リノベーション前から着工、解体、補強、断熱等の施工の中身・注意点やポイント、費用を完全公開

新潟県北蒲原郡聖籠町の戸建リノベーション・フルリフォーム施工事例(実例)

新潟県北蒲原郡聖籠町はこんな街

 聖籠町は、新潟県の海岸地帯の北部に位置しています。また、飯豊連峰に源を発する加治川の下流にあり、穀倉地帯でもあります町の総面積は37.58km2。全体的にほぼ平坦な地形で、豊かな穀倉地帯を形成。また果樹などの栽培も盛んに行われています。聖籠町は新潟県の北部、飯豊連峰に源を発する加治川下流の海岸地帯に位置し、東は新発田市、南は新潟東港中央水路を境界に新潟市に接しています。

 宝積院(諏訪山)の縁起によると、大同元年(806年)僧侶が来て、この地に堂舎を建てて山に籠りました。時の人々は高徳の僧(聖)の籠もった山であるということで、そこを「聖籠山」と名付けました。そこから、聖籠という地名が生まれたといわれています。

 聖籠町の歴史は、出土している石器、土器類からみて、紀元前3000年~4000年までさかのぼることができます。慶長3年(1598年)に新発田に移って来た溝口侯の加治川治水事業で新田開発が行われ、入植者を迎えたことから村落の形成がすすんだとされています。明治22年に町村制が施行され、聖籠村、蓮野村、蓮潟村、藤井村、亀代村が誕生し、更に明治39年の合併により、聖籠村と亀代村の二村になり昭和30年には、町村合併促進法により聖籠村と亀代村が合併し、現在の前身である聖籠村となりました。そして、昭和52年8月、町制施行により現在の聖籠町が誕生しました。

 昭和50年代頃までは農業を主としていましたが、工業専用港として1969年(昭和44年)に新潟東港が開港して以来同港の工業地帯に企業進出が進み、急速に工業化が進みました。また、東北電力・東新潟火力発電所などの安定した収入源があり、地方交付税不交付団体となっています。

 サクランボが特産品となっているほか、ブドウ・梨・桃など数多くの果物が栽培されています。また、精密機械や食品加工などの大工場が多く、県内の町村としては最大の製造品出荷額を誇ります。

 

聖籠町の施工事例は未登録です・・・

新潟県の他のリフォーム事例を見る

新潟県北蒲原郡聖籠町の耐震助成金情報

木造住宅の耐震補助制度

聖籠町では、地震による住宅の倒壊等の災害を未然に防止し、災害に強いまちづくりを推進するため、旧耐震基準(昭和56年5月以前)で建築又は工事着手された木造住宅に耐震診断・耐震設計・耐震改修に対しての補助制度等を実施しています。

補助制度をご利用の際は、あらかじめ、町ふるさと整備課へお問い合わせください。

聖籠町木造住宅耐震診断支援事業 ※無料で受けられます

この制度は、木造住宅の耐震診断を受けたい方が耐震診断士の派遣を町に依頼し、その診断費用を町が負担するものです。

診断は、町が委託した「(社)新潟県建築士会北蒲原支部」(以下、「建築士会」という。)に登録された診断士が行います。

 

【申請の条件】

  • 町内に所在する住宅であって、住宅の所有者が自ら居住している住宅であること
  • 昭和56年5月31日以前に、建築され、または工事に着手した木造住宅であること
  • 一戸建ての住宅であること(店舗や事務所などを兼ねた住宅の場合は、延べ床面積の半分以上が住宅部分のものに限る)
  • 延べ床面積が500㎡以下のものであること
  • 木造軸組工法の住宅であって、枠組壁工法、丸太組工法、または国土交通大臣などから特別な認定を受けた工法等によって建築された住宅でないこと
  • 過去に本町の補助を受けて耐震診断を行った住宅でないこと

かつ、申請者が

  • 町内に住所を有している方
  • 補助の対象となる建築物を所有する方
  • 町税等を完納している方

 

【申請に必要な書類】

  • 耐震診断士派遣申請書(聖篭町のホームページよりダウンロードできます)

(添付書類)

  • 建築年次及び建物の延べ床面積が判断できる書類の写し(登記簿謄本、建築確認済証・検査済証、課税証明書等)
  • 申請者の町税の納税証明書(前年分)

 

聖籠町木造住宅耐震改修等支援事業

【申請の条件】

  • 上記の木造住宅耐震診断支援事業を受けたもの
  • 耐震診断評点が1.0未満の建築物

 

【助成金額】

  • 耐震設計に係る費用の1/2以内(上限100,000円)

 

【申請に必要な書類】

  • 木造住宅耐震設計補助金交付申請書(聖篭町のホームページよりダウンロードできます)

(添付書類)

  • 耐震診断報告書の写し(耐震診断の成果品です。)
  • 耐震設計に要する費用の見積書の写し(耐震診断士より発行されます。)

 

耐震改修への補助

【申請の条件】

  • 上記聖籠町木造住宅耐震設計の補助を受けたもの

 

【対象となる工事】

耐震診断の結果、総合評点が1.0未満の木造住宅を総合評点が1.0以上となるようにするための耐震設計に基づく工事で、以下のいずれかの者が施工する工事

(1)建築士会の会員

(2)阿賀北建築業組合連合会の組合員

(耐震診断士または、耐震診断士以外の1級建築士若しくは2級建築士による工事監理を行うものに限ります。)

 

【助成金額】

(1)耐震改修工事費

(2)耐震改修工事を行う行うために必要となる既存仕上げ等の撤去、再仕上げ等に要した工事費

(3)工事監理費

  • 上記の耐震改修に係る経費のうち、算出方法に基づいた額 (上限650,000円)

 

【申請に必要な書類】

  • 木造住宅耐震改修補助金交付申請書(聖篭町のホームページよりダウンロードできます)

(添付書類)

  • 耐震改修計画書の写し(耐震設計で作成されます。)
  • 耐震改修に要する費用の見積書の写し(耐震設計で作成されます。)

 

税制の優遇策

住宅・建築物の耐震化率の向上のため以下のような 住宅に係る耐震改修促進税制(所得税、固定資産税)の特例措置がとられています。

①所得税

個人が平成25年12月31日までに一定の区域内において旧耐震基準により建設された住宅の耐震改修工事を行った場合、当該耐震改修工事に要した費用の10%相当額(20万円を上限)を所得税から控除

②固定資産税

旧耐震基準により建設された住宅について一定の耐震改修工事を行った場合、当該住宅に係る固定資産税額(120㎡相当分まで)の課税の特例


全てのお問合せは、直接聖籠町役場にお願いします。

◆ 耐震診断・耐震改修等 相談・申込受付窓口 

聖籠町役場ふるさと整備課 都市計画係

Tel 0254-27-2111(代表)

Fax 0254-27-2119

E-mail furusato@town.seiro.niigata.jp

北蒲原郡聖籠町の町名

【北蒲原郡聖籠町】
網代浜/位守町/上大谷内/亀塚
三賀/次第浜/諏訪山
大夫/大夫興野/道賀新田
二本松
蓮潟/蓮野/東港/藤寄/別條
真野/丸潟/桃山
山倉

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

(例:2021年10月くらいに完成希望など)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。