戸建フルリフォームなら「増改築.com」TOP>戸建て(一軒家)リノベーションの費用・値段を施工事例で解説>築60年リフォーム&リノベーション戸建(一軒家)施工事例(実例)ビフォーアフター編(吹き抜けのあるLDK)

築60年経過の古家がここまで変わる!?吹き抜けのあるLDK

中古戸建て(一軒家)リフォーム&リノベーションのビフォーアフター公開!

前ページで紹介させていただいたS様邸。

手壊しによる解体に始まり、大幅な間取り変更に伴う補強をご紹介してきましたが、

戸建リノベーション後に結果としてどのような住まいへと変貌を遂げたのかを

ご紹介いたします。

築60年中古戸建住宅+リフォーム&フルリノベーション施工事例(実例)(吹き抜けのあるLDK)

前回のページで、一戸建て(一軒家)リノベーションにおける解体方法や補強方法など

最終的な仕上がりの前にどのような仕掛けをして工程が進んでいくのかというお話

をしました。一戸建て(一軒家)リノベーションはマンションと違い、

軸組を考えなければなりません。

一戸建て(一軒家)リノベーション済の物件を買う場合の注意として

一戸建て(一軒家)リノベーションの正しい過程をお伝えしました。

ここでは、重要な過程を終え仕上がりが実際にどのようになったのかをレポートします。 

↓戸一戸建て(一軒家)リノベーション中の鉄骨で駐車スペースを拡張した  

 2階のスペースです。  

 左側のラインを一階では鉄骨で支えています。

寝室と奥に書斎を設計しご提案いたしました。

写真は一戸建て(一軒家)リノベーション中の下地の段階です。

写真右に室内用の窓枠を造作し、吹き抜け部のLDKが眺望できる

設計にしています。

 

 

線路が近いため外周部の断熱材は吸音効果の高い

セルロースファイバーをご提案しました。充填後です。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後、寝室が完成しました。

ご主人がトラック一杯分の書籍を持っているため、

奥の書棚はオリジナルで製作し壁面に固定しました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後写真。

ご主人の書斎です。前面の室内窓からは吹き抜けより

リビングが見えるようになっています。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション前写真。

既存の2階の和室です。吹き抜けとなるメイン部分で、

この空間をそのまま抜く設計となります。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション中の写真。

和室がそのまま吹き抜けとなりなくなっております。

解体し補強を入れる過程を前回のページでご覧いただきました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション完成の状況。

このようになります。階段で上がり、廊下を吹き抜け部分に沿って各居室へ

移動するプランをご提案しました。

 

ご主人の書斎から吹き抜け部が見えるように設計しました。

 

2階の寝室側からみた既存和室です。一番右側の畳のラインが

一戸建て(一軒家)リノベーション後の2階の廊下となります。

 

寝室側から見た一戸建て(一軒家)リノベーション中の写真です。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後、

寝室から廊下、お嬢さんのお部屋部分の完成写真です。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後の吹き抜け部分の写真です。

窓が少ないお嬢さんのお部屋にも室内用窓を設置し、

採光を採り入れるプランにしております。階段を下りるとリビングです。

一階リビングに採光をふんだんに採り入れるために吹き抜け空間を提案しました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後に吹き抜け部分の階段が設置される位置での

既存写真です。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション中補強を加えながら階段を設置できるように

下地を組んでいきました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション中のページでご紹介した梁が出ておりますが、

四方で補強を加えているため、仕上がり後はこのような形になります。

 

補強した箇所がよくわかる写真となっています。

お部屋が全体的に暗いというお悩みがS様にはございましたので、

2階から1階までの大きなFIX窓を設置し、リビングと吹き抜け空間に

光が入る一戸建て(一軒家)リノベーション設計としました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション前の吹き抜け下から上を見下ろすアングルでの

既存写真です。

 

四方にアングルを組んで梁、桁補強を加えました。

一戸建て(一軒家)リノベーション後の完成写真。

下のリビングからみた吹き抜け空間及び、補強を加え広く設計したリビング空間です。

一戸建て(一軒家)リノベーション前に流しがあったところです。前回もご紹介しました。

 

あ一戸建て(一軒家)リノベーション中の写真です。

リビングを広くとるために梁での補強を加えました。

こちらも前回ご紹介しました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後のキッチンルーム完成写真。

キッチンは完全なアイランドにはせず対面型で提案をさせていただきました。

 

キッチン側からみた一戸建て(一軒家)リノベーション中の写真です。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後の完成写真。

キッチンルームの中からみたリビングルームです。

キッチンの外からみたリビングの一戸建て(一軒家)リノベーション後完成写真です。

 

こちらは

一戸建て(一軒家)リノベーション中の玄関部分の写真です。解体中です。

 

こちらは車庫を解体して拡張した部分となり、車庫(外部)となるため

断熱材をセルロースファイバーでご提案しました。

一戸建て(一軒家)リノベーション後の玄関の完成写真です。

車が入るため斜めになっています。真ん中にあるのが前回のページでご紹介

した鉄柱です。一戸建て(一軒家)リノベーション完成後はこのようになります。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション前のリビング拡張前の既存写真です。

一戸建て(一軒家)リノベーション中の写真柱を抜き、大空間を作るために、

梁で補強を加えている写真です。前回の補強で紹介しました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後の完成写真。リビングは大空間になっています。

続いて、既存のトイレ。

和式のトイレでした。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション解体中。写真右がトイレスペースです。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション後のトイレです。一面にはアクセントと消臭効果を兼ねて

エコカラットを張りました。

一戸建て(一軒家)リノベーション前のお風呂場です。脱衣所がなかったのは

前回のページでご覧いただきました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション中の写真。浴室は住宅設備機器の中でも一番早い段階で、

設置されます。

一戸建て(一軒家)リノベーション後のシステムバスです。

S様は、間取り優先、補強優先のご要望であったため、

構造部で費用をかけたいというご要望が強く、いずれ入れ替えができる

設備機器は予算をかなり絞るというメリハリのついた予算区分となっておりましたので

先ほどのトイレも、システムキッチンもそうですが、すべて弊社のオリジナル商品と

なっており激安価格でのご提案となりました。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション前の既存の築60年超の建物外観です。

一戸建て(一軒家)リノベーション中の外観。外壁を躯体残しにした後、

外周部を構造用合板で張っています。

ベランダ部分は減築されているのがお分かりいただけます。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション完成写真。ガルバリウム後半を張り、

吹き抜け部のFIX窓が2面ありますが、1階部のFIXは通り沿いとなるため造作で目隠しを施しまし た。

 

逆からみた一戸建て(一軒家)リノベーション前の既存写真。

一戸建て(一軒家)リノベーションスタート。

 

一戸建て(一軒家)リノベーション外部完成の写真です。

 

いかがでしたでしょうか?

S様には大変お慶びいただき、知人の紹介を受けたりとたくさんのご依頼を以後

ありがたいことに受けております。

リノベーションを戸建でやる場合、すでにリノベーションされた戸建住宅を購入する

方法もありますが、木造を知る会社がその工事をはたしてしているかという問題が

あります。今回仕上がりを紹介しましたが、仕上がりを一時的にきれいにおさめること

は可能です。しかし、その住まいが、長い年月安心して住めるような安全な状態に

なっているか?表面を塞ぐ前にどのような補強を施しているのか?

では、一戸建て(一軒家)リノベーションこのようなことが最も重要になります。

価格が安いから?費用がかけられないから?予算がないから?

購入にあたりさまざまな思いが皆様ございます。

あきらかに安い一戸建て(一軒家)リノベーション済み物件はどのような施工がされたかを

調査する必要がありますし、古家付の中古戸建住宅を購入される際には、

の知識があり、一戸建て(一軒家)リノベーション経験が豊富な会社での仲介を

お勧めいたします。 

その他の戸建リノベーション最新施工事例はこちら

一番知っておきたい壁の中、床の下の納め方など、他では見れない情報量満載の施工事例を工程の流れに沿って写真と解説付きで公開中!

 

 

 

ハウスメーカーで高い見積もりをもらった...良質安価で一戸建てリフォームしたい方 創業大正8年ハイウィルがお悩みを解消します!

一戸建てリフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。


増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。


従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、

お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階での
ご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は
以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

木造一戸建ての専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・ハイウィルさんは結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:tarou@takumi.jp)

必須

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

 

創業大正8年 株式会社ハイウィル

アクセス

03-5615-2820
住所

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-35-1

JR山手線日暮里駅 徒歩7分
JR常磐線三河島駅 徒歩7分
JR山手線西日暮里駅徒歩8分
東京メトロ千代田線 西日暮里駅
徒歩7分

営業時間

9:00~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜日

詳しくはお電話ください。

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら