このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.05.26 更新

基礎が無い家(建物)への基礎新設工事

一戸建てスケルトンリフォーム 基礎が無い
基礎がない家への基礎新設工事 基礎が無い
基礎がない家への基礎新設工事 腐食
基礎がない家 補強

基礎がない家(建物)への基礎新設工事

1-1 基礎がない家(建物)?

今回は築50年東京都渋谷区のフルリノベーション工事での事例の中から、基礎のない建物について解説していきます。

 

下記の写真は、リノベーションの相談を受けて現場調査をさせて頂いた時の写真です。昭和30年代の築の建物のようで、基礎は玉石建てのような作りになっていました。

基礎がない家への基礎新設工事 既存玄関
基礎がない家への基礎新設工事 既存建物

1971年(昭和46年)建築基準法改正にて、布基礎が義務付けされましたが、それ以前に建てられた建物の多くが玉石建てでした。

 

玉石建て基礎とは、その名の通り、玉石の上に土台を乗せる工法です。伝統構法での「石場建て」という建て方になりますが、これは基礎がないのではなく石(礎石)の上に柱を乗せているのです。

 

現在の建築物は、鉄筋コンクリート基礎の上に土台を組み、その上に柱を建てていますよね。さらに、土台と基礎、土台や柱、柱と梁といった主要構造躯体には金物での補強をするのが現在の在来工法やツーバイフォー工法での剛構造の建物です。

対する「石場建て工法」は、建物と地面が直接、緊結されていない工法です。そのため、地震力がダイレクトに建物に伝わらない為、免震構造であるといえます。

 

大地震の際は、礎石から柱がずれることで建物にかかる地震力を逃すことができるからです。神社仏閣などがこのような作りになっているのを気づく方も多いのではないでしょうか?

石場建て基礎

石場建て基礎

今回の渋谷区の建物は、床下の懐はなく足固めと呼ばれる柱間の横木ではなく石の上に敷土台が設置された作りなのかと予測し解体に入りました。

基礎がない家への基礎新設工事
基礎がない家への基礎新設工事

解体をすると躯体の状態がはっきりとわかるようになってきます。

やはり土台に基礎は乗っていないことがわかりました。一部石に乗っている土台はありましたが石ごと土台が沈んでいる状態です。土の上に土台が乗っている状態のため、水分を含み土台は朽ち果てている状態です。

基礎がない家への基礎新設工事
基礎がない家への基礎新設工事

2 基礎がない家(建物)への(対処法)施工事例

2-1 ジャッキアップによる土台上げ

 

ここからは、どのように基礎がない(使えない)建物に基礎を新たに新設していくのかを見ていきたいと思います。

 

本来基礎の上に土台があって、その土台に柱が設置されるのが、現在の建物の作りになっていますので、土台がGLライン(地面)と同じ高さになっているこちらの建物は新たに設置する基礎高を検討後、旧躯体をジャッキアップで持ち上げていく工程になります。大変大掛かりな工事となります。

 

基礎がない家への基礎新設工事

耐圧版設置に伴い鋤取りを行います。

 

下の写真のように、室内の天井、壁、床をすべて解体し、骨格(躯体)の状態にするリフォームを言います。

 

基礎がない家への基礎新設工事

仮筋交い・仮補強

基礎がない家への基礎新設工事

ジャッキを複数台用意し構造躯体をジャッキアップ

基礎がない建物の構造体となりますので、相当傷んでいるため、全体を補強し、いよいよジャッキアップを行って、構造体上げます。

2-2 型枠、配筋、耐圧版工事

 

ジャッキアップ後は、型枠を設置し、コンクリート基礎工事への工程へと移行していきます。

今回はベタ基礎工事になりますのでコンクリート打設は、耐圧盤と立上がり基礎を2度打ちとしました。砕石→転圧後に、防湿シート張りをして、配筋工事となります。ジャッキアップされた躯体の中で、配筋工事を進めます。

基礎がない家への基礎新設工事

タテ筋D10、ヨコ筋D13、アンカー筋D10で配筋をしていきます。

基礎がない家への基礎新設工事

ピッチ150㎜でヨコ筋を配筋していきます。

配筋が終わると、耐圧版工事となります。1回目のコンクリート打設をしていきます。

基礎がない家への基礎新設工事

耐圧版への打設が完了

基礎がない家への基礎新設工事

ジャッキアップにより土台が浮いている状態となります。

 

2-3 立ち上がり基礎コンクリート打設

 

耐圧版が完了後は、立ち上がり基礎への型枠工事をして、2回目の打設を行います。予め立ち上がり基礎へは、土台と緊結する為のアンカーを設置し、宙に浮いた状態の土台を戻す際に、アンカーボルトで緊結します。

 

基礎がない家への基礎新設工事

立ち上がり基礎完成

基礎がない家への基礎新設工事

土台戻しアンカーボルト緊結

土台と基礎の緊結を終え、基礎なし(基礎がない、使えない)建物への基礎新設工事が完了しました。本来、このような工事は曳家を入れ

行う大工事です。家をそのまま移築するなど(お寺など)弊社でも曳家に相談することもありますが、住宅では自社で行っております。

 

3基礎がない家(建物)の注意点

「増改築.com」では日々、木造における難易度の高い工事相談がいいのですが、今回ご紹介したような、構造躯体全体をジャッキアップにて基礎を新設する工事は、その最たる例と言っても良いでしょう。工事的なロケーションに恵まれた現場であれば、難易度は下がりますが、都市部などの入り組んだ場所では、搬出車が横付け出来ない、当然コンクリートミキサー車も離れた位置に停め、手運びとなることもあります。

鋤取りひとつを取っても、通常の倍以上の手間がかかります。その為、工事的なノウハウ、経験値が必須になってきます。工事をされる際には、このような工事の多数の実績、経験がある会社へ相談することを強くお勧めいたします。

 

 

基礎がない家への基礎新設工事
基礎がない家への基礎新設工事
基礎がない家への基礎新設工事

< 著者情報 >

稲葉 高志

 

ハイウィル株式会社 四代目社長

1976年生まれ 東京都出身。

【趣味】

アクアリウム歴30年。

【経歴】

家業(現ハイウィル)が創業大正8年の老舗瓦屋だった為、幼少よりたくさんの職人に囲まれて育つ。

中学生の頃、アルバイトで瓦の荷揚げを毎日していて祖父の職人としての生き方に感銘を受ける。 日本大学法学部法律学科法職課程を経て、大手ディベロッパーでの不動産販売営業に従事。

この時の仕事環境とスキルが人生の転機に。  TVCMでの華やかな会社イメージとは裏腹に、当たり前に灰皿や拳が飛んでくるような職場の中、東京営業本部約170名中、営業成績6期連続1位の座を譲ることなく退社。ここで営業力の基礎を徹底的に養うことになる。

その後、代議士秘書を経て、代々家業となっている工務店(現在のハイウィル)に入社。 平日は棟梁の弟子として、週末は大工学校の生徒としての生活が始まる。 このとき棟梁の厳しい躾けのもと建築を一から叩き込まれることになる。 建築現場の施工管理に従事。また職人に対する躾もこのときに学ぶ。 主に木造改築に従事し、100棟以上の木造リノベーションを職人として施工、管理者として管理

幼い頃からの祖父の教えにあった 「住まいはお客様のためのものであり、我々の自己満足的な作品であってはならない。作品とはお客様の生き方に触れ、共感することで初めて形となる」 という教訓を礎に、家業である会社を一度離れ、独立を決意。 2003年5月リノベーション専業会社株式会社リブウェルを設立。代表取締役に就任。 旧耐震基準の建物の性能価値をローコストでバリューアップする提案に特化したサロン 「ドゥ・スタジオ」を練馬区にオープン。木造リノベーション事業を本格的させる。 旧態依然の不透明だらけの住宅産業に疑問を持ち、特に費用ウェイトの高い”ハコモノ”と呼ばれるキッチン・バスなど定価があるものをすべて分離して安い会社から自由に購入できる施主支給システムを日本で初めて提案。「住設・建材百貨店」にて販売を開始する。

2003年年に業界内に「施主支給」というキーワードを公開し一大センセーショナルを業界に巻き起こす。 耐震性能と断熱性能を現行の新築の最高水準でバリューアップさせる戸建てリノベーションを150棟、営業、施工管理に従事

2008年設立時に推進していた戸建リノベーション事業、建材卸売事業のコア事業を家業であるハイウィル株式会社へ業務移管後、 4代目代表取締役に就任。 株式会社リブウェルでは全国の中小建築会社へのwebマーケティング支援事業を本格化。 自身の創業したリブウェルを部下に譲りハイウィル1社に集中することを決意。250棟の木造改修の営業、施工管理に従事

2015年旧耐震住宅の「耐震等級3」への推進、「断熱等級4」への推進を目指し、 自身の500棟を超える木造リノベーション経験の集大成として、性能向上に特化した日本初の木造フルリオーム&リノベーションオウンドメディア 「増改築com」をオープン。本社を日暮里へ移転。

2019年創業100周年、耐震特許工法「鎧ガード工法」のセミナー講師を務め、日本の住宅の耐震強化の普及活動を開始。

2020年「増改築com」に全国から寄せられる相談に応えるべく、「増改築.com」の全国展開の準備活動を開始。

 

【現在の活動状況】

ハイウィルでの木造フルリノベーションの担当者として現場で汗を流しつつ、全国の技術優位の中小工務店との共生ネットワーク構築のため、全国を飛び回り技術優位の企業に対する協力体制の構築、支援に全力を注いでいる。

【仕事のスタンス】 

何事も徹底的にやらないと気がすまないタチで 好奇心はかなり旺盛です。 失敗することも多いですが、人間は失敗からしか学ぶことはできないと考えていますので失敗を恐れるタイプではありません。

【私の課題】 

〇夏は暑くて、冬は寒く、地震に不安を抱える日本の建物を1棟でも多くバリューアップさせ、安心で快適な「住まい」を提供したい。

〇全国に埋もれている技術優位の工務店こそがスポットライトを浴びる建築業界へ変わるために大手に負けないソリューションを提供すること。

一戸建てフルリフォーム・リノベーションに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・ハイウィルさんは費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:sample@takumi.jp)

必須

(例:0120-246-991)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。(築年数・工事範囲の面積・ご要望・お悩み・ご予算など)

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。