム工事期間は、どの位かかるのでしょうか?

工事内容によりますが、着工前にスケジュールをご提出させていただきます

リフォーム工事には、設備を入れ替えるだけの小さなものから、壁などを解体するような大規模のまであります。そのため工事期間は一概にどれくらいとお伝えできるものではありませんが、着工前には必ず詳細なスケジュールをご提出させていただいております。

風雨など天候の状況や、工事の進み具合によってはスケジュールが変更になることもありますが、そのような場合においては必ず状況をご説明し、ご相談させていただいたうえで決定させていただきます。

 

昼間は家に誰もいなくなってしまいます…リフォーム工事は可能でしょうか?

お客様の状況に対応させていただきます

カギを預けていただくことや専用の鍵ボックスを活用することによって工事を進めることができます。

工事着工前には必ず工事のスケジュールについてお伝えさせていただきますので、その際にでも状況をお伝えいただければ幸いです。

 

しつこい営業はないでしょうか?

無理な営業は一切いたしません

ご相談やお問い合わせだけでも丁寧に対応させていただき、施工会社の為。営業メインの担当者はおりません。基本的にこちらから営業はございません。ご提案後も、お施主様よりご連絡をいただく形となっております。

 

ローンも利用できますか?

ローンも活用できます

リフォーム工事にはローンも活用することができます。

ご案内やお手続きのお手伝いも行っております。また提携ローン会社によるリフォームローンを活用していただくこともできますから、自己資金にお悩みの場合であればお気軽にご相談ください。

 

 

戸建てのフルリフォームを検討する際、多くの方が気になるのがその相場です。フルリフォームは家全体を見直し、新たな生活空間を創出する大規模な工事になります。そのため、費用もまた、大きな範囲にわたって変動します。具体的には、500万円から始まり、条件によっては2500万円、さらには4000万円を超えるケースも珍しくありません。

フルリフォームには、大きく分けて5つのタイプが存在します。これらはすべて家全体のリフォームを指しますが、具体的にどの範囲まで手を加えるかによって、費用が大きく異なります。例えば、内装のみの更新であれば比較的低コストで済みますが、構造的な変更や設備の全面的な更新を伴う場合、費用は高額になりがちです。

フルリフォームの相場を理解することは、計画を立てる上で非常に重要です。しかし、単に相場を知るだけでは不十分です。リフォームの目的、家の現状、そして望む仕上がりを明確にすることが、予算内で最適なリフォームを実現するための第一歩となります。

フルリフォームの時間についても、事前の準備と計画が不可欠です。一般的に、平均的なフルリフォームでは約6ヶ月の期間を要しますが、これはあくまで目安です。工事の規模や内容、さらには予期せぬ問題の発生によって、工期は前後することがあります。そのため、余裕を持ったスケジュールの立案と、プロのリフォーム業者との密接な連携が、スムーズなリフォームを実現する鍵となります。

最後に、フルリフォームを成功させるためには、慎重な計画と適切なスケジュール管理が欠かせません。リフォームの目的を明確にし、プロのアドバイスを積極的に取り入れながら、理想の住まいへと導くフルリフォームを実現しましょう。

 

6. まとめ

フルリフォームの相場に影響する要素はさまざまです。まず、使用する材料の種類と価格が重要です。高級な材料を使用すれば費用も高くなります。次に、工事の規模と内容も価格に影響します。工事が複雑で大規模なほど費用も高くなります。さらに、地域によって価格が異なることも考慮すべき要素です。地域によっては人件費や材料の価格が異なるため、相場も変動します。これらの要素を考慮して、フルリフォームの相場を把握しましょう。

フルリフォームの相場を知ることの価値

フルリフォームの相場を知ることの価値は非常に高いです。なぜなら、フルリフォームには様々な要素が影響し、そのため相場を知ることで予算を適切に設定することができます。フルリフォームの相場は、使用する材料の種類や価格、工事の規模と内容、地域による価格の違いなどが影響します。また、築年数によっても相場は異なるため、10年未満の物件、10年~20年の物件、20年以上の物件で相場を比較することが重要です。さらに、フルリフォームの費用を抑えるためには、効率的なプランニングや複数の見積もりを取ること、DIYできる部分を見極めることが大切です。リフォーム前には目的を明確にし、専門家との相談を行い、リフォーム許可や法的制約を確認することも忘れてはいけません。フルリフォームの流れやスケジュールを把握し、賢いリフォーム計画を立てることで、よりスムーズに進めることができます。フルリフォームにかかる時間やリフォーム中の生活、リフォーム後のメンテナンスについても事前に理解しておくことが重要です。まとめると、フルリフォームの相場を知ることは、予算の適切な設定やスムーズなプロジェクト進行のために非常に価値のある情報です。

賢いフルリフォーム計画の立て方

戸建てフルリフォームを検討する際、費用は大きな関心事です。フルリフォームには様々なタイプがあり、それぞれで費用が大きく変わります。例えば、内装のみのリフレッシュから、構造や設備の大幅な変更を伴う大規模なリフォームまで、幅広い選択肢があります。費用は500万円から始まり、内容によっては2500万円以上にもなり得ます。重要なのは、ご自身のニーズに合ったリフォーム内容を明確にし、予算内で最適な計画を立てることです。

フルリフォームをどこに相談すればいいか迷っている方は、木造戸建て専門会社の増改築.com®にご相談下さい。木構造を熟知する技術者が直接現場を担当致します。お問い合わせはこちらからどうぞ!

 

水周りリフォーム専門サイトはこちらです。

< 著者情報 >

稲葉 高志

Twitterで戸建てリノベーションのポイントをオンタイムで配信しています♪

 

ハイウィル株式会社 四代目社長

1976年生まれ 東京都出身。

【経歴】

家業(現ハイウィル)が創業大正8年の老舗瓦屋だった為、幼少よりたくさんの職人に囲まれて育つ。

中学生の頃、アルバイトで瓦の荷揚げを毎日していて祖父の職人としての生き方に感銘を受ける。 日本大学法学部法律学科法職課程を経て、大手ディベロッパーでの不動産販売営業に従事。

この時の仕事環境とスキルが人生の転機に。  TVCMでの華やかな会社イメージとは裏腹に、当たり前に灰皿や拳が飛んでくるような職場の中、東京営業本部約170名中、営業成績6期連続1位の座を譲ることなく退社。ここで営業力の基礎を徹底的に養うことになる。その後、工務店で主に木造改築に従事し、100棟以上の木造フルリフォームを職人として施工、管理者として管理

2003年に独立し 耐震性能と断熱性能を現行の新築の最高水準でバリューアップさせる戸建てフルリフォームを150棟、営業、施工管理に従事。2008年家業であるハイウィル株式会社へ業務移管後、 4代目代表取締役に就任。250棟の木造改修の営業、施工管理に従事

2015年旧耐震住宅の「耐震等級3」への推進、「断熱等級4」への推進を目指し、 自身の500棟を超える木造フルリフォーム・リノベーション経験の集大成として、性能向上に特化した日本初の木造フルリオーム&リノベーションオウンドメディア 「増改築com®」をオープン

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

営業マンはおりませんので、しつこい営業等も一切ございません。

設計会社(建築家様)・同業の建築会社様のご相談につきましては、プランと共にご指定のIw値及びUa値等の性能値の目安もお願い申し上げます。

※現在大変込み合っております。ご提案までに大変お時間がかかっております。ご了承のほどお願い申し上げます。

2025年の建築基準法改正が決定、フルリフォームに確認申請が義務化されること、今年度断熱補助の年内完成締切の駆け込みご依頼により、現在大変混みあっております。

お問い合わせも殺到状態のため、お問い合わせの返信、プランのご提案までに日数を頂いております。

首都圏のリノベーションにつきましては、2024年度工事枠は7月解体着工のお施主様まで埋まっております。

・直近は2024年8月初旬の解体着工スタートより空きありとなります。※2024年5月19日時点

※ご契約順に施工班の予定を組ませて頂いております。スケルトンリフォームには6ヶ月程度の期間が必要になります。余裕をもったスケジュールでご相談をお願い申し上げます。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

  • ※再建築不可のリフォームでは金融機関が限られます。事前審査をお勧めいたします。

    (例:2024年3月くらいに完成希望など)

    必須

    できるだけ具体的にお知らせくださいませ。既存設計資料、リフォーム後のイメージ図等をお持ちであれば下記のメールアドレスより添付をお願いします。

    ※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    ※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    図面や写真等を送信いただく場合、また入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、下記メールアドレスまでご連絡ください。

    お電話でのお問合せはこちら

    0120-246-991

    営業時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)

    ★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

    4代目代表よりご挨拶

    稲葉高志

    親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。