戸建フルリフォームなら「増改築.com®」TOP施工事例築年数で探す > 築年数50年以上60年未満の施工事例

リノベーション前から着工、解体、補強、断熱等の施工の中身・注意点やポイント、費用を完全公開

築年数50年以上60年未満の施工(実例)を徹底解説&完全網羅

築年数で探す戸建てリノベーション施工事例(実例)
築年数50年以上60年未満の施工事例(実例)

築年数50年~60年の戸建てリノベーション(フルリフォーム)の注意点・ポイント

築50年~60年の建物の多くの特徴として、1981年(昭和56年)に大改正された新耐震基準以前、つまり旧耐震基準の建物であるということです。1959年の建築基準法改正後ではありますが、その後の81年の大改正以前の旧耐震基準の建物となります。新耐震基準で壁量規定が見直されが大幅に壁量が増えていることから、この規定以前の建物は、耐力壁(筋交い等)が大幅に不足し ている点が挙げられます。 当然築年数50年から60年の建物は『耐力壁配置バランス』なども考慮はされていません。構造接合部の納め方も耐震金物などはなく、筋交いの柱頭、柱脚部に釘で留めているだけといったものが多 い時代の建物となります。 梁に羽子板ボルトなどが設置され始めた時代になりますが、柱や土台への金物の配慮などはされていない時代の建物となります。その為、この後に起こる1978年(昭和53年)の宮城沖地震 において、柱が抜けてしまった事例が多数でてしまいました。 また、1971年(昭和46年)の改正で木造基礎はコンクリート造布基礎と規定されましたがこの規定以前の建物でもあります。基礎補強は必須となります。 熊本地震のような繰り返しの大地震で倒壊する可能性は極めて高いと言わざるを得ません。 圧倒的に壁量が不足していることから、築50年~60年の建物をリノベーション・フルリフォームする際は、適切な耐震改修を前提にすべきです。 ちなみに東京都が2013年5月に公表した「南海トラフ巨大地震等による東京都の被害想定」によると、81年(昭和56年)以前の旧耐震基準の建物では計測震度7.0で9割強が倒壊すると言っています。 過去数千件の旧耐震家屋をみて参りましたが、耐震診断をすると評点0.3~0.5(現行基準が の建物が多い為、1.5以上への補強計画が安心できる水準となります。築50年~60年の建物の戸建てリノベーション、フルリフォームのポイントは耐力壁の増加とその配置計画、基礎補強となります。

東京都中央区 林様邸

築50~60年
中央区林様邸

東京都品川区 M様邸

築50年

東京都大田区 T様邸

築50年

東京都荒川区 M様邸

築50年
荒川区M様邸

東京都目黒区 S様邸

築50年

東京都世田谷区 S様邸

築50年
世田谷区S様邸

東京都中野区 M様邸

築50年
中野区M様邸

東京都杉並区 M様邸

築50年
杉並区M様邸

東京都北区 M様邸

築50年
北区M様邸

東京都北区 Y様邸

築50年
北区Y様邸

兵庫県神戸市東灘区 N様邸

築50年
神戸市N様邸

大阪市北区 S様邸

築50年
大阪市北区S様邸

東京都葛飾区 K様邸

築59年

東京都荒川区 S様邸

築59年

東京都台東区 N様邸

築52年
台東区N様邸

新潟県新潟市 MN様邸

築56年&築39年

東京都杉並区 K様邸

築50年

○築年数10年未満

○築年数10年以上20年未満 

築年数20年以上30年未満

築年数30年以上40年未満

築年数40年以上50年未満

○築年数50年以上60年未満

築年数60年以上

全国のフルリフォーム・リノベーション『ピックアップ事例』※プロの詳細解説付きレポート

長屋を切り離して1つの構造体へフルリフォーム&リノベーション
隣家との距離がない!
部屋から外壁を張り替えるフルリノベーション
中古住宅を耐震等級3へ!
中古住宅リノベーション
 
基礎がない??
築60年の古屋をジャッキアップで基礎新設フルリノベーション

東京都渋谷区 O様邸

築140年の伝統構法(石場建て基礎の補強)フルリフォーム 新潟県新潟市リノベーション
本格スケルトンリフォームで制震と断熱改修!フルリフォーム石川県金沢市リノベーション
築47年平屋フルリフォーム!
内壁外壁スケルトンリフォーム富山県富山市リノベーション
新築の最高等級の耐震等級3
で構造設計!フルリフォーム
大阪府豊中市リノベーション

戸建てリノベーション・リフォームに関するお問合せはこちら

増改築.comの一戸建てリフォーム専用ホームページに
お越しいただき、誠に有難うございます。
 
増改築.comメンバーは技術集団となり、
他社のような営業マンがおりません。
技術者が直接ご相談にのり問題解決を行います。
 
従いまして、
お客様の方である程度のご要望が整理されました段階、
お悩みが工事内容のどのようなところにあるのか?
ご予算がどの程度絞る必要があるのか?
など明確になった段階でのご相談をお願いしております。
お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。
メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、
「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

代表稲葉高志

戸建てリノベーションの専属スタッフが担当致します。
一戸建て家のリフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 他社に要望を伝えたところできないといわれたのですが・・・
  • 他社で予算オーバーとなってしまい要望が叶わないのですが・・・
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。

あなたの大切なお住まいに関するご相談をお待ちしております。

必須

(例:増改築太郎)

必須

(例:contact@high-will.co.jp)

(例:03-5615-2826)

必須

(例:東京都荒川区西日暮里2-35-1)

(例:築40年)

(例:25坪・100㎡など)

(例:2000万程度など)

(例:2021年10月くらいに完成希望など)

必須

できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

※次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

★Facebookページにいいね!を押して最新コンテンツ情報をいち早くGET!!★

4代目代表よりご挨拶

稲葉高志

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。