戸建フルリフォームなら「増改築.com」TOP 【2022-23年最新版】リフォーム補助金制度を網羅!> 【2023年補助金】高断熱窓に最大200万円!住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業とは

更新日:2022.11.21

国の新しい補助金!省エネリフォームが対象となる補助金・助成金制度です

【2023年補助金】高断熱窓に最大200万円!住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業とは

2023年国の補助金 住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業とは

2023年(令和5年)から、3つの新しい補助金・助成金制度が始まります!

  • 住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業(経済産業省・環境省)
  • こどもエコ住まい支援事業(国土交通省)
  • 高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金(経済産業省)

の3つです。

今回の補助金の最大の特徴は、これまで併用できなかった国の補助金の併用が可能になったことです。

このページでは、この中で一番補助額が大きい高断熱窓への補助金制度「住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業」について解説します。

2022年11月に発表されたばかりのこの新しい制度の概要、どんな工事が対象か、補助額はいくらなのか、補助金交付申請の流れや注意点について解説します。

 

↓ 3つの補助金制度の併用について知りたい方はこちら!まとめて解説しています 

補助対象は窓のリフォームのみ!

「住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業」は、断熱窓への改修促進を図ることで、省エネルギー住宅を増やす目的で設置されました。

補助の対象部位は窓だけです。ドアは対象外です。リフォーム工事のみ対象で、新築は対象外です。

申請できる住宅や窓の要件は以下の通りです。

 

■対象となる世帯:全世帯が対象

対象となる工事:住宅の所有者がリフォーム事業者に発注(=契約)して実施するリフォーム工事

対象となる住宅:戸建住宅及び共同住宅(集合住宅)

対象となる期間:

令和4年(2022年)11月8日~令和5年(2023年)12月31日に工事請負契約を締結し、
リフォーム事業者の
事業者登録の後に工事を着工令和5年(2023年)12月31日までに工事が完了


対象となる窓の性能基準は?

窓のリフォームが対象といっても、どんな窓でもいいというわけではありません。

リフォーム後の窓が一定の性能以上でないと補助対象になりません。

ではどんな窓ならいいのか?その基準が「熱貫流率」という数字です。

熱貫流率」とは、ざっくり言うと窓ガラスをどのくらい熱が通過するか、ということです。夏の暑い時期に外の熱が窓ガラスを通して室内に入ってきてしまえばいくら冷房をつけていても室内の温度は下がりにくくなります。逆に冬の寒い時期に暖房を効かせた室内の熱が窓ガラスを通って外に出てしまえばいつまでも寒いまま。。。つまり窓の断熱性能が高いということは、エアコンの効率を上げることができて結果として省エネになる、というわけなのです。

熱貫流率は数値で表されます。単位はW/㎡Kです。今回の補助金のリフォーム後の窓の熱貫流率の基準は以下の表の通りです。

住宅の種別 ガラス交換 内窓設置 カバー工法 外窓交換
戸建住宅
低層集合住宅(3階建以下)
1.9以下 1.9以下 1.9以下 1.9以下
中高層集合住宅(4階建以上) 1.9以下 1.9以下 2.3以下 1.9以下

紛らわしいのですが、断熱性能が「高い」=熱貫流率が「低い」ということです。

つまり、数字が小さい方が性能が高いことを示しています。ですから基準でも「以下」となっています。

 

そんな数字、自分では測れない!とお考えの方、その通りです。

窓メーカーで販売している窓のカタログなどに「熱貫流率」が載っていますので、リフォームで窓の設置をする際にはチェックして確実に補助金を受けられるようにしましょう。

例えば窓メーカーの大手のYKKapでいうと以下の表の通りです。(一部だけ抜粋)

こちらの製品では、一番下のエピソードⅡ以外は今回の基準を満たしています。

製品名 断熱性能(熱貫流率)
高性能トリプルガラス樹脂窓 APW430 熱貫流率 0.90W/㎡K
※縦すべり出し窓+FIX連窓16513サイズ、アルゴンガス入
高性能トリプルガラス樹脂窓 APW430+

熱貫流率 0.78W/㎡K
※縦すべり出し窓+FIX連窓16513サイズ、クリプトンガス入

熱貫流率 0.84W/㎡K

※縦すべり出し窓+FIX連窓16513サイズ、アルゴンガス入
高性能樹脂窓 APW330

熱貫流率 1.31W/㎡K
※縦すべり出し窓+FIX連窓16513サイズ、アルゴンガス入、Low-E複層ガラス

熱貫流率 0.99W/㎡K
※縦すべり出し窓+FIX連窓16513サイズ、アルゴンガス入、真空トリプルガラス

アルミ樹脂複合窓 エピソードⅡ 熱貫流率 2.33W/㎡K
※アルゴンガス入、Low-E複層ガラス

 


補助額はいくら?

今回の補助金の補助額の上限は、200万円/戸です。

 

住宅の種別、窓リフォームの工法、断熱性能のグレードによって補助単価が異なります。

一戸あたりの補助額は、補助単価×施工箇所数で算出します。

 

■戸建住宅・低層集合住宅における補助単価

工種 グレード 大きさ
大*1 中*2 小*3
ガラス交換
(既存窓枠を利用してガラスのみ交換)
SS(熱貫流率1.1W/㎡K以下) 48,000円/枚 30,000円/枚 8,000円/枚
S(熱貫流率1.5W/㎡K以下) 32,000円/枚 21,000円/枚 5,000円/枚
A(熱貫流率1.9W/㎡K以下) 26,000円/枚 17,000円/枚 4,000円/枚
内窓設置
(既存窓の内側に窓を新設)
SS 124,000円/箇所 84,000円/箇所 53,000円/箇所
S 84,000円/箇所 57,000円/箇所 36,000円/箇所
A 69,000円/箇所 47,000円/箇所 30,000円/箇所
カバー工法
(既存窓枠の上に新たな窓枠を設置)
SS 183,000円/箇所 136,000円/箇所 91,000円/箇所
S 124,000円/箇所 92,000円/箇所 62,000円/箇所
A 102,000円/箇所 76,000円/箇所 51,000円/箇所
外窓交換
(窓枠ごと交換)
SS 183,000円/箇所 136,000円/箇所 91,000円/箇所
S 124,000円/箇所 92,000円/箇所 62,000円/箇所
A 102,000円/箇所 76,000円/箇所 51,000円/箇所

 

■中高層集合住宅における補助単価

工種 グレード 大きさ
大*1 中*2 小*3
ガラス交換
(既存窓枠を利用してガラスのみ交換)
SS(熱貫流率1.1W/㎡K以下) 48,000円/枚 30,000円/枚 8,000円/枚
S(熱貫流率1.5W/㎡K以下) 32,000円/枚 21,000円/枚 5,000円/枚
A(熱貫流率1.9W/㎡K以下) 26,000円/枚 17,000円/枚 4,000円/枚
内窓設置
(既存窓の内側に窓を新設)
SS 124,000円/箇所 84,000円/箇所 53,000円/箇所
S 84,000円/箇所 57,000円/箇所 36,000円/箇所
A 69,000円/箇所 47,000円/箇所 30,000円/箇所
カバー工法
(既存窓枠の上に新たな窓枠を設置)
SS 221,000円/箇所 151,000円/箇所 93,000円/箇所
S 150,000円/箇所 102,000円/箇所 63,000円/箇所
A 123,000円/箇所 84,000円/箇所 52,000円/箇所
B(熱貫流率2.3W/㎡K以下) 検討中
外窓交換
(窓枠ごと交換)
SS 221,000円/箇所 151,000円/箇所 93,000円/箇所
S 150,000円/箇所 102,000円/箇所 63,000円/箇所
A 123,000円/箇所 84,000円/箇所 52,000円/箇所

 

*1 大:ガラス(一枚)の面積1.4㎡以上、サッシ(一箇所)の面積2.8㎡以上
*2 中:ガラス(一枚)の面積0.8~1.4㎡、サッシ(一箇所)の面積1.6~2.8㎡
*3 小
ガラス(一枚)の面積0.8㎡未満、サッシ(一箇所)の面積1.6㎡未満

 

このように、Aグレードよりグレードの方が断熱性能が高いため、補助単価も高く設定されています。

また、ガラスだけを交換する工法より、窓の周りの外壁を壊して枠ごと交換する外窓交換の方が工事代金がかかりますので、補助単価も高くなっています。


申請の流れは?申請期間は?

まず、「住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業」補助金の申請者は工事を行う事業者です。工事を発注する施主様ではありませんので注意しましょう。

申請は全ての工事が完了した後に行います。オンライン申請となります。

審査を経て承認されると補助金が事業者へと振り込まれます。

もちろん補助金は工事発注者へ全額還元されなければなりません。その還元方法はあらかじめ事業者との間で取り決めておく必要があります。

忘れずに決めておきましょう。

 

申請に関する期間は次の通りです。

■対象となる契約:令和4年(2022年)11月8日~令和5年(2023年)12月31日

対象となる工事の着工:各補助金制度の事業者登録日以降 

※「こどもみらい住宅支援事業」に登録済みの事業者に限っては、各補助金の事務局設置(令和4年12月中旬予定)以降の着工でOK

事業者登録できる期間:令和5年(2023年)1月中旬~11月30日(予定)

交付申請できる期間:すべての工事の完了後、令和5年(2023年)3月下旬~12月31日(予定)

※11月30日(予定)まで予約が可能(予算の確保ができる)

■申請の方法:オンライン申請のみ

 


他の補助金と併用できるの?

他の補助金との併用は

・国の補助金で、補助対象(=住宅リフォーム)が重複する制度との併用は不可

※ただし3省連携ワンストップ補助金は併用可能(下の表ご参照ください)

・各自治体の補助金で、国費が充当されている制度との併用は不可。それ以外は併用可能。

※ただし、対象とするリフォーム工事の工事請負契約が別である工事は併用可能

主なリフォーム関連補助金との併用不可は?

こどもみらい住宅支援事業 △(請負工事契約が別である場合は併用可)
戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業及び集合住宅の省CO2化促進事業 △(請負工事契約が別である場合は併用可)
次世代省エネ建材支援事業 △(請負工事契約が別である場合は併用可)
住宅エコリフォーム推進事業 △(請負工事契約が別 かつ工期が別であるである場合は併用可
住宅・建築物省エネ改修推進事業 △(請負工事契約が別 かつ工期が別であるである場合は併用可)

【3省連携ワンストップ補助金】

こどもエコ住まい支援事業

高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業

△(補助対象が重複しない場合は併用可)

都道府県補助金併用でさらにお得になるかも?!

国の補助金と都道府県の補助金は財源が異なるため併用できる可能性があります。

例えば東京都の補助金「既存住宅における省エネ改修促進事業(高断熱窓・ドア)」は併用可能です。

補助金利用には東京都が定めた一定の要件をクリアしなければなりません。また事前申請制ですので、契約・着工前に申請及び交付決定されなければなりません。併用することができれば、東京都の高断熱窓の補助金で最大100万円受けることができます。

このように、各自治体の補助金も活用すればさらにお得にリフォームすることができますね。

ご自身の自治体にも同じような補助金制度があるかどうか、ぜひ調べてみてください。


まとめ 問合せ先など

リフォーム工事で申請できる補助金「住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業」について解説させていただきました。

住宅の断熱において、窓の存在は大きいものです。窓の断熱性能を上げることで住宅全体の性能も上がり、快適に住み続けることができます。

この機会に補助金を活用して、お得に省エネ住宅を手に入れてしまいましょう。

まだ発表されたばかりの新しい補助金制度ですので、今後最新の情報が入りましたら随時内容を更新させていただきます!

 

増改築.com®を運営するハイウィル株式会社では、補助金申請も行っています。

リフォームの相談も承っていますので、下のフォーム、メール、お電話でお気軽にお問合せください。

 

↓ 3省連携ワンストップ補助金 他の2つの補助金についても詳しく解説しています 

 

↓ 3つの補助金制度をお得に併用できる3省連携ワンストップ補助金について詳しく解説しています 

補助金制度の内容に関するすべてのお問い合わせは下記の事務局へ。

 

住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業

電話番号 0570-028―341 *通話料がかかります。

受付時間 平日 9:30~18:15 *土、日、祝日はお受けしておりません。

 

フルリフォームをどこに相談すればいいか迷っている方は、木造戸建て専門会社の増改築.com®にご相談下さい。木構造を熟知する技術者が直接現場を担当致します。お問い合わせはこちらからどうぞ!

< 著者情報 >

稲葉 高志

Twitterで戸建てリノベーションのポイントをオンタイムで配信しています♪

 

ハイウィル株式会社 四代目社長

1976年生まれ 東京都出身。

【経歴】

家業(現ハイウィル)が創業大正8年の老舗瓦屋だった為、幼少よりたくさんの職人に囲まれて育つ。

中学生の頃、アルバイトで瓦の荷揚げを毎日していて祖父の職人としての生き方に感銘を受ける。 日本大学法学部法律学科法職課程を経て、大手ディベロッパーでの不動産販売営業に従事。

この時の仕事環境とスキルが人生の転機に。  TVCMでの華やかな会社イメージとは裏腹に、当たり前に灰皿や拳が飛んでくるような職場の中、東京営業本部約170名中、営業成績6期連続1位の座を譲ることなく退社。ここで営業力の基礎を徹底的に養うことになる。その後、工務店で主に木造改築に従事し、100棟以上の木造フルリフォームを職人として施工、管理者として管理

2003年に独立し 耐震性能と断熱性能を現行の新築の最高水準でバリューアップさせる戸建てフルリフォームを150棟、営業、施工管理に従事。2008年家業であるハイウィル株式会社へ業務移管後、 4代目代表取締役に就任。250棟の木造改修の営業、施工管理に従事

2015年旧耐震住宅の「耐震等級3」への推進、「断熱等級4」への推進を目指し、 自身の500棟を超える木造フルリフォーム・リノベーション経験の集大成として、性能向上に特化した日本初の木造フルリオーム&リノベーションオウンドメディア 「増改築com®」をオープン

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

営業マンはおりませんので、しつこい営業等も一切ございません。

設計会社(建築家様)・同業の建築会社様のご相談につきましては、プランと共にご指定のIw値及びUa値等の性能値の目安もお願い申し上げます。

※現在大変込み合っております。ご提案までに大変お時間がかかっております。ご了承のほどお願い申し上げます。

首都圏のリノベーションにつきましては、2022年度は埋まりました.

・直近は2023年4月着工枠1枠・5月1枠が空きありとなります。※2022年12月3日時点

※契約をさせていただいたお施主様より予定を組ませて頂いております。スケルトンリフォームには6ヶ月程度の期間が必要になります。余裕をもったスケジュールでご相談をお願い申し上げます。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

  • ※再建築不可のリフォームでは金融機関が限られます。事前審査をお勧めいたします。

    (例:2021年10月くらいに完成希望など)

    必須

    できるだけ具体的にお知らせくださいませ。既存設計資料、リフォーム後のイメージ図等をお持ちであれば下記のメールアドレスより添付をお願いします。

    ※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    ※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    図面や写真等を送信いただく場合、また入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、下記メールアドレスまでご連絡ください。

    お電話でのお問合せはこちら

    0120-246-991

    営業時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)

    ★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

    4代目代表よりご挨拶

    稲葉高志

    親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。