耐震が不安・・・

木造一戸建てリフォームでの耐震補強の工法・費用をケース別に徹底解説網羅!

ポイント③ 2階床の剛床化

剛床工法とは、別名、根太レス工法とも呼ばれ、床板に直角に配した下地材を根太と言いますが、剛床工法では直接梁材に24mm以上の合板を張りつける工法となります。剛床工法のメリットは、梁に直接貼り付けることから、横方向へ水平耐力に強い工法となるため、地震や台風などの災害に強いことが最大のメリットとなります。

2階床下地を1階より見た写真
2階床の剛床化

天端が揃うよう新規梁や根太を掛ける。受け材を介して2階床に構造用合板を張って剛床化する

リフォームで剛床を採用する場合の注意として梁の構造体のレベルが水平でない場合がりますので最も注意が必要なところになります。調整が必要な場合はカンナなどで水平になるように調整していきます。新築での剛床工法は、根太工法よりも楽に工事ができるという印象がありますが、改修の現場では、根太受けを加工する必要があるため手刻みとなります。プレカット新築のみを手掛けている大工ではできない事があります。

2階床の剛床化

根太を掛ける仕口を刻む大工。剛床化は刻みが発生するので、墨付けが身に付いている大工が理想。

2階床の剛床化

上の写真の解体時の様子

2階床の剛床化

受け材を用いた剛床の納まり

2階床の剛床化

解体時の様子を2階レベルから見る。天端を揃えやすいように無駄な部材は撤去しておく。機構自体の水平レベルをよく見ておく必要があります。

 

 

 

 

 土台と柱の補強について   
詳細はこちらへ
 梁を使った補強について   
詳細はこちらへ
 2階床の剛床化について   
詳細はこちらへ
 基礎補強について      
詳細はこちらへ
 制震ダンパーによる地震対策 
詳細はこちらへ
 開口部窓を補強する新工法  
詳細はこちらへ
 築古の建物が新築の最高耐震基準の耐震等級3へリフォームできる特許工法
詳細はこちらへ

このページを読んだ方は下記のコンテンツも読んでいます。

フルリフォーム(全面リフォーム)で最も大切なのは「断熱」と「耐震」です。性能向上を第一に考え、長期間安心して住める快適な住まいを目指しましょう。

一戸建てフルリフォーム・リノベーションに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・ハイウィルさんは費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:sample@takumi.jp)

必須

(例:0120-246-991)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。(築年数・工事範囲の面積・ご要望・お悩み・ご予算など)

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。