戸建フルリフォームなら「増改築.com」TOP施工事例 > テーマで探す > 二世帯住宅リフォーム事例一覧

タイプ別に詳細施工事例を間取り図付で費用も完全公開!

 二世帯住宅リフォーム タイプ別 施工事例(実例)一覧

完全同居型・部分同居(部分共有)型・完全分離型 タイプ別
で見る2世帯住宅リフォーム 施工事例(実例) 一覧

 

増改築.comよりご相談頂き、2世帯住宅をさせて頂いたお施主様の施工事例一覧です。

2世帯住宅リフォームでの大きな括りとして、完全分離型、部分同居型、完全同居型にわかれます。

これから2世帯住宅をされようとご計画のお施主さまはどのタイプになりますか?

また、工事の種類は内部をすべて解体し、間取りを一新する内部スケルトンリフォームで2世帯住宅リフォームをされるのか?また外壁までを手壊しで剥がし、外部補強、内部もスケルトン状態にするような内外部スケルトンリフォーム(躯体残し)で二世帯住宅リフォームをされるのか?それぞれの二世帯住宅リフォームでかかった費用についても掲載をしております。

是非こちらの事例を参考にしていただければと思います。

 

 

世田谷区S様2世帯住宅リフォーム(完全分離型)

S様はご主人所有の木造50年近い建物に、S様のご両親を迎え2世帯住宅にされたいとのご要望で、すでに大手で相談をされていたようです。弊社にご相談頂いた理由は、大手リフォーム会社では間取りと費用面でどうしても納得がいかなかったからということでした。

外壁まで手壊しし、内部もスケルトン状態まで解体、躯体状態にし、そこから基礎、構造補強をさせていただきました。音楽をやられるご主人でしたので、音が漏れないようにしたいとご要望がございましたので、断熱材は吸音効果の高いセルロースファイバーを採用。

2世帯の玄関を2つに、完全分離型の二世帯住宅リフォームとなりました。

2世帯リフォーム 

2世帯住宅リフォーム前(before)

完全分型の二世帯住宅になることから、それぞれの住まいで部屋、水周りスペースが必要なことから各世帯の居住空間がどうしても狭くなってしまいます。これらを意識しプランニングしました。築50年近い建物のため、外部までの解体を提案し、補強を重点的に行いました。

2世帯リフォーム 竣工写真

2世帯住宅リフォーム後(after)

断熱材はセルロースファイバーを採用、サッシは高断熱タイプのサッシと耐震だけでなく断熱にも費用ウェイトを置き、性能重視した本格二世帯住宅リフォームとなりました。工事中は毎日お茶出しをしていただくなど、職人も恐縮してしまうほど気持ちの良いお施主様で工事完了後はS様ご夫婦にも大変お喜びいただけました。

 

江戸川区S様2世帯住宅リフォーム(部分同居型)

ご計画のご相談を息子様世帯に受けてから約半年、息子様世帯所有のマンションを売却しご実家に住まわれる高齢のお母様と同居でるように2世帯住宅へのリフォームが決まりました。木造3階建ての内部をスケルトン状態にして間取りを大幅に変更。

一階部の車庫を居室に変更しお母様のお部屋へ。

増改築.com

2世帯住宅リフォーム前(before)

S様の一戸建て2世帯住宅スケルトンリフォームをされるまでの経緯と要望は

・お母様が長くおひとりで暮らしており、今回息子様世帯も一緒に同居し

2世帯住宅へのリフォームをしたい。

・新築当初から3階の床の傾きが気になっており、構造から見直したい。

・既存一階が駐車スペースとなっており、そこを居住スペースにしたい。

・外壁部分にはルーバーを設置したい。

というご要望でした。

増改築.com

2世帯住宅リフォーム後(after)

S様の2世帯住宅スケルトンリフォームは、3階建てということで、工期も3か月以上かかりました。

2世帯住宅ということで、それぞれの世帯のご要望を何度も整理し、ご要望通りのリフォームとなりました。

横浜市鶴見区H様2世帯住宅リフォーム完全同居型

こちらのH様の2世帯住宅リフォーム施工事例は、数年前より

弊社のブログをずっと読んでくださっていたお客様で

着工の半年以上前からご相談があり、半年かけてお打

ち合わせを重ねて2世帯(住宅)フルリフォームさせていただいたお客様の事例です

増改築.com

2世帯住宅リフォーム前(before)

今回の2世帯住宅リフォームにあたり最もお悩みになられていたのが耐震の不安でした。着工前に診断結果をお渡しして適切な位置への耐震補強に加え、制震ダンパーの設置をご提案しました。

増改築.com

2世帯住宅リフォーム後(after)

一部廊下の突き当り部分にある浴室を増築し、浴室を1坪確保。完全同居型の2世帯住宅リフォームになるため、各水周りも各世帯の収納が納まるよう設計しました。

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

営業マンはおりませんので、しつこい営業等も一切ございません。

設計会社(建築家様)・同業の建築会社様のご相談につきましては、プランと共にご指定のIw値及びUa値等の性能値の目安もお願い申し上げます。

※現在大変込み合っております。ご提案までに大変お時間がかかっております。ご了承のほどお願い申し上げます。

2025年の建築基準法改正が決定、フルリフォームに確認申請が義務化されること、今年度断熱補助の年内完成締切の駆け込みご依頼により、現在大変混みあっております。

お問い合わせも殺到状態のため、お問い合わせの返信、プランのご提案までに日数を頂いております。

首都圏のリノベーションにつきましては、2024年度工事枠は7月解体着工のお施主様まで埋まっております。

・直近は2024年8月初旬の解体着工スタートより空きありとなります。※2024年5月19日時点

※ご契約順に施工班の予定を組ませて頂いております。スケルトンリフォームには6ヶ月程度の期間が必要になります。余裕をもったスケジュールでご相談をお願い申し上げます。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

  • ※再建築不可のリフォームでは金融機関が限られます。事前審査をお勧めいたします。

    (例:2024年3月くらいに完成希望など)

    必須

    できるだけ具体的にお知らせくださいませ。既存設計資料、リフォーム後のイメージ図等をお持ちであれば下記のメールアドレスより添付をお願いします。

    ※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    ※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    図面や写真等を送信いただく場合、また入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、下記メールアドレスまでご連絡ください。

    お電話でのお問合せはこちら

    0120-246-991

    営業時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)

    ★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

    4代目代表よりご挨拶

    稲葉高志

    親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。