基礎工事 鉄筋の配筋

鉄筋の配筋

鉄筋の太さで使用するのは、10mmと13mmです。

縦筋D10横筋D13。間隔は、150㎜間隔に千鳥に組んでいきます。

これらの鉄筋ををシングル(一重)かダブル(二重)に地盤・荷重などの状況に合わせて設計施工していきます。

鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋

 

下記のような改築やスケルトンリフォームにおいて間取り変更後に新たに布基礎を入れるケースでは基礎立ち上がり部に鉄筋を立ち上げます。

鉄筋を配筋
鉄筋を配筋

下記は築地で築50年を超える戸建スケルトンリフォームでの現場ですが近隣は住宅が密集し長屋作りの建物なども多く存在する商店街の中の建物えすが、1階に土台と柱を大目に取り構造が強固になるよう二階へリビングを移設する提案をさせていただきました。そのため、新たな布基礎が必要になり下記のように鉄筋を立ち上げていきあらたな布基礎を作り下地をこしらえます。

鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋
鉄筋を配筋

東京都三鷹市 S様

鉄筋を配筋

東京都荒川区 M様

鉄筋を配筋

東京都荒川区 M様

布基礎からベタ基礎への基礎補強工事の流れ

スケルトンリフォームの際に行う布基礎からベタ基礎への変更工事(基礎補強)流れにそってご説明いたします。

既存の布基礎

まずは布基礎のチェックから
布基礎からベタ基礎への基礎補強

既存の布基礎状態。補強前の段階です。建物によって布基礎の状態も違います。

 

残土鋤取り

布基礎からベタ基礎への基礎補強

布基礎の場合床下部分は土になります。ベタ基礎への基礎補強をする場合、コンクリートを水平に打つ必要があるため余分な起伏をコンクリート厚から逆算し、所定の高さに平らに削り取らなければなりません。 

 

砕石

布基礎からベタ基礎への基礎補強

そもそもベタ基礎への変更工事をする目的は地盤に建物の荷重を均等にかけることにあります。鋤取り後、砕石を敷いて転圧をかける事で基礎と地盤との接地面積を増やし地盤に均等に荷重をかけることができるようになります。

 

転圧

砕石をランマ―等をかけることで基礎面が地盤に均一に荷重がかかるようにします。

 

防湿シート

 防湿シートを基礎の下に敷き込み理由は、床下の防湿が目的で構造に直接関係するものではありません。床下が湿気だらけになると土台や大引き、柱など重要な木部が腐朽したり、湿気による白蟻等の被害を防ぐ為の対策の一貫となります。

 

立ち上がり基礎配筋

布基礎からベタ基礎への基礎補強

立ち上がり基礎への補強はアンカー筋、ヨコ筋(主筋・腹筋)、そしてベース筋・補強筋はすべてD13の鉄筋を使用し、タテ筋となるあばら筋のみD10とします。これらの鉄筋ををシングル(一重)かダブル(二重)に地盤・荷重などの状況に合わせて設計施工していきます。

ベース基礎配筋

布基礎からベタ基礎への基礎補強

ベース筋・補強筋はすべてD13の鉄筋を使用し、150㎜間隔で千鳥状に組んでいきます。

 

ベース基礎 コンクリート打設

布基礎からベタ基礎への基礎補強

打ち増し厚さ150mm程度、状況によって200mm程度までを墨出ししコンクリートを打設していきます。

 

立上り基礎 コンクリート打設

布基礎からベタ基礎への基礎補強

2回目の打設は立ち上がり基礎となります。型枠を組みコンクリートを打設します。

 

布基礎⇒ベタ基礎 完成

無筋の布基礎から、鉄筋コンクリート基礎補強が完成。立ち上がり基礎は抱き合わせ基礎となっております。

お困りの方はお気軽にご連絡ください。お客さま一人ひとりに最もふさわしい解決策を一緒に考えさせていただきます。

一戸建てフルリフォーム・リノベーションに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・ハイウィルさんは費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:sample@takumi.jp)

必須

(例:0120-246-991)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。(築年数・工事範囲の面積・ご要望・お悩み・ご予算など)

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。