セットバックが問題となり「建て替え」から「戸建てリノベーション」へ

セットバックの問題で新築できないケース

セットバックの問題を解消した築60年一戸建てのフルスケルトンリフォームの実例紹介

 築年数が経っていれば経っている程、国の計画も変わり、セットバックの制限がかかっている住まいもかなり多くなります。「増改築.com」を運営する、弊社ハイウィルへ一戸建て(一軒家)リフォームをされるお客様の多くが、このセットバックの問題を抱えておられるといっても過言ではないくらいです。

本当は新築したい。しかし、新築してしまうと、セットバックの制限があり、現状よりも大幅に建物が小さくなってしまうという悩みで。

新しくしたいが、希望の間取りどころか部屋数も減らさざるをえなくなり、なおかつ狭くなってしまうという悩みです。

郊外で大きい建物であれば、多少のセットバックは受け入れることができる判断となりますが、都内の狭小住宅では問題が切実です。

ただでさえ広くはない、もっと広ければ。。。と考えているのにセットバックの問題でさらに狭くなってしまうからです。弊社で仲介まで行い、リフォームをされたS様の大規模一戸建て(一軒家)リフォーム実例を通して解説いたします。

 

< リノベーション費用と事例詳細レポートはこちら

セットバックの問題で新築できないケース

市区町村の拡幅整備事業により土地を市区町村に販売する形でリノベーションに踏み切った減築フルリノベーション

 一方、こちらの事例は、東京都葛飾区の細街路拡幅整備事業によりセットバックを要請されておられましたK様の事例です。『増改築.com®』に数多く寄せられるご相談では、新築に建て替えをしてしまうとセットバックの規制を受ける為、新築建て替えをしてしまうと希望の間取りが取れない。その為、戸建てリノベーションやフルリフォームをして現状の建築面積を維持したいというものが多いのですが、K様のケースでは葛飾区の拡幅整備事業により土地を市区町村に販売する形でリノベーションに踏み切った減築フルリノベーションのケースです。

 

< セットバックにより減築リノベーションをした詳細事例レポートはこちら

 

 

 

 

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

(例:2021年10月くらいに完成希望など)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。