「増改築.com」× 三元玄空風水師「楳山天心」コラボ企画

戸建風水リノベーション

風水師「楳山天心」の風水は、他の風水と何が違うの?(文・楳山天心)

 「先生の風水は他の風水と何がちがうのでしょうか?」

このご質問の回答は、私が三元玄空風水師となるまでの経緯を辿ることにより、理解いただけると思うので、簡潔に記させていただきたいと思います。

 私はサラリーマン時代に、故遠藤尚里先生に師事した。遠藤先生は陰陽塾塾頭として、風水学のみならず、四柱推命学九星気学骨相学手相学易学(周易と断易)など命(めい)卜(ぼく)相(そう)(命は人の宿命、卜は方位や人生の方向性、相は顔や手や地形などを通し、目に見えない性格や過去・未来を読み解くこと)に渡り幅広く教え、多くの弟子を養成される傍ら、占術者としては珍しく、文学博士として陰陽道研究もされていた稀有の存在である。

 私は当時旅行会社で添乗業務をしていたが、休日を利用して数年通塾し、平成八年に「陰陽道運命鑑定師範」として免許皆伝させていただいた。(いわゆる「陰陽師」でもあるわけだ。)

 通塾中、台湾本、香港本等を通じて独学で八宅派風水紫白九星派風水を学んでいたが、遠藤先生からは、日本の家相学そして中国風水としては、奇門風水玄空飛星派玄空大卦派の風水を学んだ。免許皆伝後まもなく遠藤先生は83歳で逝去されたので、最後の弟子としての使命感を強く持ったのである。

 その後、拙者が勤めていた旅行会社が企画主催した風水鑑定ツアーで、香港の著名な風水師と接したが、玄空飛星を用いた鑑定であった。

 1966年から始まった、毛沢東による文化大革命後、風水師達は、故郷を追われて世界に散らばらざるを得なくなり、華人としての誇りを持ちながら他国へ活動の舞台を求め、結果としては東南アジアや欧米諸国にまで、風水が伝播されるきっかけとなった。台湾や香港では、三合派や奇門派等もさかんだが、東南アジアや欧米諸国で活躍する風水師の多くは、玄空飛星派風水(英語名はフライングスターフェンシュイ)をメインとされている。

 かく言う私はというと、この玄空飛星派風水と合わせて、「化煞(かさつ)風水」も取り入れた鑑定を行ってきた。「化煞風水」は、龍や麒麟や獅子等の瑞獣や八卦鏡、風鈴、古銭などの風水アイテムを駆使して、生氣を招き邪氣を避ける風水だが、(社)国際・風水協会を立ち上げた塚田眞弘理事長により、日本に初めて本格的に紹介された。

 中国では、出世の手引きをしてくれる人を「貴人」と言うが、私にとって塚田理事長は、まさにこの貴人のおひとりであった。平成11年の脱サラ後、先に回顧したとおり、一年間の大阪での風水鑑定武者修行時代を経て埼玉に戻ったのですが、しばらくして、塚田理事長と運命的に出会った。

 そして、出版、テレビ出演、お台場での風水家庭会等、拙者が表舞台に立たせていただくお膳立てを理事長がして下さったおかげで、今日の自分があることを決して忘れてはいけないと、肝に銘じている。そして、あらゆる形煞(けいさつ)に対する対策ができる化煞風水との出会いにより、各段と鑑定の幅を広げることができた。

 実践鑑定の傍ら、国内外数人の著名風水師による講座も一生徒の立場で受講させていただき、玄空飛星派の風水のほか、三合派の理論と技法も学んた。同じ玄空飛星派の理論をもとにしていても、風水師により、相違点がかなりあることを知った。建物の坐向(ざこう、建物向きのこと)の取り方、建物の坐向測定の位置、宅運が決まる時点(建物完成時か、入居時か?)という、玄空飛星派風水たる最も根本的で重要な要点が、風水師により異なっているのだ。

 流派により、理論や技法が異なるのはもちろんだが、同じ玄空飛星派の中でも多様化してしまっているという現状では、果たしてどの流派を、どの風水師を信じたらよいのか、それ以前に、風水自体の信用性さえ疑念を持つ方が多いのも仕方がないと言える。かくいう私も、鑑定実践の傍ら、風水学を広く、そして深く研究すればするほど、実力が高まっている自覚を持つ半面、口に決して出すことのできない理論上、技法上の矛盾点に悩んできた。

 そんな中、2008年秋、通称玄空無常派と呼ばれている「三元玄空地理」に出会ったのである。「三元玄空地理」の詳細については楳山天心のHPに譲るとして、第四代伝人の劉育才老師の門人である小川裕才先生による「三元玄空地理」伝授会に、縁あって参加することができたが、まさに青天の霹靂であった。

 初回の伝授会は5日間に渡り終日行われたが、具体的内容は本文に譲るとして、拙者が胸に秘めてきた風水の矛盾点や問題点が、講義が進むにつれ、ひとつひとつ整合性と解答が与えられていき、曇っていた心が日に日に晴れてくるようだった。この三元玄空地理に出会うために、今までの紆余曲折があったんだと、悩みが深かった分、大きな喜びとなったのである。試練の後に恵みあり!と言われるが、何事にも、真摯に誠実に取り組み続けることが出来れば、天は必ず答えてくださると確信した。三元玄空地理の伝授会はその後毎年行われ、マレーシアにて劉育才老師より、陰宅に関する直接のご指導も賜ることが出来た。

 三元玄空地理に出会ってから11年目に入ったが、実践鑑定でその理論と技法の正しさを実証してきた。三元玄空地理が正式名称であるが、陽宅においては「三元玄空風水」と称し、三元玄空風水師として今日に至っている。

 経緯が長くなってしまったが、私は他流派を決して否定はしない。では他流派との違いはと聞かれれば、「楳山天心の風水は、中国伝統の風水理論に基づいた風水技法を、長い年月かけて実践鑑定で裏付けてきた実践的な三元玄空風水」だと明言させていただく。

     令和元年十月吉日              三元玄空風水師 楳山天心

 

 

本格風水リノベーションは風水を熟知し、かつ技術優位の施工会社へ相談するのが成功の秘訣

戸建フルリノベーション市場指名率全国トップレベルの理由!!

創業大正8年の歴史で培った木構造熟知の技術力と
特許工法「耐震等級3」の構造躯体の提供

鎧ガード

壁倍率6.3倍 築古の建物が耐震等級3へ

 

木造技術優位の施工体制に加え、特許工法での構造補強により、築年数の経過した構造体であっても、許容応力度計算実施により、耐震評点での基準値となる「評点1.0」の1.5倍となる、「評点1.5」以上

品確法での現行基準「耐震等級1」の1.5倍となる現在の新築での最高耐震等級なる「耐震等級3」の構造躯体の提供が実現します。

この補強工法は他社には出来ない特殊工法となっています

全国5500社の建築会社への住宅設備機器
・住宅建材の卸売販売による仕入力

 

「増改築.com」運営会社ハイウィルでは、代表は4代目になり、過去5万人を超える会員様に、「施主支給」で住宅設備を販売してきました。建築は材料と工事で成り立っております。工事は予算を絞ると良い職人に工事をさせることが出来なくなり、欠陥工事につながります。しかしながら材料は定価があります。出来るだけ安く買えれば良いだろうという考えから、四代目の代表稲葉が2003年に業界に革命を起こしたのが今でこそメジャーになっている”施主支給”という言葉。2003年に業界に”施主支給”ブームを巻き起こし、全国5万人に住宅設備を提供してきました。ここでの販売力があってこそ、メーカーへの大量発注・大量仕入が実現し、全国の工務店・リフォーム店に卸値価格で住宅設備の卸売販売が可能なのです。

大手リフォーム会社に頼んでしまうと、確かに大量に仕入れていますので仕入力はあります。しかしながらお客様にその仕入力は還元されるでしょうか?答えはNOです。巨大なショールーム展示費用や、何百人も抱える人件費、派手なTVCMなど、相当な経費が掛かっておりますので 、お客様にとって利益還元されることはありません。では、地域の工務店やリフォーム会社の価格はどうか?地域工務店は施工費は良心価格かもしれません。しかし、建築は、 材料(商品)と技術(施工)で構成されます。地域工務店やリフォーム会社の場合、仕入れ量が限られますので大手のように大量仕入れが出来ないため 仕入額が高くなります。では工務店「増改築.com」の強みは何か?それは、地域工務店としての良心的な施工費に加え、全国5500社に販売している大手並みの仕入力を備える、大手と地域工務店の良さを併せ持つという唯一無二の強みがあります。

「環境学」としての風水を熟知し、風水リノベーションの実績が豊富

 

「増改築.com」運営会社ハイウィルの4代目代表の稲葉は、楳山先生の主宰する「立命塾」の門下生であり、風水のみならず四柱推命、断易、周易といった楳山先生が鑑定で採用する運命学を直接指導を受けた弟子でもあります。

その為、鑑定プランの際の建築への要求項目に対する、対応策にノウハウを持っております。通常の施工会社では考えられない要求にもスムーズに対応、対処が可能であるということです。現に楳山先生のクライアント様が計画していた風水リノベーションで、当初お施主様側で決まっていた施工会社さまから難しいと言われた施工を「増改築.com」では、対応させていただいた経験もございます。鐸日法や坐向変換、正しい羅盤測定など三元玄空風水では、建築サイドでの特殊な要求事項が数多くあります。妥協して風水リノベーションをされるのではなく、鑑定内容を最大限反映できる忠実な施工、そして大前提となる安心をお届けする木造における実績、技術力を併せ持つ強みがあります。安心して工事をお任せいただければと考えております。

一戸建てフルリフォーム・リノベーションに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・ハイウィルさんは費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:sample@takumi.jp)

必須

(例:0120-246-991)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。(築年数・工事範囲の面積・ご要望・お悩み・ご予算など)

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。